気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

セビーリャを出発し、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラに向かうバスの中から、ふと空を見上げた。

すると、空の高いところと低いところに、雲が二層に分かれていて、上の層の雲はほとんど動かないのに、下の層の雲だけはビュービューと風に流されていく。その雲を見ながら脳裏に浮かぶのは・・・

♪はるか~ 草原を~ ひとつかみの雲が~・・・

そう、『母をたずねて三千里』OP、♪草原のマルコ

私はアンデスを目指しているわけでも母をたずねているわけでもないけど、「草原を流れる雲」と言えば・・・思い出すのは健気なマルコなんだなあ。。。

しかし・・・マルコはほんっとにえらかった!
あんなチビなのに一人でジェノバからお船に乗って(しかも密航!)お金もなくして(スラれたのかも?)無一文になって、やっとアルゼンチンに渡れたと思ったら母さんは引越ししてたり病気になってたりで

これでもか!これでもか!ってくらい行き違いが重なるばかりで全っ然母さんに会えないし。
しかもおサルのアメデオは(そりゃ可愛らしいし寂しいときの心の支えにはなってるかもしれないけど)マルコにエサばっかりねだってあまり(というか全然)役にたたないし!


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ // HOME // ふつかよい。 >>
Re: お久し振りです
>A-chanさん
ほんとにご無沙汰しております。
また思い出して頂けて嬉しいです♪

初めて書き込みをして頂いてからもう4年になるのですね。年々トシをとるのがはやくなる という自覚はありましたが、4年も経っていたとはオドロキです。
拙ブログもこの4年の間に読者の方がかなり固定されたようで、
最近ではコメントを頂くことも滅多にないので、長文コメント嬉しいです^^

大きなお屋敷の執事たるもの、自分の好み(主義)で
来客を差別するのはいかがなものかと思いますが、
執事が毛嫌いしているイタリアではそこそこの階級のお宅では
来客の為にドアを開けるのは召使 という慣習があるそうです。
その慣習を身に着けないまま嫁いだ若奥様が、パーティにいらしたお客様の為に
うっかりドアを開けてしまった為にその場の人から全く相手にされなかったとか。
他の国から見れば「変なの・・・」と思うことって、たくさんありますよね。

件の若奥様ですが、マルコの時代のお話ではなく、
20年ほど前にイタリアのそこそこの階級のお宅に嫁いだ日本人女性の体験談です。
【2011/07/19 Tue】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
お久し振りです
こんにちは。お久し振りです。
初めての書き込みから4年振りになりますが、マルコに再燃焼し始めてそちらが懐かしくなり、再び参りました。

牛車の連中もですが、マルコに対して罵詈雑言を投げかけたお屋敷の執事も語り草ですね。この方のイタリア人に対するイメージは相当悪いようです。
主人の留守が長期の場合、当然執事が屋敷の全ての事を取り仕切るので、マルコの事情を聞いて馬車を出す事ぐらいできた筈ですが、この執事にはイタリア人は皆同じと考えているのか、イタリア人に協力する義理は無いと見て、素気無く追い返します。
こんな事がご主人に知れたらエライ事ですが、マルコの事を聞かれても、馬車は出してやった、後の事は知らぬと言いきれば良し。マルコが途中で行き倒れて命を落とせば、死人に口無しですからね。
この窮地があるからこそ、後半の同胞愛が大きく輝き引き立つのでしょうが、本当にあのお爺さんと再会しなければ、マルコは一体どうなっていた事か・・・(冷汗)。
これ以上被害者を出さない為にも、マルコもこの事は紹介状を書いてくれた人を通じてお屋敷のご主人に報告して、執事にイタリア人に対する考え方を改めさせるよう処置を取るべきですね。
【2011/07/17 Sun】 URL // A-chan #t50BOgd. [ 編集 ]
A-chan さん
訪問&コメント、ありがとうございました^^
ほんとにチラっと触れただけなのに、「マルコ」で検索にひっかかるとは・・・
と、妙なところで感心してしまいました(笑)

牛車のセニョールたち、覚えてますよ!
アメデオでなくてもあのしなるムチは凶器ですよね。
ひゅんひゅんと空気を切るような音も、
子供心にとっても恐ろしかったです。。。

マルコのあの丸いほっぺと「ちょんちょん」としたほのかな赤さ・・・たしかに牛車のセニョールたちから見ると「苦労知らずのぼくちゃん」に
見えないこともないですね。


【2007/10/28 Sun】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
アメデオ
初めまして。マルコの検索により参りました。
「母をたずねて三千里」は名作ですよねえ。今の子供達もマルコの姿を見て、家族への愛、他者への思いやり、そして根性を育んで欲しいと思います。

アメデオの存在は大きいですよ。この愛らしい子猿がいてくれただけで、マルコの心はどれだけ救われたでしょう。日頃ナニ考えてるのか掴めないすっとぼけた猿ですが(笑)、子供と戯れる姿、あくびをしている顔、遊んでいる様子など動きの1つ1つに無邪気な愛嬌がありますね。お腹がすいてもマルコを起こさず自分で食べ物を調達しに行くし、どんな時でもマルコを見捨てて逃げないし、まこと愛すべきお猿さんです♪
でもそれだけに、私は牛車のあのシーンが今でもトラウマになってます。何の悪さもしていないアメデオをムチで追い立てる牛車の若い奴。アメデオが逃げ惑うのを傍で笑いながら見ている牛車のオヤジ達・・・。
手の平サイズの子猿にとって、大きなムチが飛んで来るのは死ぬほど怖かった事でしょう。直撃なんか食らったら命が無い事は確実ですからね・・・(冷汗)。弱い愛しむべき子猿に対してそういう仕打ちができるこの連中の神経を、私は今だに疑います。
まあ連中も、牛車の生活で苦労してきてるだけに、苦労知らずに育ったように見えるマルコが気に入らなかったのかもしれませんけど、筋違いの行為ですよ(あの若いのも、最後は仲良くしてくれましたけどね)。
【2007/10/28 Sun】 URL // A-chan #t50BOgd. [ 編集 ]
副社長さん
ケンタ、おいしいですよね!
カーネルサンダースのイラストが今年、
少し若返ったそうですが、気づかれましたか?

吹き飛ぶ雲の模様はとっても絵画的でしたよ!
あっという間に形が変わるので、得意の(?)イラストは残せませんでしたが・・・(笑)

タカスィさん
パンクバージョンとは・・・マルコもついに新境地を開きましたね~!
タテノリのマルコ、私も聴いてみたいです♪
世界名作劇場展って楽しそうですね。
私はマルコとハイジにくぎづけになるだろうな~・・・

JFK2さん
お子様たちと一緒にご覧になってらっしゃると思ってました。
お孫さんができれば、ぜひご一緒にDVD鑑賞を!
【2006/12/27 Wed】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
母を訪ねて三千里!
 遅れましたが、クリスマスおめでとうございます。 
 ちび丸子は分かるのですが、マルコはあまり見ませんでした。
【2006/12/27 Wed】 URL // JFK2 #mQop/nM. [ 編集 ]
さぁ出発だ
友人がカラオケで、草原のマルコを
♪さぁ出発だ~♪の所からパンクバージョンで歌っておりました。
パンクのマルコは新しいです。

今年の初夏に世界名作劇場展に行ってマルコのパネルを見ていたらアルゼンチンに行ったときの思い出が甦りました。南米にはマルコの世界がありました。
【2006/12/27 Wed】 URL // タカスィ #- [ 編集 ]
す、すみません更新頻度が悪く…
わたしのイブは、家族とケンタでした(爆)

当時、マルコのマントが欲しかった副社長です。

二層になった雲の下の方だけが、ビュービュー
それを草原で眺めたら、きれいでしょうね。
でも、ひとりで見るには迫力があるというか…
ちょっと怖いような気がします。
【2006/12/26 Tue】 URL // 副社長 #RbGeqkE. [ 編集 ]
vivnyancoさん
遅くなりましたが・・・メリークリスマスです!!
年末年始の添乗でお忙しいのでは?コメントありがとうございます^^
アンダルシア地方のスペイン語自体もかなり訛っていると思うんですが、
英語もかーーーなり訛ってました。
ラテン語発音に慣れてしまった私には、逆に母音の音がハッキリしているので聞きやすい時もあったりしましたが・・・(笑)

I田さん
これまた遅れましたがメリクリ&ハッピーニューイヤー!!

そうですよ、今日は旅ブログじゃなくてハウス名作劇場ブログですから^^
・・・なんて笑ってたら、ランキングの順位が落ちてました。。。
読者の方はやはり私の『旅』を評価して下さってるんだなあ、
と実感しました。反省反省・・・

しろちささん
応援ありがとうございます!
マルコを朝から見るなんて・・・想像すると悲しみでお腹いっぱいになってしまいそうです・・・(涙)
私が大人になって思ったのは
「マルコのお母さんって、病んでる設定なのにすごく体が大きくて元気そうだなあ。。。」
ということでしょうか(笑)

380さん
ハウスのあの番組って、楽しい中にも涙あり、みたいなお話が多かったですよね。ラスカルとか・・・
ラスカルのOPの英語の部分は大人になった今も、未だに聞き取れません。

puririさん
『ひとつ上の雲』ですか!ひねってますね~!私は「ひとつ旅の雲が」だと思ってました^^

マルコはエンディングもいいですよね~。明るくてv-238
私は大人になってイタリア語を勉強した時に
♪母さんおはよう ボンジョルノ ミア マードレ
という歌詞を不意に思い出し、『子供番組やのにイタリア語使ってる~!!!』と感心しまくった記憶があります。
【2006/12/26 Tue】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
「ひとつかみのくもが~♪」部分をずっと一つ上の雲の事だと思ってました。
一掴み、なのですよね?
途中一緒になった旅一座の人たちがステキな人ばかりでしたね~。
子供の頃も泣きながら見たものですが、今見たらもっと泣いてしまうんだろうな~。
【2006/12/26 Tue】 URL // puriri #- [ 編集 ]
悲しい話や辛い話は果てしなく苦手なので、あまりきちんと見てなかったなあ……。
OPは嫌になるくらいよく覚えてますが(^^;
【2006/12/26 Tue】 URL // 380 #p71T3McU [ 編集 ]
こちらでは、はじめまして!
なのにこのネタでデビューですみません(笑)。

マルコ、見てましたよー。
毎朝学校に行く前からばあちゃんと二人で号泣でした。
ご飯食べる手が止まったまま泣きまくってましたね(^^;。
あのアニメを朝からやるのが間違っているだろ~と、
大人になった今は思うんですがどうでしょうか?

ぽちっとしてから帰ります!
【2006/12/26 Tue】 URL // しろちさ #r4sbyV/Y [ 編集 ]
あの~このネタ旅日記でないような気がしますけど・・・

おいらはかつてペーターと遭遇しました。ハイジはいなかったけど。
このことは近々旅ブログで紹介します。

ではメリクリ&ハッピーニューイヤー
【2006/12/25 Mon】 URL // I田 #- [ 編集 ]
はてるまさん、メリークリスマスです。
ここのところちょっとバタバタしていて、なかなかコメントできませんが、しっかり読んでますよ~
ヘレスといえば、私が初めてのヨーロッパ添乗で、スペイン周遊した時に、シェリーの工場に行ったことを思い出します。
初めてなのに、専門用語バリバリ、スペイン語ナマリ100%の英語を通訳させられて、泣きたい気分で・・・・
【2006/12/25 Mon】 URL // vivnyanco #0YmmGfOY [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/321-140c8c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //