FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

 カルトゥハ修道院の中に入ると、観光客の姿はちらほらで、見学しているのはみんな個人旅行の人たち、という雰囲気で静か~に広い廊下を歩いたり、廊下に面した小部屋を出たり入ったりしている。

 大型観光バスでやって来た人たちは修道院の外観を楽しんで、あとはお土産物屋さんに直行なのかな?と思いつつ、私もショパンが滞在した部屋にはショパンが作曲に使っていたピアノ(注文したピアノが届くまで、この修道院のピアノを借りていたらしい。弘法は筆を選ばず)や、手書きの楽譜(ハ長調の楽譜ならどんな曲かイメージくらいはできるけど、♯がいっぱい着いていたのでどんな曲なのかサッパリ分からず。。。絶対音感と読譜力があればなあ)などなどをじっくりと見学。

 ショパンの手の石膏像や一輪のバラがあるので「あ、観光名所だったと思い出すけれど、そういう演出がなければごく普通のお部屋で、愛の逃避行に使われたとは想像しづらいような。。。

 他の観光客が行き来している、廊下に面した小部屋の一つ一つにはテラス?みたいなお庭がある。
 ここにテーブルと椅子を用意して、緑の濃い山を眺めながらコーヒーでも飲めたら気分がいいだろうな。などと夢想しつつ、でも直射日光が恐ろしくてロクに外にも出られず、お部屋の中から恨めしそうにテラス風のお庭を眺めるだけの自分が悲しかった。。。

 カルトゥハ修道院の隣には、マヨルカの王様だったサンチョ王(あまり王様っぽい名前ではないような。。サンチョとかパンチョって音はなんとなく庶民の名前のイメージ)の別荘だったという宮殿で、ピアノのミニコンサートがあるというのでそちらにも行ってみることにした。

神様、どうかミニコンサート会場が屋内でありますように・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< バルデモサ散策。 // HOME // バルデモサ。 >>
jfk2さん
ロックのコンサートも最近ドームで開催するくらいですし、
クラシックならきっと屋内ですよね。

梓の小鳥さん
ポーランドに続いて、マヨルカ島でもショパンの足跡を辿れるなんて
ほんとに意外でした。。。
さすがは「地中海の楽園」、一大観光地ですね。といってもこのカルトゥハ修道院のあるあたりは、「地中海」という雰囲気は皆無ですが・・・

「愛の妖精」のこと、そしてお嬢様のこと。。。
たくさんお話して下さってありがとうございます^^
私もあまり女らしくないので(ズボラで雑な性格は心が冷たい父譲りだと思っていますが)、失礼ながら梓の小鳥さんが心配なさっているお嬢様の事を自分に重ねてしまいました(笑)

決して人様から「素晴らしい」と褒めて頂ける様なできた人間ではありませんが、梓の小鳥さんがおっしゃるように、いつか
「この人だわっっっv-238」と思える人と
出会えると信じて頑張ります!


【2007/07/10 Tue】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
私も・・・
ギフトショップ直行、お土産者目当て、の旅行は抵抗があります~。

はてるまさん、ショパンが滞在したお部屋の見学をなさったんですね!
ショパンが見た、ショパンが触れた、ショパンがメロディーを考えていたお部屋にはてるまさんも足を踏み入れて・・・いいな、いいなぁ・・・!

屋内のコンサートだとイイですね!

「愛の妖精」 は母が再婚して連れて行かれた養父の家にあったんですよ・・・記憶に間違いがなければ。
当時でさえもの凄い古い本でした。 白黒のイラストがとっても綺麗でそれに惹かれて一挙に読んでしまった、という覚えがあります~。
という事で何故か忘れられない本のひとつなんです。
それをすっかり忘れてたので、はてるまさんの先日の記事で、ジョルジュ・サンドという懐かしい名前を聞いて、記憶が呼び起こされてビックリ~!

ウチの娘、とくにその内のひとりは全く女性らしくなくて私、頭を抱えてるんです、 これもここだけのお話なんですが、 (今日は誰にも話してない内訳話ばかりしてますが・・・v-398 )。
なもんで、 男っぽいジョルジュサンドでも真の魅力を見つけてくれる人が出来た、と聞いてつい嬉しくなりました!

はてるまさん、私、晩婚。
日本で、「売れ残り~」 とからかう人には、「売れ惜しみよ」 とかわしてました。 v-398
いつか現れます、この人の為に待っていたんだ、私、と思うような人がv-363
はてるまさんの様な素晴らしい女性は、安売りしては (御免なさい、はしたない表現で) いけません~~e-343
【2007/07/09 Mon】 URL // 梓の小鳥 #WARxrlg2 [ 編集 ]
ロックのコンサートでないから、イメージ的には、屋内と思いますけれど、。 jfk2も一緒にお祈りいたします。
【2007/07/09 Mon】 URL // jfk2 #mQop/nM. [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/516-02cd789a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //