気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜売りのシニョールの婚約者自慢は更に続き、やっとひと呼吸ついたので
「で、その婚約者は今の奥さん?」と聞いてみると
「いやいや、彼女はとても美人で愛しているから婚約したんだが、日本に子供がいるのが分かったので結婚せずに別れたんだ。
今はどこにいるかも分からないけれど、もし日本に住んでいるならカターニアのマリオが

『今でも愛してる』

言っていたと伝えてくれ!!」
とのこと。

・・・そんな無茶な。
いかに日本が小さな島国とはいえ、名前だけを頼りに女の人を一人探し出すなんて無理無理!


「できないと思う」と言っているのに、野菜売りのシニョールは無理やり私にメモを出させて元婚約者の名前を書き込み、
「シニョリーナが彼女に伝言をしてくれるのを信じているよ!!」と、これまた無理やり

売り物の野菜を私の手につかませた。

昨日は魚で今日は野菜か・・・

明日はお肉をくれる人が現れるかもしれない。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

律儀な私はそれでもパパーの言いつけを守り、メルカートには行かないことにした。
その代わりに、Europensioneの近くにあるトラットリアで酔い覚ましにスプレムータでも頂こうかなぁ

トラットリアで飲み物だけ注文するのはアリなのか?Barに行けよ!とは思われないのだろうか と考えながら歩いていると、いつも見かける野菜売りのシニョールが通りの向こう側から

「こんにちは、シニョリーナ!」

大きな声で挨拶をしてくれた。

せっかく声をかけてくれたんだし、ちょっと寄り道してみようか。
メルカートの魚屋さんじゃないから、パパーも見逃してくれるでしょ。

野菜売りのシニョールは、私が近づいていくと

「シニョリーナは中国人?日本人?」といきなり質問。

日本人です と答えると「シニョリーナは学生だろう?日本では学生も婚約するのか?俺は学生の頃に日本人のすごい美人と婚約したんだが、彼女は本当にキレイだった!!」
ひとしきり婚約者について自慢しはじめた。

外人が褒めるところの「すごい美人」の日本人って、

小野小町みたいな感じでしょ

話半分で聞いておくことにしよう


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

そっか、もしオンシーズンの繁忙期で予約が入っていたら、
「ショーペロだから延泊させてください」って言っても,Europensioneには泊まれなかったかも。。。

パパーに改めて「1泊延泊させて下さい」と言うと、
「2泊でも3泊でも延泊しなさい。

今日も14時からランチを一緒に食べようね

それまでこのあたりを散歩してみなさい。ああ、でも

メルカートの魚屋には

近づいちゃいけないよ


返ってきた。

お昼ゴハンの為に、魚屋さんで何かもらって来なくていいの?とニヤニヤしながら聞くと
「お昼の材料はたっぷり準備しているから!魚屋には近づかないようにね」と、わざわざ玄関まで見送りにきてくれた。

本気で私が魚屋さんにナンパされないか心配してるみたい。

面白くていい人だなあ、パパーは。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

列車がダメならバスがある!

気がついたのでバスターミナルに行ってみると

カターニアにはこんなに人がいたんですね

ってくらい、黒山の人だかり。
長蛇の列に並んで、やっと案内所の窓口にたどり着いたと思ったらいきなり私の番に

「chiuso(閉業中)」の札が出る

ってどうなってるの、これっ!!!
しばらく待っていたけれど、chiusoの札を下げる気配は全くない。更に私の後ろに並んでいる人たちがわーわー騒ぎ始めて、忘れかけていた二日酔いが復活してきた。
わーん、目が回りそう。


・・・こりゃ今日の観光も明日の移動も無理だなあ。
ああ、いくら居心地のいい宿とはいえ

カターニアに6泊もすることになるとは。。。

旅って予想外のことが起こるね。


元気をなくしてEuropensioneに戻ると、洗濯の途中のラウラもダイニングで新聞を読んでいたパパーも
「シチーリアではショーペロなんてよくあることだから。元気を出して!!」
「部屋も空いているから、ショーペロが終わるまでここに泊まればいいんだよ」
と口々に慰めてくれた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ショーペロって!!!

さあ困った困った。
今まではうまくタイミングを外して移動していたのに、まさかシチーリアはまるとは。。。


まずはショーペロの期間を確認する為にカターニア駅に行ってみた。
Europensioneを出て駅に向かいながら、

顔も洗っていないことに気がついた

それほど余裕がないのだ今の私は。

ショーペロとは・・・ストライキのことで、今のイタリア交通事情は分からないけれど私が放浪していた頃は

結構頻繁に行われていた。

間引き運転や出発時間の遅れなどのケースが多いけれど、それでも駅ごとに遅れは加算されるので、列車に乗れたとしても目的地に着くには

通常運転の2倍くらいの時間がかかる

思っておいた方がいい。
全面的なショーペロは少ない、と「歩き方」に書いているのを信じてカターニア駅の案内所に行ってみると、

うわぁ、今日明日の2日間、

全面的なショーペロ実施だって。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
・・・完璧にふつかよい。気分わるー。

フラフラしながら窓の鎧戸を開けると、おお、なんという晴天。絶好の行楽日和だ。私はこんなに気分が悪いというのに。嫌味な天気だなあ。

私と正反対に元気いっぱいのパパーがいるダイニングに行き、「おはようございます」と挨拶をすると

「おはよう!

今エスプレッソをいれるよ!」
と今朝もごちそうしてくれる様子。

ううう、胃も重いし、いまいちエスプレッソを飲みたい気分じゃないけど・・・
でもお断りできないのは私が日本人で、かつ口が卑しいからだ、多分。


普段よりも更にボーっとしている間に、これまた元気よくラウラが出勤してきた。
「ハテルマ、おはよう!!」と挨拶をしてくれたので「おはよう・・・」とややどんよりしながら返事をした。

昨日パパーが
「ハテルマがもう少し早く帰ってくればよかったのに」ブツブツ言っていたのをラウラも覚えていたようで、「ハテルマ、今日はあまり遠くには行けないわね」と言う。

うん、でも早く帰ってくるように気をつけるし。
明日でカターニアも最後だから、今日はタオルミーナに行こうと思ってるんだけど
  と答えると

「タオルミーナは無理じゃない?ショーペロだから」とのこと。

えええええーーー!!!ショーペロ?!!!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

カニエは明日も仕事なので(いやいやパパとて

ペンシオーネの主という

れっきとした仕事を持ってはいるけれど)、23時前には自分の部屋に戻っていった。
ゲームのルールは分からないけれど、明らかにカニエがパパーに支払った金額の方が多かったなあ。

悔しさを忘れて、ぐっすり眠れればいいけど。

ちょっとだけ儲かったパパーはゲーム中よりもご機嫌がよくなり、小魚のフリッターを完食した私にミックスナッツやチョコレートを出してくれた。
おまけに

「さっきのよりもおいしいよ」と、

新たなVino(ワイン)まで開けてくれて、サービス満点

コインと小額紙幣しか受け取っていなかったみたいだけど、実はカニエ、パパーにみぐるみ剥がされたのでは??
明日カニエにこっそり「パパーにいくら負けたの?」って聞いてみよう。

新たに開けてもらったVinoはたしかに1本目よりも爽やかで飲みやすい。
パパーも楽しそうに「ハテルマ、ずっとカターニアにいなさい」というので、
酔った頭で「それもいいかな。ニコラと結婚してパパーの娘になったりして!」なんて考えるくらい、気分がよかった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

明日は早く戻る宣言でパパーのご機嫌も直ってひとあんしん
ラウラが「ハテルマ、じゃあまた明日ね!」と手を振って家に帰っていくのを見送り、
リビングダイニングに戻ると、パパーとEuropensioneの常連のシニョール(蟹江敬三に似ているので勝手にカニエと命名)がカードゲームに興じている。

イタリア人のシニョールたちが集まると

よく遊んでいるヤツ
だ。

上機嫌なパパーが手早く小魚のフリッターを作ってくれて、更にVino(ワイン)までふるまってくれたので、ワインをチビチビ飲みながら

パパーとカニエの勝負を見物


カップカップ騎士、ときて次も騎士?と思って見ていると、おもむろにカニエが剣を切り、パパーが

「マンマミーア!!!」と悔しがる。

次の勝負ではカップ・騎士・騎士の3枚で切ったカニエに対してパパーがカップを1枚切ってニヤニヤ笑い、カニエが無念そうにパパーにコインや小額紙幣を渡している。

おっ、真剣に賭けてるのね。

パパーとカニエはお金がかかっているせいか、かなりの集中力なので話しかけるスキがない。
交互に剣・騎士・カップの3種類のカードをテンポよく切っていくだけ 

なのに、ルールが全く分からない。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

エンナの観光案内所の職員さんは本当にバスターミナルまで一緒に来てくれて、バスの運転手さんにも
「彼女はカターニアで降りるの、

声をかけてあげてね!」
と念を押してくれた。

エンナで出会った人たちも、ピアッツァ・アルメリーナで出会った人たちも親切だったなあ。。。小さな町だけど、素通りしなくてよかった。いい思い出ができたよと、
余韻に浸りながらEuropensioneに戻ると、パパーがいきなり

「ああハテルマ!!

もう少し早く帰ってくればよかったのに!!!」


大きな声で残念がっている。

パパーどうしたの?とラウラに聞くと、
「珍しくニコラが仕事帰りに立ち寄って、ついさっきまでここにいたのよ」とのこと。

・・・パパーの

「ニコラとハテルマを仲良くさせよう大作戦」

まだ続行中らしい。
パパーが「もう少し早く帰ってくれば」「もう少し早く帰ってくれば」といつまでもブツブツ言うので、気の毒になって
「明日はもっと早く帰ってきます」と約束してしまった。
ほんとにパパーの娘になった気がしてきた・・・。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

カターニアに戻るバスが出るまで少し時間があったので、観光案内所行ってみた。
まだ営業中なのに(午前中と同じく)観光客がいなかったので、親切な職員さんに
「今朝はありがとう!ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレはとてもよかったです」とお礼を言うと、

「わざわざお礼に来てくれたの?!

ありがとう!!」
と喜んでくれた。

人様のご好意に好意で返せば、先方もこんなに喜んでくれるのだ。嬉しいなあ

観光案内所の職員さんはニコニコしながら
「帰りもバスなの?バスターミナルまで送るわよ!」と言ってくれた。

ピアッツァ・アルメリーナに向かう時にも観光案内所を留守にしてもらったのに、いいのかなぁ??
「観光客が来たら、その人たちが困るんじゃないの?」
と 日本人らしく遠まわしに遠慮をすると
「カターニアへのバスを見送るだけなら、15分もあれば戻ってこられるから大丈夫!
1日に2度もこの観光案内所に来てくれる人はほとんどいないんだから。

あなたはエンナの貴重な観光客なのよ!」


と笑いながら、身支度をして観光案内所のドアを閉めた。

そんなに言ってくれるなら(職員さんが不在の15分間にここに来てしまった観光客には本当に申し訳ないけど)
見送ってもらっちゃおうかな。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ピアッツァ・アルメリーナで出会ったご夫婦はお二人とも海外旅行が大好き。
ご主人のお仕事の都合で長期休暇は冬しか取れず、

毎年この時期に

イタリアやスペインを旅している
らしい。

今はイタリアで手一杯だけど、ご夫婦の話を聞いているとスペインも楽しそうな国だなあ。
物価もヨーロッパでは低い低いと言われているイタリアよりも安くて、気候も暖かくて人も陽気らしい。

イタリア人より陽気って・・・

そんな人たちとなじめるかしら
 

という一抹の不安はあるけれど、イタリアを堪能したらスペインに行ってみるのもいいかもしれないなあ。

エンナに着いて旅好きの日本人のご夫婦にカフェをごちそうしてもらい、お互いに

これからの旅を楽しみましょう!

言い合ってお別れした。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

しばらく待っているとタクシーの運転手さんは

どこからともなく戻ってきた

「もっとゆっくり見学してくればよかったのに」などと言うので、

アンタが1時間半って言ったんじゃないか 

とちょっとムッとした。
1時間半 と言われてしっかり時間を守ってしまうあたり、私もまだまだ日本人なのだ。


行きと同じく帰りもあっという間のドライブでピアッツァ・アルメリーナに戻ってきた。
カターニアへの直通バスもあるけれど、本数が少ないので一旦エンナに向かうことにしてバスターミナルで待っていると、日本人のご夫婦がやって来た

Europensioneでは毎日誰かしら日本人と出会っているけれど、エンナやピアッツァ・アルメリーナで東洋人と会うのはこれが初めて。
ご夫婦も「こんなところで日本の方に会えるなんて!」「一人で来たの?」と驚いている。

アグリジェントで会った

「(日本の住所なんて)教えなくていいわよ~~!!!」

大合唱した母娘と違って、人当たりのよさそうなご夫婦なので
エンナに戻るバスの中では前後に席を取り、色々と話をしてもらった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ビキニの乙女たちは水着着用なので

問題ないけれど

3~4世紀には恥部というか

陰部をイチヂクの葉で隠す 

という技法が確立されていなかったのか。
でも恥部というか陰部をモロに表現するのは好ましくない という意識は高かったと思われる

床面モザイクの人物(男性)の恥部というか陰部がしっかりモザイクがかかっているのを見てこんなことを考えながら(多少ニヤニヤしながら)、1時間半待っていてくれたタクシーに戻った。

戻ったのはいいけれど

・・・運転手さんがいない

おいおい、2,700円払わせて、帰りは客が運転するの?
近くにBarがあるわけでもないし、シニョールはどこかでタバコでも吸ってるんだろうけど・・・早く戻ってこないと置いてっちゃうぞ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレの中には(ガイドではなく)、モザイクの修理人?と思われる職人さんたちがチラホラ。

名前のない部屋を覗いている時に修理人さんと目が合ったので「Ciao!」と声をかけると、
Europensioneのパパーの息子・ニコラより少し年上に見える(=私と同い年くらい??)修理人さんはニッコリ笑って

「一人で来たの?よければ案内しようか?」

と声をかけてくれた。
今回はなぜか即答で「Si!!!」と答えてしまう私。我ながらゲンキンだなあ。。。

モザイクで有名な遺跡だけれど、実はフレスコ画の大作もたくさん残っているらしい。
修理人さんはあちこちの部屋を案内してくれて、マッサージの部屋では肩を揉んでくれて、お約束の「ロープの内側」にもコッソリ入れてくれた上に

「お土産だよ」と、

モザイクのかけらも持たせてくれた。

老いも若きも、気に入った観光客に対して取る態度は同じなのだと知ったヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレでのひととき。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレの入り口にいたシニョールの次のセリフは予想通り

「シニョリーナ、だからキスしていいかい?」

その「だから」はおかしいでしょう。何に続いての「だから」なのだ。

アルカイックスマイルで案内人(と思われる)シニョールをスルーし、入場料360円を支払った。
入場料を受け取ったシニョールに念のために「ガイドと一緒じゃないと見学できないの?」と確認すると、

「いいえ、どうぞご自由に!」とのことだった。

床面モザイクはたくさんのシーンが描かれていて、ビキニ着用の女の子たちが遊んでいたり、(大廊下の右手にあり、

「ビキニの乙女の部屋」と命名されている)

貴族?が猟犬を従えて猪狩りをしている狩の風景など、迫力のあるものがたくさん残っている。

ここのモザイクはローマ時代のものとしては最高のものと言われているだけあり、人物も動物も植物もいきいきとしている。

シチーリア 043


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

もうちょっと安くなりませんか?2,000円は?ダメ?
2,500円は?ムリ?じゃあ2,600円は?

え、他のタクシーを探せ??


と、値段の交渉では全く歯が立たず。
かといって「ええい、じゃあ別のタクシーを探す!!」というわけにもいかず。
しぶしぶ2台目のタクシーに乗り込み、

運転手さんの言い値

ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレに行くことにした。

徒歩でも余裕だったんじゃないか と思うくらい、あっという間に遺跡に着いてしまった・・・
タクシーから降りた瞬間にヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレの入り口にいたシニョールが
いかにも『東洋人が好きだ~!!!』というオーラを発しながら

「Ciao!!シニョリーナ!私と一緒ならロープの中にも入れてあげるし、見学した後でモザイクのかけらもあげるよ。ガイド代はいらないよ!!」と言って近づいてきた。

・・・デジャヴだ。ここはポンペイ??シニョールの名前はGIOVANNI?
続くセリフは


「だからほっぺにキスしていいかい?」

でしょう、きっと。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

観光案内所を出て、ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレに向かってくれるタクシーを探す

ピアッツァ・アルメリーナが小さな町なので

タクシーの数が少ないのか、

セントロ(中心地)の広場なのにタクシーが1台もいない。
ベンチに座っているシニョールに「タクシーを探しています」と言うと、タクシー溜り(と言うほどは停まっていない)に案内してくれた。

2台のうちの1台の運転手さんにはあっけなくふられ、2台目(タクシー溜りにいたのは2台・・・)の運転手さんに「ヴィッラ・ロマーナ・デル」と言いかけると

「往復して、ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレの見学時間を1時間半とるよ。

待ち時間込みで2,700円でどうだ?」
と、

先方から値段と見学時間を指示された。

2,700円かあ~~~
ちょっとボラれすぎているような・・・

(観光案内所の職員さんからの、今回全く使い道のない情報によるとバスなら片道45円!)


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

町の売りとも言える見どころへのバスが不便な理由とは。

ピアッツァ・アルメリーナのセントロ(中心地)からヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレへ向かうバスは

9~11時、16時~18時の間の

一時間置きに運行。


町から乗ってきたバスがそのまま町に戻るスケジュールなので、今からバスに乗って向かうとして、ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレから戻るバスは夕方までない。

えー!と言おうとして

観光案内所の職員さんの最後の言葉にずっこけた
「バスは5月1日~9月30日のみの運行なので、今はタクシーでしか行けませんよ」

・・・それを先に言ってくれなきゃあ。
バスで行っても帰りは歩き??なんて心配、全く無用だったのに。。。


ちなみに、バスならセントロからヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレまでは片道15分だそうです。
今回全く使い道のない情報をありがとう、職員さん。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

1950年に発見された「ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ」は

3~4世紀のローマの遺跡

広さ4,000平方メートルもあるヴィッラには、

床面のモザイクが40面以上も残されているらしい。

モザイクといえばポンペイを思い出すなあ。
下心満載のガイド、GIOVANNIは今日も元気に日本人観光客をナンパしているのかなあ。。。


などと考えながら、観光案内所の職員さんにヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレへの行き方を聞いてみると、

これがなかなか手ごわそう

ここからヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレまでは約5km。歩けない距離ではないけれど、丘を越えていくので実際の距離よりも大変らしい
テクテク歩いてたどりついたら更に4,000平方メートルの敷地内にある床面モザイクを探してテクテク歩くと。

・・・徒歩は早々に却下して、バスのオラリオ(時刻表)を教えてもらおう

職員さんに「じゃあここから出るバスは」と聞きかけると、申し訳なさそうに
「シニョリーナ、バスも不便なんです」と言う。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

エンナの観光案内所の職員さんは

(他に観光客がこなかったからかも

しれないけれど)


カフェを飲み終わるとバスターミナルまで一緒に来てくれて、
バスが出るのを見送ってくれた。

窓側に座ると日差しが強くて暑いくらいにいいお天気。
Europensioneを出ようとした時、

パパーが「今日は寒くなるよ」と言ったので

上はババシャツ・カットソー・セーターを重ね着、下はタイツ・ハイソックス・パンツの重ね着でコロコロになっているのでかなり暑い。

バスの中で脱ぐわけにもいかないので、汗をダラダラかきながら移動すること約45分。
エンナから約35km離れたピアッツァ・アルメリーナに到着。

3つの丘にまたがるピアッツァ・アルメリーナにも観光案内所がある。Via Cavourにある観光案内所で町の見どころを聞くと、
職員さんが

「ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレですね」

教えてくれた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シチーリアの展望台 と呼ばれているエンナ
シチーリア 042

は小さな町だけれど、Via Romaに観光案内所にいたのはとても親切な職員さん。

町一番のみどころ、カステッロ・ディ・ロンバルディアが工事中で入れないことを教えてくれた時に、思わず

「せっかく来たのに~~!!」

と日本語でこぼすと、

「せっかく来てくれたのにごめんなさいね。お詫びにエンナの絵はがきをプレゼントするわ」となぐさめてくれた。

機嫌よく「ありがとう!」と絵はがきを受け取った上に、ずうずうしく「エンナの近くに見どころはありますか?」と聞いてみると、親切な職員さんはエンナからバスで45分くらいで行ける

ピアッツァ・アルメリーナという町を

教えてくれた。

更にバスのオラリオ(時刻表)も調べてくれたし、
「バスが出るまで少し時間があるし、私も飲みたいからついでに」と、カフェまでごちそうしてくれた。

昨日からシチーリアの人には親切にされっぱなしだ。ラウラには「カターニア男には気をつけなさいよ!!」って何度も言われたけど、相手が女性でも(しかも若くてキレイ)こんなに優しくされたらクラっときちゃうね。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。

パパーやラウラやニコラと楽しい時間を過ごして、

久しぶりに食事もおいしく取れたので

ぐっすり眠って気分よく目が覚めた。


辛いことがあったけれど、放浪ももうやめてしまおうかと思ったけれど、このタイミングでカターニアに来て、Europensioneに5泊することになったからたくさん慰められて立ち直れた。
イタリアに来てから今日まで色々あったけれど、Europensioneに泊まることにしたのはその中でもかなりラッキーなことだと思う。

新しい町に着いて、いつも何気なくしている宿探しにも運や不運ってあるのかもしれない。
今、もしローマのRosaみたいな宿に泊まっていたら・・・おばあちゃんの訃報を聞いて、すぐに日本に帰国していただろう。

パパーやラウラと出会えたのは偶然だけど、

運命だとも思う。大げさだけど。

Europensioneで出会えた人たちにたくさん感謝しながら、ダイニングに向かうとパパーが笑顔で「おはよう!」と挨拶してくれた。
そんなことでも嬉しくて、「今日はどこに行くの?」と聞かれて「エンナ」と答えながら、ちょっと涙を流してしまった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ニコラと私が2時間ほどパパーとラウラのおもちゃになっている間に、ニコラのお昼休みが終わる時間になったらしい。
パパーは

「ハテルマ、

今夜はニコラとピッツェリアに行くんだよ!」


満面の笑みで言いながらニコラを職場に送って行った(と思う)。


たくさん笑ってたくさん食べたおかげで、今朝の頭痛も食欲不振もどこかに飛んでいってしまった。
パパー、ラウラ、ニコラ、ありがとう。
Europensioneに泊まることにしてほんとによかった。


食器洗いを手伝ってから公衆電話BOXに向かった。
自宅に電話をかけ、
「まだ日本には帰れへん。もうこれで充分 って思うまでこっちにいる」と言うと、母親も

そう言うと思った

この間も言うたけど、もうおばあちゃんのことは気にせんでもいいから、ってみんな納得してくれてるから。体にだけは気をつけて」と言って軽く笑っていた。

体に気をつけて、これからはもっとマメに電話もかけるようにします。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

あくまで冷静なニコラがポツポツと話すところによると、年齢は26歳で、カターニア空港で働いているらしい
一応私の目を見て喋ってくれるところから判断するに、東洋人が嫌いじゃなく、

イタリアでは希少なシャイな男の子なんだな

きっと。


ニコラが私に話しかけると、それまでラウラと談笑しているパパーが突然話すのをやめてじっと私たち2人を見つめる。
その態度は

シャイなニコラには逆効果

なんじゃないか
 とも言えず。
ラウラも
「メルカートにいる調子のいい男たちより、マジメなニコラの方がハテルマにお似合いよ。イタリアの男には本当に気をつけないとダメよ!」なとど、楽しそうにちゃちゃを入れる。

夜行列車で一晩中口説き続ける男や、半裸でコンパートメントから飛び出してくる男がいる国だもん、ニコラみたいにシャイで真面目(そう)な男性って珍しいから、みんな扱い方が分からないんだ 多分。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

パパーのてきぱきした調理と、ニコラの淡々とした調理のおかげで私はほぼ何もせず

大皿に山盛りの魚のフリット、そしてこれまた大量のベーコンとにんにくのパスタが出来上がり。ラウラが手早くサラダを作ってくれて、

豪華なお昼ゴハンになった

食事の間もパパーの「ニコラとハテルマをくっつける大作戦」は続行中。
「二人は向かい合って座るように!」とか「ニコラ、どんな仕事をしているかハテルマに説明しなさい」だとか、「ハテルマはもう今日はどこにも出かけないから、ニコラの仕事が終わったら夜は2人でピッツァでも食べに行きなさい」と、もううるさいくらい。

それを見ているラウラも楽しそうに
「ニコラ、早く約束しておかないと。ハテルマを気に入ってる男性は、

カターニアにはたくさんいるのよ!」
と、

メルカートでエビをもらった話を始めた。
それを聞いたパパーが身悶えしながら
「おお、ハテルマ!明日から

一人でメルカートに行かないでおくれ!」


言い出したのがおかしくて、飲みかけていたワインを吹き出しそうになった。

カターニアの人って、役者みたい!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Europensioneのシニョールは、

やたら私とニコラを仲良くさせたがる

自分が魚のフリットを作るから、ハテルマとニコラはパスタの係だよ、と勝手に役割を分担し
「ハテルマは鍋に水をたくさんいれて!」
「ニコラ、スパゲッティーニが入っている棚は分かるだろう。いれものをハテルマに渡して、ハテルマ、5人分出して」
「ハテルマ、ニコラに塩をとってあげて!」
「ハテルマ、スパゲッティーニの茹で加減をみてあげて!」


と、別に私がしなくても。ニコラにさせればいいんじゃない? と思うことまで細かく指示を飛ばす。

ノリノリのパパー(私が何度も「シニョール」「シニョール」と呼んだら

「パパーと呼びなさい」とこれまた指示された)


と比べると、ニコラはいたって落ち着いていて、淡々と料理をしている。
「この人東洋人のこと嫌いなんじゃないの?」ってぐらい、私を見ようともしないし。

どうもパパーだけが空回りしてるように思えてならないんですが。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ラウラが忙しそうなので邪魔をしないよう部屋に戻り、朝干した毛布を取り込んでいると、Europensioneのシニョールが戻ってきた気配。

エビの件を話そうとドアを開けると、
わ!シニョールと一緒にいるのは、シュッとした男前!!!
歳の頃20代半ばって感じかなあ。

私よりは若いような気がする


シニョール2、男前8の割合で視線を左右に泳がせながら、「メルカートでエビをもらって・・・」と事情を説明しようとすると、
シニョールが満面の笑みで
「ハテルマ、これは私の息子のニコラ。ニコラ、こちらはペンシオーネのお客のハテルマ。シンパティカな日本人のお嬢さんだよ」とお互いを紹介してくれた。

えええええーーーーシニョールの息子さん?!!

全然似てない!!!上出来すぎだ・・・


奥さんがかなりの美人なんだな。きっとそうだ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

高かったっけ??いくら払ったかも覚えてないなあ。
いやいやいや、ちょっと待って。もしかして私、

お金払ってないかも?!!


ドキドキしながらいつも盗難防止ワイヤー付のサイフを入れているポケットに手を入れると、

サイフが入っていない。。。

エビをラウラに渡し、焦って自分の部屋に戻り、町歩き用の小ぶりなリュックをひっくり返すとサイフが出てきた。

ダイニングにもどり、ラウラに
「私そのエビのお金、払ってない!!!」と報告すると、
「メルカートでもらったんでしょ?カターニアの男は全く・・・」とクスクス笑っている。

魚屋さんのナンパの一環なんだろうか。
ラウラは「いいわよ、もらっておきなさい。

男は若い女の子には甘いのよ
って言うし。

じゃあありがたく頂こうかな。Europensioneのシニョールに、「お昼に一品増やして」って、このエビ全部お任せしちゃおう。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Europensioneに戻ると、これからどこかに出かけようとしているシニョールと入り口でバッタリ

「エビ買っちゃって」と私が言うのと同時に、
「これからどこかに出かけるかい?」とシニョールに聞かれ、「今日はもう出かけない」と答えると

「じゃあ14:00から一緒にお昼を食べよう

ラウラも一緒だよ」
と言いながら、バタバタと出かけて言った。

エビの事言いそびれたよ。とりあえず冷蔵庫に入れておいてシニョールに食べてもらうなり、ラウラに持って返ってもらうなり、後で考えよう。紙袋ごと冷蔵庫にいれていいのかな。でもサランラップみたいなの、見当たらないしなあ。。。
シニョールはとってもいい人だけど、使ってよしと言われてる冷蔵庫以外をあちこち探すのも気がひけるし。


と、弱っていると 買い物にでも行っていたのか、外出していたラウラが戻ってきた。
紙袋に入ったエビを見て
「○○(聞き取れない)をこんなにたくさん!!!

高かったでしょう!!」
と驚いている。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ラウラの掃除や洗濯を邪魔しないよう、10:30くらいにふらりと外に出た。
カターニアはからりと晴れていて、初日に食事をしたトラットリアのシニョールが大きな声で

「Buon giorno!日本人のお嬢さん!」

声をかけてくれたので、また少し元気が出た。

なぜか閉まっている教会ばかりで、「こんな時こそゆっくりお祈りしたいのに」と思いながら地図も見ずに歩いていると、大きなメルカートにたどり着いた。

魚も果物も野菜も売っていて、店番のシニョールもシニョーラも

みんな威勢がいい

こんなに大きな声で売り込みをされたら、欲しくなくてもついつい立ち止まって見てしまう。
と思いながら、ひときわ元気のいい魚屋さんの前で立ち止まったのがいけなかった。
結果的に私はなぜかエビを

袋にいっぱい受け取っていた。。。


宿の冷蔵庫については「使っていい」って言われたけど・・・
エビまで冷蔵していいの??


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。