気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Suore Cannosianoには各停の1番ではなく、

同じ路線の快速・82番が便利。

82番に乗ればサン・マルコ駅(停船所)から4つ目でジューデッカ島に着く
「歩き方」にはヴァポレットでは大荷物の乗船には別料金が発生する と書かれているけれど、タヌ夫さん(キャスター付きリュック)とプリンスを持ち込んでも何も言われないところを見ると、相当な大荷物でなければ別途運賃は発生しないのでは?

ヴァポレットに揺られながら、運河の水面から建物がにょきにょき生えているのを見た。
ヴェネツィアの建物の「下」「土台」って、一体どうなってるんだろう??

水面からは建物の壁が見えている ってことは、水面下のどれくらいの深さから建ててるんだろう??
なぜ建物が沈まないのだろう という疑問がふつふつと湧いている間に

ヴァポレットはジューデッカ島に到着

ヴァポレットを降りたところにいた、地元の人っぽいシニョールに「歩き方」のSuore Cannosianoの住所を指差して「ここに行きたい」というと、丁寧な道案内をしてくれた。

ジューデッカ島にはSuore Cannosianoの他にも大きなユースホステルがあるので、そちらと勘違いされていないかな?とちょっと心配だったけれど、シニョールの教えてくれた通りに歩くと無事に着いた。

ついにここが

「イタリア最後の宿」になるんだなあ。


うーーーむ感慨深い。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< 予想外。 // HOME // 移動手段。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/2385-707ddbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。