FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

カテドラーレから100mも歩かず行けるのがカステッロ(城)。

カテドラーレの西にあるカステッロは11世紀、

ノルマン時代に建てられたお城

入館料がかかるくらいなので、一応「観光名所」のテイではあると思ったのに、ここにも観光客は一人もいない(地元の人もいない)
フレデリック2世の統治下に再建され、16世紀には堡塁と本丸が付け加えられたカステッロを駆け足で見学。

続いてサン・ニコラ教会へ。
ここで祀られているバーリの守護聖人サン・ニコラは

サンタクロースの伝説を生んだ聖人らしい。

こちらの教会も12世紀に建てられていて(イタリアにいると「紀元前○○年建造」に慣れてしまって、『12世紀』とかだと新しい建物?と思ってしまう)旧市街の心 と称えられている らしい。
カテドラーレやカステッロのことがあるのでこちらもおそるおそる覗いてみると、

ああやっぱり。誰もいない。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Barのシニョールは愛想はないけれど、こちらの質問に答えてくれる態度はバスの窓口のシニョーラと違ってジェントル。

注文したカプチーノを飲みながらカテドラルへの道を教えてもらい、ついでに旧市街のもうひとつの見どころ、カステッロ(城)の場所も教えてもらった。

シニョールが教えてくれた通りに進むと、プーリア・ロマネスクの典型といわれているカテドラルに着いた。

あんなに迷っていたのが信じられないくらいに

あっけない到着・・・


11~12世紀頃に建造されたカテドラーレの中を覗いてみると、

観光客はもちろんいないし

地元の人たちが2人お祈りをしているだけ。
しーーんと静かなカテドラルにお邪魔したこともあるけれど、ここは「静か」って感じではなく、

なんとなく・・・怖い。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ウンベルト広場を一周し、整備された新市街を通り抜けながら北上するとそこは旧市街

バーリ中央駅から1kmほどしか離れていないのに

エマヌエーレ2世通りを超えると

雰囲気がガラリと変る。


小高い丘の上にある旧市街は坂道の町で、新市街の広い道路と比べるまでもなく

まるで迷路

両側に民家が並ぶ細い路地を抜けるとセントロ(中心地)にカテドラーレが見える はずなのに、歩いても歩いても行きつかない。

誰かに道を聞きたいのに、バーリの旧市街には(こんなに民家があるのに)全く人の気配がない。
営業中のBarがあったので入ってみると、

わ!!!お客が一人もいない。

イタリアにお客がいないBarってあるのね・・・


Barのシニョールもこころなしかこちらを警戒しているようで、「Ciao!」と声をかけると「Ciao」と返事はしてくれるものの、その先が続かない。

こんなに無愛想で客商売が成り立つのだなあ、バーリでは。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

レッチェに続いてバーリ中央駅から100m、という立地は抜群にいいペンシオーネ。
部屋を決めて、ちょっと開けてみよう、と窓に手をかけてみると

む、動かん!!なんだこの窓、こけおどし?!

受付にいるシニョール(3泊するのにビタ一文まけてくれなかった)に
「窓が開かない。部屋を替えて」と言うと、オペライオ(作業員)を呼んで直しておくから、その間にバーリの町を見てきたら?とのこと。

シニョールにスケジュールを決められるのはちょっと納得できないけど、まだ明るいし、ちょっとブラブラしてみよう。

バーリにも新市街と旧市街があり、他の町と同じく新市街は商工業都市の趣き。
バーリ中央駅から宿を経由して

新市街までは道路も広く、

碁盤の目のように整っている


ナポレオンの義弟で啓蒙思想家のミュラにより、都市計画に基づいて造られた新市街には「アキレスのかかと」に
ふさわしからぬ高級ブランドの路面店やオシャレなリストランテなどが並ぶ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

FSバーリ中央駅の中には観光案内所がなく、「歩き方」を頼りに駅構内から少し離れたところにある観光案内所に行ってみる。

南イタリア=アキレスのかかと=物価が安い=レッチェではオテルに泊まってしまったけれど

ここで宿代を抑えられるはず!!

と期待していたのに、ユースホステル以外はペンシオーネでも一泊5,400円(シャワーなし)が平均みたい。

高い・・・

旅行客が少ないから一人アタマの単価を高く設定しているのだろうか。


ペンシオーネが集中している と「歩き方」が紹介しているエリアでもペンシオーネは数軒しかないので、とりあえずタヌ夫さん(キャスターつきリュック)とPrinceと共に目に付いた宿にどんどんアタックしていった。
(ユースホステルは駅前のバスターミナルから

バスに乗って20分くらいかかるらしいので却下。

バーリでは絶対にバスに乗ってやるもんか!)

歩き回った結果・・・観光案内所で教えてもらったことは正しい、ということが分かった。
朝食付き(なぜかのきなみ朝食はついている)で一番小ぎれいな宿で「3泊するから安くして~!!」と交渉してみたけれど、全く下がらず。

5,400円×3泊 ああバーリでも散財・・・ 


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

今度はFS(イタリア鉄道)の窓口に移動し、Sud-est(私鉄)の場所を教えてください、とお願いしてみる。

FSバーリ中央駅の窓口のシニョールの対応もこれまたぞんざいで、

「Sud-est?そこをまっすぐ行ってつきあたり」と、ひとことで片付けられた。
その言葉を信じてまっすぐ行くと、

Sud-estを見つける前に

駅構内から出ちゃったじゃないかーーー
!!


「歩き方」のバーリの次のページをめくってみると
「Sud-estはバーリ中央駅の正面入り口から入ると一番奥のホームに切符売り場がある」と書いている。

そもそもFSの窓口のシニョールの指差した方向が間違ってたんだ。
バスのチケット窓口のシニョーラじゃないけど、

んもーーーー!!!!だよ。

FSのはしっこのホームに追いやられているSud-estの窓口のシニョールだけは許せる対応をしてくれたけど・・・
バーリの公共交通機関の窓口はなかなか手ごわい人が多そうだ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

いち旅行客がショーペロに抵抗する術はないので代替策を考えなきゃ。

列車が動かないならバスはどうだ?バスもショーペロなのか?と、今度はバスのチケット売り場に移動して窓口にいたシニョーラに
「バスのオラリオ(時刻表)を教えて」と気軽に声をかけると

「んもーーーーー!!!!

上に貼ってる紙に全部書いてるでしょっっ!!!

このバカ(多分)!!!」


(さすがにバカとは言われていないと思うが、それくらいのイキオイで)

ものすごい剣幕で怒られた。

かつて公共機関の窓口でこんな態度を取られたことがなかったので

普通に驚いた

ショーペロだからテンパってるのかもしれないけど、だからってあの態度はひどすぎるんじゃないの??ショーペロじゃない、ノーマルの運行状況を知りたかっただけなのに。

窓口を離れるにつれて、ふつふつと腹が立ってきた。

もうバーリのバスなんか乗ってやるもんか!!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ちょっとぉ、あんたも

いいトシしてキャプテン翼とか

アラレちゃんが好き!!
って言ってたじゃないのー!
 

と、一抹のムカつきを感じつつも2人で道中楽しく過ごし、最終的にはインテリだったはずのアンソニーも
「ハテルマはスタイルがいいから、テレカと一緒に

君の水着の写真も送ってよ!」


ウィンクをしてサワヤカに去って行った。
うーーむ、やっぱり移住して9年も経つとイタリアナイズされるのだなあ。

そしてほどなくバーリ中央駅に到着。
レッチェよりはいいところだろうと期待して、まずはいつものように宿探し。をしようと思ったけれど、

駅に漂うなんとなく不穏な空気が気になる。

人も多いし、何があったんだろう?と案内所に行ってみると
うわお、

マテラ行きの列車が明日ショーペロみたい。

ああカターニアを出てから(カターニアでもあったけど)FSには振り回されっぱなしだよ。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

BACK // HOME //