気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテドラル美術館見学ツアーを終え、もう一度つくづくとステンドグラスを堪能した。その後でようやくステンドグラス以外のものを見学する余裕ができたので、壁にかけられた宗教画や、凝った彫刻で装飾された礼拝堂を見て回った。
カテドラル美術館にもたくさん絵があったはずなのに、見事なくらいにどんな絵だったか思い出せない。

それほどステンドグラスの印象が強烈なのだなあ)


ステンドグラスが「どんな風に」素晴らしかったり美しかったりするのかというと・・・入口の上に切られた円窓(バラ窓)は13世紀に作られたもので、カテドラルにある大小合わせて182枚もあるステンドグラス中で最も古い
聖歌隊席のガラス扉に映っている光は、13世紀に作られた色つきのガラスを通って、今私の目の前に現れた光なのだ・・・と考えると感動もひとしお。
夜空に星が瞬くのを見て、「この瞬きが地球に届くまでには何光年も経っているんだ」と知った時のワクワクした気持ちに似ているような。。。

総面積1800㎡(!!)にも及ぶステンドグラスの多くは神話で語られる動植物や、聖書の登場人物・聖人たちの物語が生き生きと描かれている。石の壁よりもステンドグラス方が総面積が広いらしい・・・。ガラスって意外と頑丈なのね。

キリスト教徒なら「キレイ」「美しい」「素晴らしい」という見た目の感動だけではなく、このステンドグラスの意味するところがしっかりと理解できているんだろうな、と、周りのキリスト教徒っぽい観光客たちが少し羨ましくなった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< 見た目について。 // HOME // 見とれるばかり。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/865-425b6f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。