FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

「歩き方」を片手に目指すは不安定な家もしくは「宙づりの家」とよばれている建物。

 クエンカの建築を代表するこの建物ができた発端は、15~16世紀のこと。繊維産業により爆発的に町の人口が増加したものの、崖の上の限られた町だったクエンカには新たな建築物を建てる余地はなく、既に建てられた上に上にと伸びるしかなかったと。
 こうして、崖の上に林立する(中世の)高層建築群が完成したというわけ。高層マンションがどんどん建てられている現代日本と中世のクエンカ・・・なんだか似ている。

20031019_3.jpg

この写真だとあまり「不安定感」は感じないけど、実際の建物をみると思わずうわ~・・・とため息がでてしまう。よくあんなところに建てたなあ。中世クエンカの大工さん(?)もこの家の住人も度胸があるなあ!!と感心しつつ、不安定な家の内部も見学。

不安定な家の内部は抽象美術館になっていて、よく分からない抽象絵画(抽象絵画だから分からなくてもいいとは思うけれど、印象派好きとしてはこういう絵画はどうも食指が動かない・・・)や色々なオブジェが展示されている。

 外見が不安定なだけかと思ったら、上に向かって増築増築を続けたせいか、入ってみると建物の内部も結構複雑。自分が建物のどの部分にいるのか分からなくなったり、あら珍しい、変な形の岩山。他の絵と比べて分かりやすい風景画もあるんだわ、と思ったら建物の窓枠から見える景色だったり・・・なんとも不思議な空間芸術を鑑賞したのだった。

 そんな抽象美術館を見学し、すぐ横にある坂を下っていくと橋がある。橋からはこの不安定な家が断崖の上に「建っている」というよりもかろうじて崖に「ひっかかっている」様子がよく分かる。
 断崖絶壁の上の建物にも関わらず、オトナの腰の高さより低い程度の柵しかないあの恐怖のバルコニーから落っこちた人、絶対に1人や2人じゃなかっただろうなあ。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< コルドバ再訪。 // HOME // クエンカ到着。 >>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/31 Fri】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/572-55b4580d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //