FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

バラハス空港に到着し、「ほんまに50分でトランスファーできるか確認しよう」と思いながらチェックインカウンターに並んでいると、後ろの方から

「誰か関空まで一緒の人いないかな~」と、

明らかに独り言ではない音量で、女の子の(日本語の)声が聞こえてきた。

思わず私、関空と手をあげて振り向くと、

日本人の女の子が2人いて「よかった!」「よかったね!!」

手を取り合って喜んでいる

話を聞くと、大音量で「関空まで~」と言っていた女の子は

日本でのあまりの激務に嫌気が差し、1ヶ月の予定でサラマンカにホームステイ&語学留学に来たものの(確かに話を聞くかぎりではホストファミリーもあんまりな感じではあるけど)1週間で根を上げてしまい、急遽帰国することにしたという・・・

1週間・・・そりゃもったいないことで


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

チェックアウト後、タヌ夫さん(キャスターつきリュック)を預かってくれていた宿に寄り、メトロのセラーノ駅まで移動。最後に男女の掛け合い車内アナウンスも聞けたし

これでマドリーに悔いを残さずに去れる。。。

空港までのシャトルバスが発着するセラーノ駅のバスターミナルには、大きなスーツケースをひっぱっている人やバックパッカーがたくさんいる。

この人たちもみんな今日を最後にスペインを去るのね。
今までお疲れ様でした、旅の仲間たち!

(初めて会う人ばかりだけど)


これで本当に帰れるのだ、と安心したせいか、珍しくエアコンが利いたバスに揺られている30分間は

全く記憶がないくらいに爆睡していた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シンガポールで1度乗り換えが必要だけれど、

運よく今日出発できるチケットが買えた

これを持って空港に行ってヒコーキに乗って、

ゴハンを食べて映画を観て

ぐーぐー寝て起きてまたゴハンを食べて・・・


何度か繰り返したらもう日本にいるんだなあ。

と、しみじみとチケットを見ていてハッ!と気付いた。


これ、シンガポール

トランスファーに50分しか余裕がないけど大丈夫?!

旅行代理店のセニョーラに聞くと、「航空会社に確認するわ」とその場で電話をしてくれた。電話を切った後、ノープレブレム!と無愛想な顔で言ったセニョーラの言葉・・・

信じていいのかなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
ほぼ一睡もしていないのに全くテンションが下がらない

そして「日本に帰るのだ!」と思うと、

毎日毎日あんなに腹立たしかったマドリーの暑さまでが愛おしい。

受付にいたセニョールに格安チケットを扱っている旅行代理店を教えてもらい、大急ぎでそこに向かう。
受付にいたのはいたって無愛想なマドリーではこれが普通なのかな~)セニョーラ。

HOLA!と声をかけるだけで、

ああ今まで何度こうして外人に外国語で挨拶をしてきただろう、あと10回くらいはこんな機会もあるのかなあ・・・
といちいち感慨にふけってしまう。

意外とめんどくさいなあ、私って。


セニョーラに「日本までの片道のチケットを下さい」というと「チケットだけ?ホテルは必要ないの?」と質問されたので

「日本に帰るんです。自分の家にと答えると

「えっ日本人なの?!」と驚かれてしまった。

・・・最後まで中国人と思われちゃうわけね。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

いかにもイタリア人らしいアレックスの怒涛のナンパとか、

モツィアで出会った男前のポリツィアたちとか、カターニアのパパーとかバチカンで拝んだ教皇のこととか。

何日かかるか分からないけれど、みんなに聞いてほしいことがいっぱい。

・・・にしても男性の思い出ばっかりだなあ。


言葉も通じない、どこに向かっているかも分からないまま、とにかく周りの人に遅れないようにと吹雪の中を必死で走った国境越えも、アムステルダムでアンネの家の家具を見て

「カワイイ~!こんなのウチにも欲しいよね~」

と腰がくだけるような感想を述べ合っていた日本人観光客とか・・・いい思い出もそうでもない思い出もひっくるめて全部忘れたくない。

「1都市(街でも町でも村でも)最低1枚」と決めて、気に入ったものを購入していた絵ハガキ(何枚か溜まると、お土産などと一緒に実家に送るようにしていたので今の手持ちは10枚くらいしかないけれど)を見ていると、その町の温度や食べ物、狭い路地などが頭の中をかけめぐる。

ああ、万感胸に迫る ってこういうことだ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

帰国すると決心した途端、

異常に目が冴えて全く寝られなくなってしまった。

明日のヒコーキのチケット、買えるかな?
親に会ったら最初に何て言おう?とか、
帰るって連絡したら誰か空港にお迎えに来てくれる友達はいるかな?こんなに真っ黒になって、みんな私って分かってくれるかな?
とか、死んだ子じゃなく、

これから生まれてくる子の月齢を数えるような想像ばかりが浮かんでくる。

相当帰りたかったんだろうか、私・・・旅人って、普通帰国前は

「帰りたくないよ~」って感じで

もっとしょんぼりしてる気がするんだけど。


帰国へのヨロコビにしばし浸った後、パッキングをしながら放浪中の出来事を最初から思い出してみた。
日本に帰ったらあんなことがあったしこんなこともあったよ、って

周りの人に聞いてほしい話がいーーーーーっぱいあるなあ・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

イタリアに行きたいなあ、と軽い気持ちで始まった数ヶ月の予定の旅が、いつの間にかハンガリー・チェコ・スロバキア・ポーランドと・・・足の向くまま、気の向くままに

ヨーロッパを横断する放浪になってしまっていた

そんな刺激のある毎日を過ごしていて、自分が旅に疲れていることに気が付くのが少し遅かったみたい。

自分の顔が平べったい事も忘れるくらい外人に囲まれ続けて、これから行く先々でも

「○○は良かった」なんてことばかり考えてダラダラと無気力に旅を続ける?

でもそれは自分にもこれから出会う人にもヨーロッパにも失礼だろう。
今日の舞台は長い間頑張った私への、スペインからの最後のはなむけだったんじゃないだろうか・・・


よし決めた!日本に帰ろう!!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

宿に戻って久しぶりに気持ちが高ぶっているのを実感した
それと同時に、本当に久しぶりに

「今の気持ちを家族や友達に直接伝えたい」と強く強く思った。


マドリーに来てから、ずっと心のどこかで「この街は私に合っていない」「出会う人たちがみんな親切じゃない」という

くすぶった感情があった。

そして何か気に入らないことがあるたびに「ラ・マンチャで出会ったダブルマリアは優しかった」とか、「コルドバのフラメンコの先生は本当に親身になってくれた」とか、

死んだ子の歳を数えるような繰り言ばかり重ねて・・・


でもこれって、マドリーが私に合っていないんじゃなく、知らないうちに放浪に疲れた私がマドリーを、この街で新たに出会えるはずの人たちを

拒否しているだけなんじゃないのかなあ・・・


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

踊り手たちの肉体にウットリしていると、2幕の舞台は瞬く間に終わってしまった・・・

これで終わり?!

いやや~もっと見たーーーーーい!!!!


と、しばらく席から立ち上がらず、1人で駄々をこねていた

これで4,000円とは、なんというコストパフォーマンスの高さ!!

日本でこのレベルの舞台を観ようと思ったら確実に15,000円くらいはかかりそうなのに、この観客の少なさ。うーん納得できない。
この舞踊団の素晴らしさをスペイン人にアピールしたくてたまらないっ。

ありがとうカルメン・ルビオ。
ありがとうBallet Espanol de Murcia・・・


この感動、忘れません 

早速この感激を誰かに訴えねば!! と、テアトロ・デ・マドリーまで見送ってくれたシニョールがいた靴屋さんに寄ってみたけれど、既にドアには鍵がかかっていて無人だった。
がっかり。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

脚はもちろん、どの踊り手も体の線がもうめちゃくちゃキレイ

体全体、特に腕と背中がもう素晴らしく「ダンサー」の肉体!

ロングヘアの主役以外にも3人いた男性の踊り手たちの衣装は、最初から最後まで

ストイックな長袖長パンツだったので

残念ながらリアルな筋肉は拝めなかったけれど、そのかわりに女性の踊り手たちの露出が本当に効果的だった。
セゴビアアビラマドリ
(カメラを持っていなかったのでイラストのみ)

背中にはヒモだけの衣装の時は背筋の美しさにほれぼれし、短めの上着を来た時に見える腹筋の深さには感動すら覚えた。

鍛え上げられた人間の肉体に拍手!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

BACK // HOME // NEXT