気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調子よくラッテマッキャートをごちそうになってBarを出、ヴェスーヴィオ登山バス乗り場に着くと・・・さきほどBarのシニョールが言っていたことが正しかったようで、

待てども待てどもバスが来ない。

通りがかりのシニョーラに「ヴェスーヴィオまでのバスが来ません」と訴えると、「今日はバスがない日だと思うよ」とのことで・・・

あらま。

でも今更あのBarに戻って「タクシーで連れてって」ってお願いするのもシャクだなあ。
せっかく来たことだし、何もないと知った上でエルコラーノの遺跡でも見に行こうかな。

遺跡はエルコラーノ駅から徒歩500mくらいのところにある。一瞬のうちに火砕流に飲み込まれた町は、パン屋・穀物屋さん跡や家の骨組み・テーブルやベッドの木材の炭化したものが

当時のままの姿で残っている。

3本の大通りで分割されている遺跡の見どころは、フォロの浴場(モザイク画が見事)、ネプチューンとアンピトリティスの家(こちらにも色彩豊かなモザイク画が)、ポンペイの赤で描かれた壁画が残るアウグスターレの学校などなど。
GIOVANNIみたいに女の子大好き!な係員はいなかったので(一般的な係員も見かけなかったけど)自分のペースでのんびり見学できた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< ボリューミィ。 // HOME // エルコラーノにて。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/1757-600a7e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。