気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観光客(というか議員以外)が入館、見学させてもらえるのは

ノルマン王たちの居室部分

寝室に使われていたノルマン王・ルッジェーロ王の間の壁画は狩猟場面や植物などの華やかなモザイクで飾られている。
このモザイクがまたキンキラキンで

ものすごくまばゆい!

金色のみならず、多色使いのモザイクは色彩も構図もすばらしくて華やかで豪勢なことこの上ない。

華やかなモザイクに圧倒されながらノルマン王宮の奥に位置するパラティーナ礼拝堂も見学。
この礼拝堂はノルマン王・ルッジェーロ二世が1130年から13年の歳月をかけて造ったもの。ノルマン王宮の玄関を入り右手にある広い階段をつきあたりにある部屋で、壁・祭壇の全てが金色を主体にしたモザイクで飾られている。

聖書のエピソードとキリストの弟子たちがテーマになったモザイクにも、天井と柱の模様にもふんだんに金色が使われていてきらびやか。天国というよりも極楽浄土のような感じもする

クジャクやライオンなど、

イタリアっぽくないモチーフもそこここにあるのがいかにもアラブ風だなあ。
(イタリア本島でピエタや聖母子像を見慣れた目にはかなり違和感があるけど)


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< 分かりにくいたとえ。 // HOME // ノルマン王宮。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/1824-2f9ad7af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。