気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

ポンペイもナポリと同じく雨模様。
ポンペイ

ジェノバの強風で骨がひん曲がった折り畳み傘・・・周遊鉄道に乗る時に強引にたたんだので更に具合が悪くなった傘をさし、サルノ駅からポンペイの遺跡を目指して歩き始めた。

紀元1世紀のある日、火山灰に覆われてしまった町。
遺跡を見学するにはミステリ駅近くのマリーナ門かポンペイ駅(国鉄のポンペイ駅は遺跡から少し離れている。今言ってるのはは周遊鉄道の駅)近くのサルノ門から入る。

ヴェスーヴィオ火山の大噴火により一瞬にして閉ざされたポンペイ。
サルノ門からローマのコロッセオのような野外劇場を通り(このあたりで既に道に迷ってしまい、遺跡の見どころをめざして歩いているのにたどり着けない・・・)、日本人が大挙している建物を見つけたので

『きっと有名な場所に違いない』

小走りで近づくと、予想通り!

ポルノまがいの魔よけのフレスコ画がかなりいやらしい「ヴェッティの家」だった。
現代の技術をもってしても再現できない独特の赤茶けた色調は「ポンペイの赤」と言われるとっても貴重なものなのだそう。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< 遺跡散策。 // HOME // ポンペイまでのみちのり。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/1741-7fa3eaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //