気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私にはなんだかよく分からない映画でもスペイン語の吹替えなのでおじいちゃんたちはよく理解できたらしく、映画を観終わった後は2人でさかんに映画談義に花を咲かせている。
私が一緒にいなくても二人で楽しく話して盛り上がっているので、時間は早かったけれど「おやすみなさい!」と挨拶をしておじいちゃんたちと別れた。

ブルゴスの町の中心に戻ると、馬に乗ったエル・シドの銅像があった。
マントを翻して長い髭をたくわえたその像は、勇壮ではあるけれど

かなり「老兵」の風情がある。

どうせ建てるならもっと「全盛期」っぽい銅像にすればよかったのに・・・。と思っていると、「歩き方」のコラムにエル・シドの略歴?が載っていた。

コラムによるとエル・シドはブルゴス近郊のビバール市生まれ。カスティーリャ王サンチョ二世の臣下として頭角を現すが、サンチョ二世に続く王アルフォンソ六世に疎まれ、カスティーリャから追放される。にも関わらずアルフォンソ六世に忠誠を誓ったエル・シドは各地でイスラム教徒と戦い、レコンキスタ(国土回復運動)の英雄となったが、その功績が認められ、再びブルゴスの地に

その名を轟かせたのは彼の死後のことだった


死んで花実が咲くものか。死んでから国民栄誉賞を授与されるようなものだ。いくら功績が認められても本人が亡くなってたなんて気の毒。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキングゥ~
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

<< 再会。 // HOME // トト気分。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hateruma.blog38.fc2.com/tb.php/1005-2de71781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。