気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急ぎ足でリトルアラブ?の区画を抜けた。

ふと顔上げると、

遠くになぜかコロッセオが浮かび上がって見える

コロッセオってライトアップしてたんだ。真っ黒な夜空を背景にして昼間よりも大きく見えるコロッセオに向かって歩いた。
夜空を背景にしている白いケーキのヴィットリアーノもコロッセオも、これで見納めになるかもしれないなあ。。。

Kちゃんがフォレンツェに来る 

って聞かなければ、私まだまだローマにいたかも。「飽きる」ってことがなさそうな街だもん。

宗教施設に戻ってベッドに横になり、ゴソゴソと日記を書いていると鬼のように恐ろしいシスターがやって来て(毎晩人数確認と消灯時間が守られているかチェックが入る)

無言で部屋の電気を消した。

・・・あのシスターの怖さはお腹いっぱい。あれにはもう飽きた



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

なんとなくそのまま部屋に戻る気分にならなかったので、シスターにコピーしてもらった宗教施設のリストを持ったまま、もう一度外に出てみた。

この宗派(?)の宗教施設だけでもこんなにたくさんあるんだ。リストに載っていない(観光客を泊まらせない)もっと規律の厳しい修道院もあわせたら、この国には一体何人

「神の花嫁」がいるんだろう。。。


愛のカタマリみたいな男性がてんこ盛り溢れてるこの国で、貞節を守って神に殉じるのは

日本で尼さんになるよりも

大幅に大変だろうな


などと罰当たりなことを考えながら歩いていて、ふと気付くと全く見覚えのない区画に入り込んでいた。

この区画にいる人たちってみんなアラブ人に見える。。。

こちらを見る目つきがラテンなローマ男とは違った鋭さで緊張しまくり

ローマにもリトルアラブがあるんだ。
・・・なんだか不穏な雰囲気で怖いぞ。早くこの区画を抜けなきゃ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

宗教施設のシスターはコピーしてくれたリストの中の住所を指差して
「こことここには私の姉妹がいるの」(実の姉妹じゃなく、知り合いのシスターなのかも・・・。「姉妹」も「シスター」も同じ単語なので分かりづらい)と言ってため息をついた。

「ローマは堪能したから次の街へ行こう

身軽に動ける私と違い、このシスターも天使の笑顔のシスターも鬼のように恐ろしいシスターも、

この宗教施設を出て別の街を旅する、

なんてことはできないんだろうな。


何がキッカケで生身の恋愛も結婚もしない!と決めて神の花嫁になって、この宗教施設で暮らすことになったのかなあ。。。
聞いてみたいけれど、今の語学力ではシスターたちの本当の気持ちは理解できないだろう。

私だって今シスターに
「なぜここにいるの?」って聞かれても、

「・・・来たかったから」としか言えないもの。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

宗教施設に戻ると、受付にいたのは天使の笑顔のシスターではなかったけれど、使い捨てカイロをプレゼントしたことをキッカケに、何度か会話をしたことがあるシスターだった。

「明後日、フィレンツェに行くのと言うと、

受付に置いている「イタリア各地の宗教施設リスト」らしきものを手渡してくれた。

ありがとうとお礼を言い、宗教施設の住所・電話番号・名称を一所懸命メモしていると、シスターはリストを取り上げ、

戻ってきた時にはコピーを手に持っていた。

この宗教施設にもコピー機があったの?!と驚いてシスターを見ると

「他の人には言っちゃだめよ」と

口止めをするようにウィンクをした。
天使の笑顔のシスターだけじゃなく、このシスターもいい人だなあ。
こうして親しくなった人たちと別れてフィレンツェに行くんだ 私・・・。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

何もされずに戻ってこられたのは

ラッキーなんだからね!!

フィレンツェでどんなことがあっても絶対に一人で外人のクルマなんて乗っちゃダメだよ!!!


と厳しく注意されている私を気の毒に思ったのか、Barの店主らしいセニョールはYちゃんがお手洗いに立った隙に

「頑張って!!」(何か勘違いしてるな)

と言いながらこっそりチョコレートを手渡してくれた。
チョコを手渡す時にさりげない風を装い、

ギュッと私の手を握っていくあたり・・・

このセニョールもローマの男だなあ。

戻ってきたYちゃんに「2度と軽はずみなマネはしません。神様に誓って」と言うとプッと吹き出して

「はてさん 神様信じてないじゃん!!」

笑って許してくれた。
この時は結構本気で反省していたけれど、このあとどんどん図太くなって

「この人なら大丈夫そう。歯が欠けてないから

自分なりの判断で外人のクルマに乗せてもらうこともしばしばあったなあ。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

フィレンツェへの移動も決まり、仲良くしてもらっていた

Yちゃんと一緒に観光するのもあと2日

翌日は朝から待ち合わせ(しかしこんなに毎日毎日誰かと一緒に行動していると「一人旅」って気がしないなあ・・・)

雨の中、傘をささないヨーロピアンを真似て私もYちゃんも

ハンドタオルを頭に乗せて

焦らず歩いていたけれど


先祖代々肉食の人たちと基本的な体力で劣っている私たちはてきめんに体を冷やし、サンタンジェロ城に着く頃には

二人共唇が紫色になっていた・・・。

サンタンジェロ城の見学もそこそこに、寒さしのぎにお昼ゴハンを食べに入ったBarで昨夜のフランコとの一部始終をYちゃんに報告すると、「はてさん!!!車は危ないんだよ!!!そんなに簡単に乗っちゃうなんてほんとダメだよ!!!」と 

ものすごい勢いで怒られてしまった・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

あーそうなんだ!!じゃあこの切符は払い戻さずに、

ここからフィレンツェまでの切符を

新たに買えばいいのだ!


やっぱり人に聞くことって大事だなあ。知らないことっていくら一人で考えても解決しないもんね。。。


再び切符入場の窓口に並び、ローマ→フィレンツェの長距離切符を購入した。

フィレンツェのことを「フローレンス」と言っていた(らしい)

Sちゃんたちの恐ろしいお目付け役が発したたった一言の言葉、「代わりますから待って下さい」というお腹の底まで冷えるような冷たい声音を思い出す

Sちゃんたち、あの後あの恐ろしいお目付け役の女性と一緒にイタリアを満喫したのかなあ。。。

(帰国後の後日譚では、イタリアから帰国したSちゃんと妹さんはお父さんに『あの女性とは絶対に再婚しないでほしい』と強く訴え、結局お父さんとあのお目付け役の女性は

婚約破棄したらしい。

それを聞いてお父さんにはお気の毒だけど、継子になるかもしれない女の子たちの目の前であんなに底意地の悪そうな対応ができてしまう人がSちゃんたちの継母にならなくてよかった と思ったのだった


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

じゃあ4日後にフィレンツェで!!とKちゃんと約束をして電話を切ってから、

買ったばかりのナポリ行の切符のことを思い出した。。。

先にフィレンツェに行くなら、あの切符は払い戻しをしてもらうべきでは?


頼りのHちゃんがいないけれど、再びテルミニ駅の切符売り場の窓口へ。
ローマ→ナポリの切符を見せて「払い戻しをして」というと、

「2ヶ月がどうのこうの」と言われて

取り合ってもらえない。


未熟な旅人なので一旦相手に拒否されると「食い下がる」ということができない。がっかりしてテルミニ駅構内にある本屋さんに入ると、ラッキーなことにHちゃんを発見!

「ナポリ行きの切符の払い戻しがしてもらえなかった」と言うと、

長距離切符は購入日から2ヶ月間有効なので、

ミラノに行ってからナポリに行けば問題ないんじゃない?とのことで・・・


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

長距離切符を買うのって簡単なんだなあ。
Hちゃんにお礼を言って別れてから、ローマから移動するなら親に連絡しておいた方がいいかな(この頃は本当にマメに自宅に連絡をとっていた) と時差も考えずに自宅に電話をかけると、先日のSちゃんに続き

今度は中学の頃からの友達のKちゃんが

近々イタリアに来るらしい!!


これまた時差も考えずにKちゃんのお宅に電話をすると、4日後にミラノに着く予定とのこと。休みやすい職場なので年末年始の休暇の直後にも関わらず、10日間も休みを取ったのでイタリアには8日間もいられるらしい。

Kちゃんがミラノの来るなら私も北上するよ!!

空港までお迎えに行く
と言うと、

ミラノイン・ミラノアウトのチケットを購入したKちゃんは
「ミラノに着いたら自力でフィレンツェまで行くから、そこで合流して観光しながらミラノに向かおう」というプランを提案してくれた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
ナポリ帰りのHちゃんという女の子と宗教施設の談話室で出会った。しばらく「ナポリ暖かくてよかったよ~」などと

ナポリの話(いいことばかり)を聞いていると、

よし!ローマも堪能したし次はやっぱりナポリだ!!

移動だ移動!!という気になった。


テルミニ駅の窓口でナポリの時刻表をもらおうとしたら「ナーポリ?!何時の?!」と窓口のシニョーラに聞かれ、何も答えられなかった、とHちゃんに訴えると「一緒に行ってあげる」とテルミニ駅まで同行してくれた。

Hちゃんが「ここで買うんだよ」と教えてくれた窓口は、先日私が「時刻表を下さい」と言って邪険にされた窓口だった。やっぱりここは問い合わせじゃなくて切符を買うための窓口だったのか。だからあの時のシニョーラもムッとしてたんだな。

順番が来たので「ナーポリまで 1人」というと窓口のシニョールが

ポイとチケットを寄こした。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

宗教施設に送ってもらう車の窓の外はすっかり暗くなっている。

郊外なので街灯なんて1本もないし、対向車も後続車も1台も走っていないけれど、
フランコの家に行く時のような不安感は全くなく、お腹もいっぱいだったのでオペラ座の近くでフランコに起こされるまでうとうとしていた。

警戒心なさすぎ・・・


フランコの中では私はいつの間にか「冬休みを利用して海外旅行中の20歳そこそこの大学生」と認識されていたようで、別れ際に

「次の休みもきっとローマに来て、

ここに連絡してください
と、住所と電話番号教えてくれた。

じゃあ私も・・・と日本の住所を書いたメモを渡す手の甲にキスをして

「Remember me!!」

カッコよく決め台詞を残し、フランコのアウディはここから40分もかかる郊外のお宅に戻っていった。。。

最後の最後になぜ英語?
フランコ、最後まで愉快な人!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「ぶへっ」

へんな声を吹き出す私に構わず、フランコがオーディオにセットしたのはラウンジ?のBGMになりそうな、とってもムーディな曲。

うわああああ~この曲で踊るって・・・チークよね

ユーロビートが全盛だったディスコ世代(末期ですが)の落とし子なのでチークなんて踊ったことがないのに・・・

フランコのリードで左右に揺れながら、ひたすら

「神様、もうこれ以上笑わせないで下さい

と祈りつつ耐える1曲の長かったこと!

小刻みに肩を上下させながら、必死に笑いをこらえる東洋人をパートナーにして踊りきるなんて、イタリア人のシニョールって忍耐力があるというかハートが強いというか。

やっぱり日本人とは違うなあ。

ていうか、映画の中だけじゃなくてほんとに踊るんだわ、外人って。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

せっかく落ち着いたのにここでまたギターを弾きながらの熱唱なんて聞かせないで!!
もしフランコがギターを弾き始めても笑っちゃダメ笑っちゃダメ
、と思いながら暖炉の上にかかっている時計を見ると

既に20:00過ぎ。

フランコに「私はもう帰らなければなりません」とかぐや姫(シンデレラ?)のように残念そうに言ってみると、フランコはギターをケースにしまいながら

「お別れの前に」と言い出した。

お別れの前に  ってことはキスかな、昨日あんなにたくさんの男の子としたんだし、まあキスくらいなら(我ながら貞操観念がバカになっているなあ)、と思ったら、続きは

「1曲踊って頂けませんか?」だった・・・

外人が!豪華な居間で!

しかも暖炉の前で「Shall we dance?」ときた!!!

なんでところどころ英語になるのフランコ~!!!
思わぬ方向から飛んできた変化球は

笑いのツボを直撃した



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

食事が済むと、

公約通りにフランコは

ギターを弾きがたってくれた


多分ここでヨーロッパの女子なら
「まあフランコ 素敵・・・」とウットリするところなんだろうけど、

いかんせん私は日本の、しかも大阪で生まれた女

「外人が暖炉のそばでギター弾いて歌ってる・・・しかもあまり上手くない」という状況に「笑いたい気持ち」が抑えきれず。

いい気分で歌っているのであろうフランコに向かって「お手洗いどこっ?!」と質問し、案内されたバスルーム(もちろんここも広々してキレイ)で

「外人が暖炉のそばでギターって!!!」

思いっきり爆笑してしまった。。。

ひとしきり笑って落ち着いたので今に戻ると、フランコはギターのチューニング中だった。
ひえっ まだ演奏するつもり?!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

巨大ピレネー犬は番犬向きではないようで、

フランコから渡されたプロシュートの切れ端を持った私に「ちょうだいちょうだい」とばかりになれなれしく擦り寄ってくる。

プロシュートを持って部屋を走り回る

私とピレネー犬の追いかけっこを見ながら、

フランコは手早くスパゲティを作ってくれた。
出来上がったスパゲティはダイニングで食べると思いきや、暖炉の近くのソファまでフランコが運んできてくれた。

トマトもプロシュートも自家製なら、パスタはお気に入りのリストランテの手打ち麺(と言ってたような)。塩も胡椒もオリーブオイルも質がいいのか、シンプルな調味料しか使っていないはずなのにすごく美味しい!!更にフランコのお父さんが作った白ワインのスッキリしたおいしさったら。

ワインもスパゲティもローマのリストランテよりおいしい と褒めると、フランコは

「じゃあ君と僕と、2人で日本でスパゲティのお店を開こうよ」などと言い始めた。

・・・調子に乗るなよ?ちょっと褒めすぎたかなあ


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

セックスできないできないとまくしたてる私に苦笑しながら、一応フランコからは

「君が嫌がることはしないよ」と言質をとり、

結局車で40分くらい走った頃、やっとフランコの自宅に着いた。

これがまた

まあものすごーーーーく広くて立派ないいお宅!!!

そりゃ女の子を連れてきたくもなるよ。


お庭にはたくさんの木が植えられていて、ポーチもある。夏には友達が集まり、フランコのお父さんご自慢のワインパーティをするらしい。

家の中もこれまた素敵で広い居間には暖炉があり、お庭に面した大きな窓にかかるカーテンもソファもテーブルも色調が完璧に揃っていて「モデルルーム?」と聞きたくなるくらい。
フランコ、こんな家に一人で住んでるの?贅沢だぁ。。。


と思っていると「ぅばうっ」と何かが吠える声が。

振り向くと
わっ!!!!でっかいピレネー犬!!!
これを室内で飼えちゃうなんて、つくづく広いおうちだなあ。この居間だけでRosaの物置の何十倍もありそうだわ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

フランコの突然の英語(しかも『GOOD MAN』って)にプッと吹き出すと、今まで「ああ~ドアミラーに1台も車が映ってない」「うわ~~この道、フェルマータ(バス停)すらない」

ドキドキ緊張し続けていた糸がプツンと切れた。

ここまで来たらお宅拝見しようじゃないの

フランコご自慢の「パパのブドウ畑のぶどうで作った美味しいワイン」とやらをたらふく飲んでやるわっ!
・・・しかしこのまま家まで行って

「割り切った大人のお付き合いを」

なんて迫られたらもう逃げられないぞ。

ここはガツンとかましておかねば!!


とりあえず「泊まっている宗教施設は門限21:00、それを1分でも越えたら厳しい罰があるので絶対に21:00には返してほしい」「親が厳格なクリスチャンなので結婚するまではセックスしてはいけないと言われている」とくどくどと釘をさした。
(6ヶ国語会話集にはこのテの例文がたくさん載っていてほんとに助かる)

クリスチャンって離婚は禁止やけど婚前交渉も禁止やったっけ?と思いながら・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

私がずーーーっと黙ったままだったので、

フランコは「家に行く」前提で

車を運転していたらしく


既にローマの中心からは離れてしまっていたみたい。。。

バス停はあるものの、アッピア街道みたいな寂しげな道を走り始めたアウディ。
野っ原みたいなところで降ろされてそのまま放置されたらどうしよう、いやその前にアウディの中で襲われたら・・・

死ぬ気で抵抗すれば

なんとか逃げられるかしら


でもそこから中心地まではどうやって戻ればいいの??
あっ!パスポートは宗教施設にあるし、今財布に入ってるのは偽の国際学生証だ。。。
死体で見つかったとしてもローマ警察には「私」ってことが判明しないかも。

きゃーーー困った!!!


「わーこれTVで見た!!」と一言大声を出した後、引き続き黙り込んだ私にフランコは

「あなたが不安なのは伝わります。ローマと比べるとこのあたりは田舎で車も走っていないし。でも安心して、私は『GOOD MAN』ですから」と声をかけた。

『GOOD MAN』って・・・

なんでそこだけ英語?!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

AQUAのCDが流れる車内で改めてフランコは

「自宅に招待したい」と言ってきた。

招待って・・・今会ったばかりの人の「家」はさすがにマズイよなあ。
でも車や身なりから判断するに、セレブっぽい暮らしをしてそうだし、ちょっとお宅拝見してみたい気もする・・・


いやしかしのこのこ家にまで行ってそこで何かされたら、

乱暴とか強姦の上殺害とか・・・

私が殺されて宗教施設に戻らなかったとして、天使の笑顔のシスターは多少心配してくれるかもしれないけれど、でも警察や日本大使館に通報なんてしてくれないだろうし、

ああやっぱり危険すぎる!!

と思った時、目の端に日本を出発する前にTVのニュースで見た「空き缶で作ったサン・ピエトロ寺院」が見えた。

「わー!!!これTVで見た!!!」

思わず大きな声を出した私を見て「どうしたの?!」と驚くフランコ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

幸いにも「クリスチャンで23歳」くらいの嘘は

見逃してくれるようで、真実の口に入れた手はあっけなく抜けた。

フランコはそこそこの年齢のシニョールだし、私ものっぺり顔の東洋人なので見かけは全然違うけど、外人にエスコートされてトラステーヴェレを歩いたり、真実の口に手を入れてみたり・・・

既に気分はアン王女

ここで歩きながらジェラートでも食べたら・・・いやいや、真冬にジェラートはちょっとおかしいかも。食べるならやっぱり焼き栗?

スペイン広場の焼き栗はおいしかったなあ。
あの頃はポーポロ広場であんなにたくさんの男の子とキスをしたり、ナンパされたシニョールと2人で街歩きをすることがあるとは想像もしなかった・・・

そんなことを考えている間にアウディを停めたところに戻ってきた。
フランコが当然のように助手席のドアを開けてくれたのでそのまま乗ってしまったけど、

おいおい こんなに無防備に乗っちゃっていいの


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会自体はお正月休み?のようだけれど、観光客がわさわさと行列を作っているのは教会手前の奥まった通路のようなところ。

あんなに薄暗いところに何があるのかな?

フランコと一緒に観光客の列に並び、少し進むと円形の石?縁が見えてきた。

あっ!!真実の口だ!!

そういえばここの手前の広場の標識に「Bocca(口)ナントカ」って書いていたような。
私たちの順番がきて、フランコが「口に手を入れて」と言った時は、ローマに来てからつき続けている嘘(『キリスト教徒』だったり年齢だったり)のことを思い出し、100の内0.2くらい

「もしかして、もしかしたら手が抜けなくなるかも?」

とドキドキしてしまった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

サンタ・マリア・トラステーヴェレ到着すると、

当たり前のように

助手席のドアを開けてくれるフランコ


うわ~レディファースト。こういうのってアメリカ人しかしないと思ってた。

サンタ・マリア・トラステーヴェレはそれほど大きな教会ではないので、ゆっくり1周してもさほど時間はかからない。まだ日も高いし、

なんとなく「引き続きドライブ」という雰囲気になり

フランコの車に戻った。

続いてフランコが連れて行ってくれたところは、有名なのにすっかり忘れていた観光名所。
ヴェスタの神殿のあたりはパンテオンのような柱が建っている。円形の神殿前が広場になっていて、その奥にある教会のあたりに観光客がわさわさしている。

フランコが言うには「自宅はここから車で20分」らしい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

少し考えて、ローマに来てからBarのTVなどでよく耳にする
「AQUAが聞きたいです」と言ってみた。

デンマークのダンスポップユニット・

AQUAはこの頃ヨーロッパでかなり流行っていて

イタリアはもちろん、この後放浪のゴールになったスペインに移動するまで、あちこちで耳にした
♪My Oh My や♪Barbie Girl、♪Dr Jonesに♪Roses are Red・・ 

どれもノリがよくて大好き!!エンヤよりドライブ向きだし。

フランコは(太ってもいないしこういうと申し訳ないけど)

おじさんだしちょっと無理かな~と思いつつのリクエストだったけれど、「AQUAだね!」というとすぐにCDを替えてくれた。

ああ至れり尽くせり。

気が利く中年だね、フランコ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

サンタ・マリア・トラステーヴェレに向かう道中のBGMはエンヤだった。

エンヤかあ~ まあいいけど、やっぱフランコおじさんだな~と思っていると、

私の心を読んだようにフランコに

「音楽を替えましょうか?シニョリーナは誰が好き?」

言われてしまった。
もう既にあれが誰だったか忘れちゃったけど、以前ローマを案内してくれた男子も「私の心を読んでる?!」って思ったことがあったなあ。


ローマの男性は読心術に長けているのかしら。
しかしいきなり誰が好き?って言われても。。

B’zです、って答えたところでフランコもは?!って感じだろうし。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

フランコが指差した車は

わーすごい!アウディだ!!!

ローマに来てからアルファロメオはたくさん見かけたけれど、

アウディって珍しいなあ

私のテンションが上がったのを見逃さなかったフランコは、すかさず

「シニョリーナの行きたい所へお連れしますよ。」と一押し。
うーーーーーーどうしよう・・・フランコを信用していいのかなあ・・・
みたところ紳士だし。


とりあえず「トラステーヴェレに行きたい」って言ってみようかな。あそこなら昨日行ったばかりだから多少の土地鑑もあるし、車が入れない路地も多い。危ない目に遭いそうになったら、車から出て走って逃げるテもあるし。

それにアウディにも乗ってみたいのよね。

きったないクルマが溢れかえってるローマで、

こんなにキレイでピカピカしてるアウディ、初めて見たもん。


「トラステーヴェレのサンタ・マリア・イン・トラステーヴェレに連れて行って下さい」とお願いした時のフランコの嬉しそうな顔ったら!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シニョールはフランコという名前で、大晦日はローマの中心地にある実家?で家族と過ごし、今から郊外にある自宅に戻るところのようで、

これから何も予定がない=(私と同じく)お正月早々ヒマらしく


「シニョリーナがこれから予定がなければ食事に行きましょう」

「食後はギターをひいてあげますよ

「食事がダメならドライブだけでもご一緒に」
と怒涛のナンパが始まった。

フランコ・・・私が「スコアラ(高校生)じゃないです。27歳です」と言ったのを覚えているのかな?
高校生と思っていながらのナンパだとしたら、犯罪行為では・・・


ナンパされながら並んで歩いていると、サン・ピエトロ広場のすぐ近くに停まっている車の前でフランコが

「これが私の車です」と立ち止まった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

???と怪訝な顔でとりあえず「Buon Anno」と挨拶を返すと、
シニョールは「コメ スタ?」

「コメ スタ」って、私ごときに3人称の敬称を使うのは・・・

あーーーーー!思い出した!!!

マッシモと待ち合わせをした時に声をかけてきたシニョールだ!!!

「若くないです」と言いかけた私に「スコアラの女子学生は若いですよ!!」って言った人!

広いローマで約束もしていない人と再会する なんて偶然もあるのだなあ。
しかも1月1日に。

改めてシニョールに「Buon Anno(新年おめでとうございます)」と挨拶をすると、シニョールも挨拶を返してくれて、

「シニョリーナ、この後予定がなければ一緒に食事に行きませんか?」ときた。

おお、今年最初のナンパだよ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

サン・ピエトロ広場にある郵便局に着くと・・・ここも閉まっていて、ポストに投函すらできない

たしかサン・ピエトロ広場の手前にも郵便局があったけど、そこも閉まってるのかなあ。
メトロもバスも早々に運休してたし、郵便局も昨日から休みだったのかも。そんなに急ぐハガキもないし投函するのは明日でもいいかな。。。
などと思いながらサン・ピエトロ広場を歩いていると

「シニョリーナ!!」と声を掛けられた。

と声がする方を見ると、

イタリア人のシニョールがニコニコしながら手を振っている。
私と目が合うと「Buon Anno!シニョリーナ(新年おめでとう!お嬢さん)」と一層ニコニコして挨拶をしてくれる。

新年おめでとう はいいけれど

シニョール、あなた誰?


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ほんのりシャンパンの香りがするダウンジャケットを引っ掛け、初詣の代わりに(サン・ピエトロ寺院は観光客でごったがえしていそうなので)サンタンジェロ城に向かった。

道中、空を見上げるとここ数日見なかったくらいに澄んだ青空。更に飛行機雲がひとすじ、スーーーーっとキレイに伸びている。

空気は冷たいけれど風がないので寒さはあまり感じない。上空も空気が動かないようで、飛行機雲はいつまでも崩れずに残っている。

おみくじに例えるとあの飛行機雲、大吉って感じだなあ。

ローマの新年もいいものだね。


のどかな雰囲気の中、サンタンジェロ城に着くと 残念、閉まってる。。。

さすがに1月1日は営業しないのね。
じゃあリュックの中に入れっぱなしになってる絵ハガキを出しに、ヴァチカン市国の郵便局に行ってみようかな。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。