FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

トルヒーリョの町の高台にある「城」は、元々この地方を征圧していたイスラム教徒がキリスト教徒の攻撃に備えるために10世紀頃に建てたもの。

いかにイスラム建築とはいえ、城塞なのでアルハンブラ宮殿のような麗しいイスラム彫刻はのぞむべくもなく
・・・城門の馬蹄形のアーチを見て

「ああイスラム教徒が建てたものなんだなあ」と実感するくらいのもの。
でも何かしら心にひっかかるものがあるなあ、と旅の記憶をたどってみた。

馬蹄形馬蹄形。馬蹄形のアーチをもつ城壁・・・一番最初に見たのは、たしかポーランドクラクフアウシュビッツビルケナウの収容所跡の印象がものすごく強くて、あの時は特に感慨もなかったけれど、ポーランドからここまでの距離を考えると驚かずにはいられない。

ヨーロッパの南端から、

遥かに遠い東欧にまで勢力圏が広がっていたなんて!


イスラム帝国の勢力の届く範囲がいかに広大だったかということを実感しつつ、廃墟となった城から、トルヒーリョの町、そして地平線まで続く荒野をしばし見下ろしていた。

遠い昔、イスラム教徒から奪還した自分たちの国土をこの高台から見下ろし、

川の流れに乗るかのように更に西へ西へと進出し、ついにまだ見ぬ新大陸に向けて大西洋を渡ったコンキスタドーレス(征服するものたち)になった自分を心ゆくまで想像して楽しんだ
後、トルヒーリョの町に戻る。

この小さな町にもパラドール(スペイン国営ホテル)があり、しかも町のセントロ(中心地)からは徒歩5分という立地のよさらしい。
これはもちろん見学しに行かねばなりますまい!

石造りのアーチ(ここのアーチは馬蹄形ではない)を抜けると、1984年(意外と最近)まで現役の「サンタ・クララ修道院」として使われていた建物を転用したパラドール本体。
もともとトルヒーリョ自体が物静かで穏やかな町なのに、パラドールの中にある白壁のレストランは更に静かで、のんびり読書でもしたくなるような雰囲気。
トルヒーリョ

みるからに節約旅行者風で、しかも中途半端な時間に入店し、テーブルで何通も絵葉書を書いたり「歩き方」を読んだりして長居する私にもお店の人はすごく親切にしてくれた。
いいパラドールだなあ。

いつかお金持ちになったらきっと泊まりにこよう



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< カセレス。 // HOME // トルヒーリョ散策。 >>
すずきさん
訪問&コメントありがとうございます。
ほんとに雰囲気のいいパラドール&レストランでした♪

いつもなら唯一の愛読書(村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」)を
読むところですが、あいにく本はマドリーの手荷物預けにあるので
断念しました(悔)
【2007/10/17 Wed】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
はじめまして!
確かに・・・読書したくなる写真ですね!
ヨーロッパで、コーヒー飲みながら読書したことがありまして。
いやーその雰囲気が好きでした。
俺、かっこいいやんなんて思ってしまいました笑
【2007/10/16 Tue】 URL // すずき #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/618-1697cf37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //