気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「歩き方」によると、マテラのサッシには

戦後の農地解放前の

小作農民が住んでいた


当時は電気も水道もなく、貧しく、現代の文明から取り残された人々の住居だとか、今ではこのサッシの半分は無人で、白昼の散歩を楽しんだ時にも不気味さが残った とか、
「もしあなたが、今はない、イタリアからアメリカにたくさんの移民を送り、貧しく、古臭く、文盲も多かったかつての南イタリアを感じてみたいなら、マテーラに行くことをすすめたい」と、「歩き方」ではひどいまとめ方をされている。

ガイドブックに「不気味で古臭い町」って紹介されて、

ココに行きたい!と思う観光客がいるかしら。

マテラを担当した記者だかライターだかはこの町に何か恨みでもあるのだろうか??

こんな風にさんざんな書かれっぷりのマテラには、実は13世紀にドイツの王・フリードリッヒ2世がこの地方を愛した為、短期間ではあるけれど文化・芸術が花開いた頃もあった

(と、「歩き方」自身がフォローしていた)


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< ラピュタのモデル。 // HOME // 大荷物。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/2276-014cb79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。