FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

最初に向かったのは3階の絵画室。
優しげではかなげなフラ・アンジェリコの「聖母子」、

ピカソも毎日デッサンに通ったという

パオロ・ウッチェロの「サン・ロマーノの戦」、第8室に固められたフィリッポ・リッピの作品などを見学した後は第10~14室まで続くボッティチェッリの作品を鑑賞

海の泡から生まれた美女が白い貝殻の上に立つ「ヴィーナスの誕生」
ヴィーナス

は、私が死ぬほど好きなカバネルの

venus.jpg
↑「ヴィーナスの誕生」

ほどの妖艶さはないけれど、薄いガラスの保護板?を通していても輝くように真っ白なヴィーナスの体にウットリ。

さすがに「ヴィーナスの誕生」や「春」の前には観光客が立ち止まっていたけれど、続く第15~16室のレオナルド・ダ・ヴィンチの作品、ミケランジェロの作品も混雑知らずで見学することができた。

フィレンツェに来てこのテーマの絵画を見るのは3度目だけれど、ウッフィツィ美術館で見たダ・ヴィンチの「三賢王の礼拝」が一番印象に残った。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //