FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

1340年、羊飼いによって発見されて、約半世紀の眠りから覚めたマリア像にイスラム教徒との戦いの加護を祈願したアルフォンソ11世。無事に勝利をおさめたので、戦いの後、マリア様のご加護に感謝し、ここに壮大な修道院を築かせた。。。
グアダルーペ

イスラム教徒たちを蹴散らし、カリブ海の島をこのグアダルーペのマリア像に奉納したコロンブスを筆頭に自らが「コンキスタドーレス(征服する者たち)」となったスペイン人たちは、この地のマリア様を新大陸(何度も言うけれどこの『新』という言葉には納得できないなあ)の人たちのキリスト教化の象徴とした。

ちなみにコロンブスが新大陸から連れてきた人たちをわざわざグアダルーペに連れてきて、(新大陸で)最初のキリスト教徒に改宗させたのもこの修道院だそう。

海を越えてはるばる新大陸からつれてこられた人たち、それまでは石造りのこんな立派な建物なんて見たこともなかっただろうに・・・さぞかし度肝を抜かれたに違いない。

修道院の見学ツアーはもちろんコースも決まっていて、最初に修道士たちが書き写した写本の(聖歌本っぽかった)流麗な文字にいたく感心し、パティオ(中庭)を見ながら石造りの回廊を歩き、見事に刺繍されたマントや祭壇飾りの展示室に入る。
何百年も前の金糸銀糸が今でもキラキラしていることや、人間業とは思えない緻密な刺繍に感動しつつ、おなじみエル・グレコの宗教画やミケランジェロの彫刻が納められた展示室を見学。

ここまでくるとここが修道院であることをわすれかけ、美術館か博物館にいる気分になるけれど、続いて見学する「聖具室」(間違った漢字に変換するとキリスト教へのものすごい侮辱になるので注意!)では聖ヒエロニムス(聖書をヘブライ語からラテン語へ翻訳したことから、通訳の守護聖人として奉られている)の一生を描いた絵画や修道士たちの絵画が壁一面を埋めていて圧巻。

うーん圧巻圧巻、と思いながら言葉もなく歩いていると、既に私の周りのキリスト者たちには涙ぐんでいる人もいる。トレドでお祈りの言葉をつぶやきながら聖餅顕置台を見守っていた東洋人の男の子を思い出すなあ。。。今頃またどこかの教会で感激の涙を流しているのかな?

あの男の子がこの修道院にいたら、涙も枯れるくらいに号泣するに違いない。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< マントにくちづけを。 // HOME // グアダルーペ修道院。 >>
梓の小鳥さん
いつも応援ありがとうございます^^
小鳥さんをはじめ 読者の皆さんのおかげで毎日更新を続けられています。ありがたいことですv-238

南米のインディアンというと・・・インカ帝国の末裔でしょうか。
彼らは北米の土着の人たちとは違って
石造りの建物には慣れていたかもしれませんが、
もしグアダルーペ修道院を見たらビックリしただろうな。。。

宗教が表立って話題になることのない日本と比べると、
アメリカでの「宗教」って、重みが全然違うのでしょうね。
信じるもの(者でも物でも)がある人は精神的にとっても強くなれると思うのですが、一方では宗教の相違で弾圧されたりテロリストが生まれたり。

宗教は両羽の剣ですね。
【2007/10/13 Sat】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
修道院・・・
14世紀に建築された物なんですね
立派ですねぇ!
スペイン・ポルトガルがドンドン進出を図って大国だった時代ですね

昨日、図書から Queen's Slave Trader という本を借りて来て読み始めたところでした。 英国のエリザベス1世の元で奴隷貿易をしていた英国人の実話なんですが、 その冒頭にたまたまスペインが南米の 『インディアン』 を奴隷にして本国に連れ帰ったという話が出て来るんですよ

今、 姪の結婚式の話題でアルメニア=キリスト教徒を強調して書いてますが、 宗教って何なんだろう・・・って考えてしまう昨今です・・・

ランキング、 頑張れ、 はてるまさん!
そして・・・v-424
【2007/10/12 Fri】 URL // 梓の小鳥 #WARxrlg2 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/614-5b5de0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
本書は、ピカソの友人にして最大のライヴァル、そしてフォーヴィスム(野獣派)運動の中心にいたアーティスト、マティスが主人公の本です。他の「知の再発見」双書に収録の芸術家同様、美麗な絵画と写真がふんだんに使用されています。サイズの小さい本書の文字の箇所を圧...
[ さらのblog ]
// HOME //