FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

ガイドブックではほんの数行しか触れられていないセリヌンテに、こんなに立派な遺跡が残っているんだから、これから行くアグリジェントなんてどんなにすごい遺跡があるんだろうな。
シチーリア 026

パレルモで一緒に博物館巡りをしたY氏のことをしみじみと思い出す。
今頃はもう享楽的なブラジル人とのシチーリア一周旅行を終えて、北京に戻っているのかな。


博物館で、何度も

「僕にはイマジネーションが

不足してるみたいだなあ」


言っていたけれど、そんなY氏でもこんなにしっかり残っている遺跡を見たら、色々と感じるところがあったかも。

などと考えながら遺跡の柱の敷石によじ登ったり、柱のへこんだ部分を探してつつきまわしたりとウロチョロしている私と違い、Svendはお疲れの様子で原っぱに腰を下ろしたまま動こうとしない

一人でいると自分が「若い」って感じることがあまりないけれど、こじいちゃんのSvendと比べると20代の私はまだまだ元気いっぱいなのだなあ。

人間は老いる。当たり前のことなんだけど



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

アクロポリスへ続く道の周りは何もない原っぱで、冬なのに黄色い小さな花がいーーーっぱい咲いている。
シチーリア 022

緑と黄色って合うなあ。草原の中を歩くハイジの気分だ。(申し訳ないけどSvendはペーターじゃなくおんじ)

お花畑のような道のりは、アクロポリスに向かって丘をのぼって行くので最後の方は多少ホネが折れるけれど、朝のうちはどんよりしていた空も晴れてお天気がよくなってきたのもあり、神殿の遺跡につく頃には絶好の観光日和になっていた!

Svendが晴れ男なのかなあ。

シチーリア 023

アクロポリスにあるセリヌンテの神殿群は、前室・神室・アデュトン(託宣所・至聖所)という構造を持つ縦長の遺跡で、正面は前柱式になっている。
セリヌンテはシチーリアの海岸沿いに作られたギリシャの植民都市だったので、シチーリアのギリシャ神殿の特徴の「縦長のプラン」「正面を強調したモニュメンタル性」が際立った遺跡 なのだそう。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シャワールームはもちろん、部屋にも水臭さを残したままで慌てて準備をし、待ち合わせの時間ピッタリにSvendの部屋のドアをノックした。

Svendが「コーヒーを飲みたい」というので、昨日とは別のBarに入り、Svendはコーヒーのみを注文し、私にはコルネットとコーヒーをごちそうしてくれた。
ゴチになっておいてこんなことを言うのもどうかと思うが、

どうせ飲むならカプチーノの方がよかった。。。


オテルのフロントで遺跡までの道順をしっかり教えてもらったので、Barを出たその足でハイキングを開始した。

セリヌンテは町というよりも「村」の風情で、少し歩くとすぐに建物がなくなり、後は延々と野原の一本道がアクロポリスまで続いている。
迷いようがないので、Svendに「イタリアのTVでは、食べ物のCMがいかに美味しそうに見えるか」という、まったく遺跡と関係ないことを熱く語りながら歩いた。

私の拙い英語をバカにすることもなく

(しかもどうでもいい内容なのに)

ニコニコ笑って聞いてくれるSvendっていい人だなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

為替のニュースに続いて、つけっぱなしのTVを見るともなく見ていたら食べ物のCMが次々に流れ、しかもそのどれもがものすっごくおいしそうで

目が離せない


軽食用のパン、チョコレートのお菓子、フライパンで簡単に作れるチーズ入りのインスタント食品などなど、なんてことない商品ばかりなのにこんなに

「おいしそうでしょ、さあ買って、さあ食べて!!」

って売り込めるテクニックは食の国ならではのもの。
CMを見る方も作る方も目が肥えているんだろうな。
あのチーズのとろけ方なんて、もう芸術の粋だよ。もしSTANDAで見つけたら5個ほどまとめて買ってしまいそうな自分が怖い。。。


CMに後ろ髪を引かれながらシャワーを浴びると、水が異常に臭くて思わずのけぞった。昨日は顔を洗うだけだったので気がつかなかったけれど、シャワールームに充満するカビでもなくカルキでもない臭さには参った。

そういえば、昨日駅まで歩いた時にどうにも古そうな貯水槽みたいなのを2つ見つけたけど、もしかしてあの水なのかしら。
昨夜は酔ってて分からなかったけど、歯磨きとかうがいだけじゃなく、夜寝る前にゴクゴク飲んだ水道水もこの臭い水だったんだろうか。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
うっすらと目が覚めている、でも横になっている状態で波の音を聞いていると、なんだか波の音が遠くなっているような気がした。

不意に吉田秋生の『ジュリエットの海』のモノローグ、

「波が遠くなった。夜明けが近いのだ」を思い出して、

もうすぐ夜明けなのかなあ とぼんやり思っていると本当に徐々に明るくなってきたので驚いた

まだ7:00前なので動き始めるには早いけれど、朝の散歩もいいかもしれない。と、窓際に行ってみると露が降りていて、昨日と比べるとお天気が悪そうな気配。
今日は1日中遺跡めぐりの予定だから、雨は降らないでほしいなあ。

天気予報が映るかな?と思い、TVをつけるといきなり為替相場のコーナーで、

1ドル=124円というひどい状態になっていた。

きゃー!!いつの間にこんなことに?
放浪開始の時から比べるとものすごく円が下がってる。。。
こんなにいい宿で2泊もしてる場合じゃないのでは。アグリジェントではもっと安宿に泊まれるよう、宿探しを頑張ろう!!


Svendには駅で荷物を見張ってもらって、私が一人で探せば今回よりもフットワークがよくなるだろうし


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

明日の計画

(と言っても『朝9:30に集合して遺跡を見に行く』という大雑把なもの)

も立てたし、酔うと英語で喋るのも面倒になってきたのでSvendとはそこそこの時間に解散した。

巨大なパニーニと何杯かのワインで満腹の状態で、籐のオシャレなベッドに横になり、かすかに聞こえてくる波の音を聞いていると、改めて

「今自分が日本からとても遠いところにいる

ということをしみじみと感じる。


ローマのテルミニ駅に着き、右も左も分からない状態で物置部屋のような宿しか探せなかった私がここまで来たんだなあ。旅慣れるってこういうことなんだろうか。
これから毎日こんな風に宿探しをしないといけないのか・・・と思って感じた心細さは今も忘れていないけれど、でももう確実に私の何かは変わっていて、

あの頃の私じゃない部分もあるのだなあ


旅をすることがすっかり日常になってしまって、以前は何かあれば友達に宛てて出した絵ハガキも、自宅への電話もすっかりご無沙汰になってしまっているなあ・・・
みんな心配してるかなあ、いや、みんなにはみんなの毎日があるし、私のことなんてたまに思い出すくらいなのかな。

そんなことを考えている間に、TVをつけることもなく眠ってしまった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Svendはこじいちゃんだし、私はいつになくお腹が空いていなかったので、軽めのものにしようと思い、2人ともチーズとアンチョビのパニーニを注文した。

ワインをチビチビ飲みながら明日の計画など立て、しばらく待って運ばれてきたパニーニを見てビックリ。

でかい、でかすぎる・・・


シチーリア、いやイタリアに来てからこんなでかいパニーニを見たのは初めて。
このパン、30cm以上あるよ?!
しかもプシュッと焦げ目が付くようプレスしてくれてるならともなく、Subwayのメニューみたいに丸々した状態で出されちゃって。。。

Svendもこの大きさには驚いた様子で

「Wao!」なんて言っている

しばし無言で、そして大口を開けてパニーニと格闘する時間が流れ、ようやく完食した時には顎がだるくなっていた。

時間はたっぷりあるんだから、一気に食べる必要はなかったんだけど休憩したら食べきれない気がして(食べ残しを嫌がる貧乏性)


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

駅まで歩いてみた感じでは、オフシーズンのセリヌンテでは気が利いたリストランテなんて営業していないと思われる。

というようなことをSvendに話しながら歩いているとすぐに

営業中のBarを見つかった

Svendは「ハテルマとの初めてのディナーなのにBarなんて・・・」って感じで

「別の店を探そう」と言うけれど、

さっき駅まで歩いた時にもリストランテもトラットリアもなかったから!ここが気に入らなければ明日また違うお店を探そうよ(セリヌンテに2泊もするんだし、しかもつきあってるわけでもないのに『初めてのディナー』なんて気張らなくても)。 と、

半ば強引にSvendを誘って

Barに入った。


周りに飲食店がない(と思う)だけあり、ごくごく普通のBar、しかもイタリア人の晩ゴハンにはまだ早い時間帯なのに盛況。ほぼ満席の状態で賑わっている。

お店を探してウロウロしてる間に他のお客が来ていたら満席でお断りされてたかも。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

セリヌンテの駅前には特に気になるお店や場所がなく

(しかもシーズンオフのせいか人もいない)

ただブラブラと歩いただけで満足 というか「もう充分」という気持ちになり、宿に戻ることにした。

部屋に戻ってドアを開けると、足元にホテルの備品の便箋が。
Svendからのメモで

「部屋にいるので戻ったら声をかけて」みたいなことが書いてある。

隣の部屋のドアをノックすると、休憩して元気が出たのか、血色のいい顔をしたSvendに上機嫌で
「食事に行こう!」と誘われた。

こじいちゃんでも血色がよくなると赤ちゃんみたいなつやつやほっぺになっている。
白人っていいなあ~~
(シチーリアにはラテン系+日焼けで冬でもこんがりした肌の人が多いので、白人の肌の白さが新鮮)


日照時間が短い北欧で育まれたつや肌Svendと並ぶと、自分の肌の黄色さが際立つ気がする。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

安い宿泊費で朝ゴハンつきのホテルにみすみす泊まり損ねた。

ちぇっ


自慢じゃないが執念深いので、こういう考え(この場合は安いホテルに泊まれなかったこと)に囚われると

「死んだ子の年を永遠に数える」という状態に陥るんだけど・・・

ダメダメ、ここは気持ちを切り替えて、あの三ツ星オテルの滞在を楽しむ方向で。
エマニエル夫人が座っているような籐の椅子に座ってイタリア語でからむルパンと不二子ちゃんを見られる!
と、自分で気持ちを盛り上げてみるとか。


駅までブラブラと引き返している間に「マリネラ」(正確にはマリネッラ)という名前の通りを見つけた。
途端にパタリロ!の名シーンを次々に思い出した。
デンマーク人のこじいちゃんと一緒に旅をすることになったり、

シチーリアでまさかの「マリネラ」を見つけるとは。

人生って何が起こるか分からないなあ、ほんとに。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

BACK // HOME // NEXT