FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

 アニス酒の水割りを苦労して飲み干し、愛想のいいフロントのセニョール(おじさん)にグラシアス!とお礼を言ってパラドール(スペイン国営ホテル)を後にした。そんなに規模は大きくないけれど、落ち着いていて、いい感じのパラドールだったなあ。。。
 
 続いてはマヨール広場から(どこへ行くにもここを通らないといけないとは・・・ほんとに名実共にチンチョンのセントロ(中心地)である)丘を登ってパロキアル教会に向かい、ゴヤの「聖母昇天」を見学させてもらうことにする。

 カテドラルというほどの規模ではなく、地域の人たちが集ってお祈りをするための教会らしく、装飾もステンドグラスも決して華々しくはない。その分落ち着いた雰囲気で『悩める子羊』たちの為のもの、という感じ。

 日本のお寺でもそうだけれど、建物が大きく立派になるにつれて「お祈りをするところ」というよりも「見学するところ」というものになってしまって、素晴らしい仏像やキリスト像を見ても「わっ、すごい!」と驚くもののありがたみはあまり感じない。
立派な施設を維持するための必要経費とはいえ、お寺や教会が大きくなればなるほど拝観料だってバカにならない金額になるし。。。

 パロキアル教会の外観は「これが教会?」といぶかしく思うくらいに特徴がなく、窓枠にはステンドグラスもない。入り口は木の扉で、施錠もされていなかったので「お邪魔しまーす」とつぶやいて中に入らせてもらう。

 白人の観光客らしき人たちが3人、祭壇に向かって熱心にお祈りをしているので、邪魔にならないように座席に腰をかけて、教会の中に漂う静謐な空気に包まれることしばし。3人の観光客のお祈りが終わった頃、神父さんらしき人が登場して「こちらへ」というように3人を手招きし、教会の後ろの方の座席に腰掛けている私にも気づいてくれてにっこり笑って下さった。

「あなたも一緒に来なさい」と言われたような気がしたので、厚かましくついていくと、目隠しのためのカーテンに隠れていた「聖母昇天」を披露してくれた!

 ゴヤといえば「裸」or「着衣」のマハ、もしくは「わが子を食らうサトゥルヌス」ゴヤ
のイメージなので、セクシーかつおどろおどろしい画風の絵を想像していたけれど、さすがに絵のテーマがテーマだけに、優しいタッチと繊細な色使い。他の観光客と一緒にしばし絵を眺め、神父さんの話すとってもありがたい話(多分。なんとなく聖書の一節についてお話されていたような雰囲気)を聞かせて頂きつつ、心が洗われるようなひと時を過ごしたのだった。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< Toledo。 // HOME // 無理をしがちな女。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/599-402fa117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //