FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

 アルカサバで「ここをアルハンブラと比べるなんて!」と少しプリプリした後、Maraga(マラガ)のセントロ(中心地)まで戻り、カテドラルとピカソの生家も見学してみた。

 このカテドラルもとにかく大きい!天井にも彫刻で色々と柄がついてて賑やかしい。
 ムチムチした感じの「聖セバスチアンの殉教」えらい筋肉質なキリストが印象的な「ピエタ」などなど、肉感的な彫刻に目を奪われながらも興味は賑やかしい天井に向いていた。

 聖堂前のベンチに腰掛けて、ヒブラルファロやアルカサバから見下ろしたマラガの街の広さや海の青さ、海岸沿いに広がる大きな公園なんかを思い出してニヤついていた。晴れた日に海を見下ろしてぼーっとしているだけで嬉しいなんて、私ってほんと海が好きなんだなあ。

きっと前世は船乗りか海人だったに違いない。

 一方ピカソの生家は入場料無料なだけあり、ごく普通の建物で、看板がなければ多分見過ごしてたと思う。あれでお金を取られたらここで悪口のひとつも書いてるだろうけど、無料だから許す。

 隣の建物に「ここがピカソの生家です」って看板が出てでも違和感がないくらいの「観光名所」だった。ポーランドでキュリー夫人の生家を見学した時はあんなに感動したのに・・・。ブラブラ放浪しているうちに感受性が鈍ってきたのかも。

 Barでお昼の休憩時の定番、カフェ コン イエロ(アイスコーヒー)など飲んで1日マラガを歩き回り、満足して帰りのバスに乗り込むと・・・オジジとオババで超満員のバスの中は恐ろしいくらいの大騒ぎ。

 おじいさんもおばあさんも、お天気のいい日に観光できてテンションが上がってるのは分かるけど、騒がしさが尋常じゃない。すっごい大声でおしゃべりしてたり、いきなり歌を歌いだすおばあさんがいれば、席に座ったままバスの運転手さんに何か話しかけ、無視されたら

「運転手!返事しろ!!(多分)」

って怒鳴りだすおじいさんがいたり。

 日本の女子中高生(この人たちも腹に据えかねるくらい騒がしいけど)どころのレベルじゃない。
 どうせ残り少ないこの余生、ここを先途と騒ぎ倒してやる!って感じの騒がしさに、「これがラテンの血か・・・」と感心したり「あんたら黙ってたら死ぬんか!ちっと静かにできへんか!」と毒づきたくなったり。

 海岸沿いを走るバスの中での1時間と30分間はまさに苦行。フリヒリアナに戻った時は心底ホッとした。ああ疲れた・・・。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< エステポナにやって来た。 // HOME // ヒブラルファロとアルカサバ。 >>
雄平さま

そうなんです。ハンガリーからスペインまで、
ウロウロしっぱなしだったんです。。。
ロシアに行かれたんですよね。羨ましい!!
エルミタージュには一度行きたいと思っていますが、
なかなか実現できません・・・。

副社長さま

コメントありがとうございます。
バスの中のおじいさんとおばあさんたち、
ほんとにものすごい騒ぎっぷりだったんです。
副社長さんにもぜひぜひ体験していただきたいものです!!
【2006/06/19 Mon】 URL // はてるま #- [ 編集 ]
こんにちわ
雄平です。コメント、ありがとうございました。

>隣の建物に「ここがピカソの生家です」って看板が出てでも違和感がないくらいの「観光名所」だった。ポーランドでキュリー夫人の生家を見学した時はあんなに感動したのに・・・。

すごいですね。ポーランドにもいらっしゃたのですか。
カテゴリを拝見すると、スペインからハンガリーまでずらりと並んでいたのにはびっくりしました。
わたしも、スペインはマドリードにいきましたが、ほかにも行ってみたいですね。つい最近は、ロシアのサンクトペテルブルグとモスクワにいきました。

では、また。
【2006/06/18 Sun】 URL // 雄平 #Tj4FbPWQ [ 編集 ]
ご訪問、いただきありがとうございます。
旅行、うらやましいです。
臨場感が伝わってきます。

「これがラテンの血か・・・」

感じてみたいです。
【2006/06/18 Sun】 URL // 副社長 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/135-b4e6abca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //