FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

ロレーナが絶賛した「歩き方」には・・・
モンレアーレへの行き方について「Via Lincoln発の109番のバスでインデペンデンツァ広場へ行き、389番に乗り換える」と書かれていたけれど

実際はインデペンデンツァ広場で

309番のバスに乗るのが正解
 という

小さなミスが見つかった以外は粗相もなく。(私には些細なミスだけど、「歩き方」をかなり信用しているロレーナにはちょっとショックだったみたい)

パレルモ市街の南西8km、カプート山中腹にあるモンレアーレはノルマン・アラブ様式の見事なドゥオーモで有名な小さな町。
こんなに小さな町のモンレアーレの観光案内所までも「歩き方」の欄外に住所が載っていることに先ほど少し「歩き方」への信頼を失いかけたロレーナはまたしても驚いていた。(ピアッツァ ドゥオーモ という、番地すらないシンプルな住所だったけど。

一方「外人というものはみんながみんな、日本人に比べて

トイレに行く回数が極端に少ない


長い間信じていた私は、ロレーナが私に輪をかけてトイレが近いことにひそかに驚いていた。
外人だからって全員が伸びのいい膀胱を持っているわけではないのだなあ。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

上着なしで出てきたせいで肌寒かったので、Barでカフェを飲んだ後一旦ロザリオ(宿の方)に戻り、ダウンジャケットを持って出直そうとしたらタイミングよく

ミサ後のロレーナも戻ってきた

「これからモンレアーレに行くつもりだけど、一緒に行く?」と誘うと、

「オフコース!」とのこと。

(外人が「オフコース!」って言うとほんとに「もちろん!!」って感じがする)

ロレーナと2人でVia Lincolnのバス停に向かう間、
サングラスをかけていてもよく『中国人!』とか『コニチワ!』ってからかわれるから歩いているだけで疲れる と愚痴ると、驚くことにロレーナも
「私もサングラスをかけていると『中国人!』とか『日本人!』って言われるわよ。

鼻が丸いから
と言い出す。

丸いって・・・生粋の東洋人から見れば、ロレーナの鼻は完璧に外人の鼻よ!!とフォローしたけれど、ロレーナは「白人と私たちの鼻の形は違うのよね。仕方ないわ」と諦めモード。

とりあえずサングラスを外せば絶対に中国人や日本人には見えないよ!!と重ねてフォローしておいた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
ロレーナは私が持っている「歩き方」があれば百人力と思ったのか、今までになく早起きをして

「今日は一緒にパレルモを観光しましょうよ」

と声をかけてきた。

が、エセの私と違い、真のクリスチャンのロレーナは日曜の朝なのでミサに出たくて早起きしたらしい。

真のクリスチャンと一緒にミサに参加したら、お作法知らずのエセクリスチャンっぷりが際立ちそうなので私はミサは遠慮することにして、結局ロレーナとは別行動をとることにした。

ロレーナが出て行った後、2日続けてトラーパニもなんだかなあ と思ったのでパレルモ近郊の見どころを「歩き方」で検索。
モンレアーレがよさそうだと見当をつけ、「歩き方」の言う通りパレルモ中央駅前のVia Lincoln発の109番のバスに乗ろうとしたところ・・・

お目当てのバスは1時間に1本しかなく、

しかも今発車したばかりの模様。

・・・エセクリスチャン?!って思われてでも、ロレーナと一緒にミサに出ればよかったかな。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

年頃の女子の悩みなんて万国共通なんだな~ とぼんやり考えていると、ウンウンと頷くだけの私に気を遣ったのか、ロレーナは
「ハテルマは今日何をしていたの?」と話題をふってきた。

「バスに乗ってトラーパニに行った。トラーパニの地図、

たくさん貰ってきたから1枚あげる


地図を渡しながら言うと「この地図、どこで手に入れたの?!」と驚くロレーナ。

トラーパニの観光案内所でもらった。1枚でいいって言ったけど職員さんがたくさんくれた。と答えると、
「トラーパニの観光案内所にはどうやって行けたの?!

トラーパニに知り合いがいるの?」
と更に驚くロレーナ。

私が持っているガイドブックに観光案内所の住所が載ってるので、トラーパニで会った人立ちにその住所を見せて「ココに行きたい」と言うとみんな教えてくれるよ。 と「歩き方」を見せながら説明すると、
「素晴らしいガイドブックね!!メキシコにはトラーパニの観光案内所の住所が載ったガイドブックなんてないわよ」(ほんとに??)と、いたく感心するロレーナ。

観光案内所なんて、欄外に書かれた住所

(時に間違いもあるけど)

その辺の人に見せて「ココ行きたい」って言えば難なく行けるものだと思ってたけど・・・意外とやるなあ、「歩き方」。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

パレルモの宿に戻ると、

夜型のロレーナがやたらとイキイキしている

かつ、ものすごおおおおく喋りたいことがあるみたい。ベッドに腰掛けてシャワーの準備をしていると

ハテルマは若いからまだこんな気持ちは分からないだろうけど・・・
と前置きした上で(ロレーナも私のことを大学生と思っているが、こちらから特に実年齢について説明していない)メキシコにいる彼氏の愛をイマイチ信じられないだとか、親類が集まると親戚のおばさん連中に

『ロレーナはいつ結婚するの?』

うるさく聞かれるのが面倒だとか、イタリア人の男性は優しくて愛想もいいけれど少しいい顔をするとすぐに調子に乗るところがどうも好きになれないだとか、

恋愛にまつわる四方山ばなしを

延々と話してくれた。


英語とイタリア語まじり、どうしても伝わらない単語についてはロレーナが持っているスペイン語←→英語のミニ辞書(これすっごい便利!)を駆使して話してくれたし、内容もそれほど込み入っていないので理解と共感をうんうんと頷いて示していた。
昼間たくさん歩いたのでちょっと眠かったけど。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
今朝もロレーナは「朝は苦手なの」ってことで、私一人で朝食を頂くことに。

宿の主人・ロザリオに「昨日は何をしたの?」と聞かれたので、「日本人の男性と出会って1日一緒に観光した」というと、

「おお、日本人の男性と!!今日は一緒じゃないのかい?」

と興味津々。

「彼は今日からブラジル人男性の友達と一緒にシチーリアをドライブすると言ってたからもう会わない」と言うと、
「おお、せっかく出会ったのに!!どうして一緒に行かなかったの?」と自分のことのように残念がっている。

「だって初めて会った人だし、私もっとパレルモにいたいし」と答えると、「その通り!パレルモはいいところだよ!!

イタリアで一番いい街だ!!」
とロザリオは大喜び。

喜びを表す為なのか、昨日くれたばかりのHALLS(めちゃくちゃマズイ)を5粒ほど私の手に握らせようとしたので、「まだ昨日のが残ってるから!!」と言いながら慌てて自分の部屋に戻った。

・・・昨日もらったHallsの大袋はそのままテーブルの上に置いてある。
ドライブ中の眠気覚ましってことでY氏に渡せばよかった。
ロレーナももう食べないだろうし。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

買物に付き合ってもらったから、と

Y氏は夕食もごちそうしてくれた。

ランチはトラットリアだったので、夜は違うタイプのお店にしましょうと言われたので「歩き方」に載っていたリストランテに行くことにした。

オゴリだし

Via Liberta沿いにあるリストランテが雰囲気もよく、席も空いているということだったので入ってみた。
伊勢エビのスパゲッティや黒鯛のグリルなど、普段食べないようなお料理を遠慮なく注文し(オゴリだし)、カメリエーレがオススメする白ワインを頂く。

ナポリでピッツァをごちそうになった時も嬉しかったけど、こういうお店でお勘定を気にせず食事ができる嬉しさは別格だなぁ。

お料理もおいしく、帰り道にパレルモ名物のお菓子をお土産に買ってもらい、上機嫌でY氏とお別れした。

ブラジル人の友達は細かいことは気にしないし、もし明日からの予定が決まっていないなら一緒にシチーリア巡りをしない?ってお誘いを断ったの、

ちょっともったいなかったなあ
  と思いつつ・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

意外と派手好みのY氏が選んだのはTHE ベネトン って感じの多色使いのセーター。
彼女気取りで「同じ柄でもう少し小さいのはないの?」と店員に聞くと、
「小さいの?あるよ!」と答えてすぐに持ってきてくれた。

あるならハタ坊みたいになるようなのじゃなく、最初からジャストサイズを勧めてくれればいいのに。
セーターに続き本屋さんでシチーリア全島の地図も購入。

Y氏曰く「ものすごく享楽的」なブラジル人の友人は

「小さな島を一周するだけなんだから地図なんて必要ない」と言っていたらしい。。。
たしかにブラジルと比べればちっぽけな島だけど。そんな小さな島を周る為に「歩き方」と首っ引きになっている日本人にはブラジリアンな大胆さ、

ちょっと信じられない


お買物を済ませてサン・ドメニコ教会のあたりを歩いていると、裸電球が煌々と光っている屋台が続くエリアに来た。
ここはア・ヴッチリアというパレルモ市民の胃袋と言える市場。
パレルモ近郊で採れた野菜・果物・魚が溢れんばかりに並んでいる。見慣れた野菜(例えばほうれん草)の緑がものすごく濃い上に葉も分厚くてビックリ。

すっごく栄養ありそう。その分アクも強そうだけど。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

州立考古学博物館を出て向かったのは新市街。
実はY氏がパレルモにやって来たのは、学生時代のイギリス留学中に友達になった

ブラジル人との待ち合わせの為らしい。

北京とリオデジャナイロの中間地点(?)で集合し、明日からはそのブラジル人の友達とレンタカーでシチーリア巡りをする予定だそう。

シチーリアがこんなに寒いとは思わなかったので、厚めのセーターとシチーリア全島の地図を買いたいというY氏につきあって、ベネトン(さすがにお膝元。パレルモにも結構大きい旗艦店があった)と本屋さんでお買物。

ベネトンの店員はイタリア人らしくいい加減で、

「で、でかい・・・」と失笑してしまいそうなサイズのセーターを

「ピッタリだよ!洗えば縮むし」などと

適当なことを言ってY氏に売りつけようとする

そんなセーター着たらハタ坊になっちゃう。。。
郵政省のホープ(?)にハタ坊は似合わないわっ



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

食後の腹ごなしをかねて行ってみたのは州立考古学博物館。
シチーリア州立 にも関わらず、なんとここには

イタリア中から出土した古代ギリシャ関係の

遺品が集まっている。勢い展示物の量は半端じゃない。

セリヌンテのギリシャ神殿から出土した古代ギリシャの美術品やシラクーサで発掘された青銅の「羊像」など、「歩き方」で必見扱いされている美術品もあるけれど、展示の仕方・展示されている美術品などがなんというか

・・・素朴すぎる。

とっても価値のあるものばかりなんだろうけれど、特にキャプションなどもなく雑然と並べられていたり、通路に置かれた棚(ガラスで囲われたりもしていないシンプルな棚)に土の塊(小さいの)が展示されていたり。

ああっもったいない!!

もう少し気を遣って展示すればいいのに!!こんなに野放図じゃ見る側の気合も入らないよ~

Y氏に「なかなか手強い博物館ですねぇ」と声をかけるとうんうんと頷く。
「展示が粗っぽかったね」「もったいないですね」などと話しながら州立考古学博物館を後にした。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

BACK // HOME // NEXT