FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

 文字では伝わらないと思うのは承知の上で長々と書いてみたけど・・・一度見てください闘牛!!って感じ。
20060405104925.jpg

 要所要所で鳴り響く音楽、見どころをちゃんと心得てて、マタドールがここぞとばかりに決めようとする時に、騒がしい人には「静かに!!」って注意する通の観客、いい演技(?)を見た時のOle!って掛け声・・・

生と死がアレーナで交錯するあの熱気、あの雰囲気!

 殺されるToro(牡牛)がかわいそう・・・と思う気持ちはひとまず保留にして、2回目の闘牛ではToroが死ぬ時が1回目よりハッキリ分かり、(1回目のToroみたいに血のヨダレみたいなのをたらすのは、肺に剣がささってしまったせい。美しい殺し方ではないらしい)槍で突かれて銛を撃たれて、背中からお腹までダラダラ血が垂れても、前足でアレーナの砂をひっかいて、最後までムレータに果敢に向かっていったToro。

 マタドールに急所に剣を刺さされても、しばらくもがいてたToro。でもフッと目を閉じた瞬間、全く動かなくなった。。。死んじゃった・・・ピカドールに刺された槍のあとは大きな穴があいて、そこからまだ赤い血がドクドクと流れてるのに、Toroの命はもうどこにもないんだなあ。。。

マタドールもToroも凄い。ほんとに。

 続く3回目の闘牛のマタドールは若くて男前で仕草もすごい洗練されてて見せ場を知り尽くしてます!って感じ。ショーマンシップに溢れてて何もかも粋ですっごい見入ってしまった。

 マタドールって誰でも一緒じゃないの~なんて思ってたけど、3回目の彼は明らかに前の2人とは格が違う。華麗なムレータさばきで「真実の瞬間」を大いに盛り上げた後、Toroの急所に剣を突き刺す前に

「今からお前にとどめをさしてやる!」

って感じでToroとしばし見つめ合ってたシーンなんて、ほんとにお芝居見てるみたいで。Toroには申し訳ないけど、ほんとにカッコよかった~!!

 Toroにとどめをさした後、アレーナを練り歩く時にも客席に向かって帽子投げたりコーフンのあまり客席から投げられた帽子を受け取って帽子に「ちゅっ」ってした後で投げ返してあげたり。男前で華があって仕事もできる。

あんな男子とめぐり合いたい。。。


 3人のマタドールが各2回Toroと戦うので(3回目の男前マタドールは6回目に再登場。雨ザーザー降ってきてかなり寒かったけど、耐えたわ彼のために)、1日で6回も闘牛見ちゃった。

 Toroが気の毒、かわいそう、残酷等々批判的な意見があるのも最もだとおもう、ある意味すごく野蛮な見世物ではあると思うけど、「生あるものはいつか必ず死ぬ」ってことをまざまざと思い知らせてくれたって思うと。。。 

闘牛って、素晴らしいエンターテインメント!!だと思う。

感動して思わず買ったもん、古びた手書きイラスト満載のパンフレット・・・。
20060405105050.jpg
20060405105114.jpg





  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< 闘牛観戦その後。 // HOME // 闘牛観戦記その二。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/98-3adcd2c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //