FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

コーフンしながらレボチャ到着。
今朝頭に叩き込んだ地図が正しければ、町の中心地(お店とかお宿とかがある賑やかなところ。田舎の駅前ってほんとに周りには何にもない)は駅からすぐ近く、のはずだった・・・のに!

20060208234535.jpg

↑レボチャの建物。  

バス停1.5ケ分くらいの距離の坂道を上ってもまだ中心地に着かない。。。私があまりにもヒーヒー言ってたからか、地元の小学生ぐらいの女の子が「どこ行くの?(と言ったような・・・)」と聞いてくれたので「チェントルム(中心地)かホテル」と答えると、私たちの立ってる場所のすぐ右手にホテルがあった。ちょっと恥ずかしかった。
女の子に「デクイー!(ありがとう)」とお礼言ってホテルに入ると、フロントにおばちゃんと女の子が二人いてべしゃべしゃ喋ってる。ザ・安宿のフロントって感じ。1泊いくらか聞いたらSK480と。高い!!2泊したらいくらになる?3泊したら?と交渉の末、3泊するので1泊SK440に下げてもらって手打ち。

20060210015159.jpg

これが今日から3泊するお部屋。
暖房はとってもよくきく。

荷物置いて身軽になって、更に坂道を上ると、おおキレイそうな教会やお高そうなホテルが!中心地以外にも近くの山の上には教会らしきものも見える。余裕があったらあの教会にも行ってみよ、ちょっと遠そうやけど、などと思いながらぶらついてたら、

あった~観光案内所

 中には英語が通じない観光案内所員(でもよさそうなお姉さん)がいて、

「スピシュ城に行きたい」


と伝われと祈りつつ、いつものように会話集と今回は薄っぺらいガイド本のスピシュ城の写真なんかを見せてみると、スピシュカ・ノバ・ベスって町から、スピシュ城のある村と時刻表を手書きしてくれた。
 スピシュ城ってバスの発着所からすぐ?って聞くつもりでスピシュ城の写真見せながら、お姉さんが書いてくれたスピシュ城のある村の地名を指差しながら、もう片方の手で会話集の「歩いていけますか?」のセンテンスをコレ!コレ!と指差し確認して、返ってきた答えは

「CLOSE」

え?クローズって言った?スピシュ城の写真指差して「クローズ?」って聞いたら、「NO(YESのこと)」やって。。。
 
 えーーーせっかくここまで来たのに~!!いつ開くの?ってまた指差し確認指差し確認したら、なんと1ヵ月半も先らしい。そんなにはレボチャにいられなーーいい!私があまりに打ちひしがれたせいか、お姉さんはスピシュ城の写真のスピシュ城の塀のあたりをぐるっと丸で囲って、その丸を指差しながら「OK!OK!」と言って慰めてくれた。お城の周りなら見られるってこと・・か???
 
 ガッカリしながらもせっかく親切な人がいる観光案内所やし、もしかしたら国際列車の時刻表も見せてもらえるかも、と思い、スロバキアを通らずにポーランドからチェコに入れる電車電車、って探してたら。

見つけた!

KATOWICE(ポーランド)から

PREROV(チェコ)に入る電車~!


これでスロバキアに再入国せずにすむ→国境警備隊(?)に捕まることなく国境越えられる~!!

 念の為さっきの親切なお姉ちゃんに、KATOWICE~PREROV間の駅名を指差して、「スロバキア?」って聞いたら「ネ(英語のNO)!」とのこと。スピシュ城が閉まってて悲しかったけど、探してた電車が見つかってよかった・・・人生苦あれば楽あり。



  ↑
いつも長文&不鮮明な画像におつきあい頂き、ありがとうございます。
   クリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
人気blogランキングへ
  ↑お気に召しましたらこちらも1クリック!
   よろしくお願いしまあす。
    
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< スピシュ城への道。 // HOME // スピシュカ・ノバ・ベスからレボチャへ。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/14-35e6796d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //