気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美術館をハシゴした後は、

毎週日曜日に開催される運試しの為、

サン・ピエトロ寺院に向かった。

Rちゃんと2人で路線バスに乗り込んだ 

まではよかったけれど、

バス停に停まるたびにたくさんの人が乗ってくる。Rちゃんともはぐれるし、コートを通してすらものすごい破壊力のあるワキ○持ちの白人男性のワキがちょうど顔の前にあったりして、息すらできない。

肺と目がやられる・・・

苦しいっ!!サン・ピエトロ寺院に着くまでに窒息するよ~。


しかも渋滞に巻き込まれ・・・このままバスに乗っていたら到底運試しには間に合わない。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「とげを抜く少年」や前6世紀のローマ建国の伝説に登場する

「カピトリーノの雌狼」

(もちろんマリー・アントワネットのことじゃなくて本物の雌狼)など、たくさんの青銅像を観賞してからお向かいにあるカピトリーノ美術館へ。

こちらは古代彫刻のコレクションを誇る。1階には大量の石棺が展示されている。
が、申し訳ないけどあまり良さが分からないので

Rちゃん共々駆け足で見学

2階には「カピトリーノのヴィーナス」や「瀕死のガリア人」などの有名どころの作品があり、こちらは時間をかけて鑑賞した。

「皇帝の間」と名づけられた展示室には64体もの皇帝、皇帝妃の胸像が並んでいた。
ローマの皇帝と王妃って、ほんとにみんなこんなに美男美女揃いだったんだろうか??


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

5人部屋といえども物静かなオリエンタル部屋なので

Luciaと同じように快眠できた。

お湯が出たので6:30からシャワーを浴び、同室のRちゃんと一緒に日曜に開催される蚤の市に行こう!と盛り上がったけれど、私よりも更に「歩き方」を熟読しているRちゃんに

「毎月最終日曜は入場無料ですよ!!」と教えられ、

2人でカピトリーノ美術館とコンセルヴァトーリ宮殿美術館に行ってみた。

カピトリーノ美術館とコンセルヴァトーリ宮殿美術館はカンピドリオ広場を挟んで向かい合って建っている。そしてここはヴィットリアーノのごくごくご近所。なんだか毎日毎日似たようなルートを徘徊してる気がするなあ・・・。

世界最古の歴史を誇るコンセルヴァトーリ宮殿美術館。3階にある絵画はティツィアーノ、カラヴァッジョ、ベラスケスたちの作品があり見ごたえがあるけれど、

1階・2階に展示している青銅像にも有名なものが多い


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

慌てて受話器を置いた時はああもうほんとにSちゃんにも妹さんにも悪かったなあ・・・と思ったけれど、

少し落ち着くとフツフツと怒りが湧いてきた

いくら腹が立ってるからってあんたもええオトナやろ?

詫びぐらい聞けよYサキ!!!(お目付け役の女性の名前)

婚約者の娘がそんなに大事なら「ごちゃごちゃしてるだけのローマ」で自由時間なんか設定せんと

首にナワつけてクローゼットにでも入れとけ!!!

と、プリプリしつつ怒りを日記帳にぶつけていると、今日から相部屋になる女の子たちが次々に帰ってきた。

イギリスに留学中の女の子が2人、12月26日~1月2日の旅程でヨーロッパを旅行中の女の子と私が日本人、そして私が戻ってきた時には既にベッドで寝ていた韓国人の女性が1人。

オリエンタル天国だな、この部屋。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

宗教施設の公衆電話からSISTINAホテルに電話をすると、フロントのシニョールがとても感じよく電話を取り次いでくれた。

・・・そこまではよかった。

フロントからの電話を取ったのはSちゃんたちのお目付け役の女性だったので、
「はてるまと申します。本日は本当に勝手な」

代わりますので待って下さいっ

(筆舌に尽くしがたいくらいものすごーーーーーーーく冷たい口調)

と、有無を言わさずSちゃんに電話を代わられた。
あまりのことにえっあの~・・・とオロオロし、電話に出てくれたSちゃんもとっても話しづらそうだったので

「今日は勝手なことをしてほんとにごめんねごめんね。お目付けの人に怒られたら全部私のせいにしてくれていいから!!日本に帰ったらまた会おうね」と手早く受話器を置いた。

お詫びなんて一言も言えやしない


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

パスタをモリモリ食べ、お腹をいっぱいにして店を出た。

マッシモもカールロも「もう1軒行こうよ!」というノリで

盛り上がっていたけれど、
やっぱりSちゃんとSちゃんの妹さんが気になるし、

彼女たちに電話をかけたいので今日はもう宿に戻る
 

と言うと、2人共残念がってくれた。

宗教施設の前までちゃんと送ってくれた上に
「いつでもローマを案内するよ!」「電話してね!」と口々に言いながら帰っていくマッシモとカールロっていい人たちだなあ。

そうだ、勝手な約束をした上に大事なお嬢さんたちを連れ出してすみません、ってSちゃんのお目付け役の女性にもお詫びしなくちゃ

こういうところが日本人気質だなあ、私って。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

昨日連れて行ってもらったロスティッチェリアのお料理もおいしかったけれど、

このお店のパスタもおいしいっ!!


マッシモおすすめのフンギ・ポルチーニのスパゲティも、ブロッコリーとエビがたっぷり入ったクリームスパゲティも、小海老とイカのフリットも本当においしかった。

最初はマッシモとしか喋らなくてとても無口だったので、

もしかしてこの人、

東洋人は嫌いなのかな~
と私を不安にさせたカールロは

自分が英語ができないので日本人とは話せない

と思っていたらしい。

ほんのカタコトだけど、私がイタリア語が話せると知ると、マッシモよりも積極的に話しかけてくれるようになった。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

SちゃんとSちゃんの妹さんのことは気になるけど、フンギ・ポルツィーニには惹かれるなあ・・・。

あーあ、骨の髄まで食いしん坊だ私は


マッシモが案内してくれたお店はリストランテというよりもトラットリア(大衆食堂)とオステリア(居酒屋)の中間くらいの雰囲気で、お客もたくさんいてほぼ満席。

私たちに気付いたカメリエーレ(ウェイター)が手招きをする方へ向かうと、マッシモとカールロ、私とSちゃん・Sちゃんの妹さん、そしてもしかしたら同席するかもしれなかったSちゃんたちのお目付け役の女性の為の席が準備されていた。

マッシモが顔なじみらしいカメリエーレに

「今日は3人になった」と言ったみたい。

カメリエーレはイヤな顔もせず、テーブルのセッティングをテキパキと変更してくれた。

感じのいいカメリエーレだなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

マッシモとカールロは走って戻ってくる私を見て、

「戻ってきた!」と手を振って迎えてくれた。

いきなり消えた私を怒ることもなく、戻ってきた!

喜んでくれるのは嬉しいけれど、こちらはSちゃんと妹さんにフラれた直後でいたってテンションが低いのだなあ・・・。
マッシモもカールロも「友達は?」「なぜ一緒に来なかったの?」と聞くけれど、

「No lo so(知らない)」としか答えられない。

だってほんとに分からないんだもん。


来られないなら仕方ないか、と切り替えが早いマッシモとカールロは
お腹が空いた!ゴハンゴハン!

フンギ・ポルツィーニの

美味しいスパゲティ
を食べに行こう!!


と私の左右に別れて賑やかに話しながら歩き始めた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

うう・・・どうすればいいの。
ホテルに戻る、って言ったって・・・

全然思い通りにならないよ

SISTINAホテルにリストランテってあるのかなあ?


「じゃあ私も一緒に行く!」と追いかけたけれど、

Sちゃんは「マッシモさんたちに悪いからはてちゃんは遠慮なく戻って!」の一点張り。
私が勝手にマッシモたちと約束したのがどうも・・・ってことなら、あちらをキャンセルするからSちゃんとSちゃんの妹さんの3人でゴハンに行こうよ、と誘っても小走りでホテルに戻ろうとする足を止める気配が全くない。

200mくらい追いかけたけれど、マッシモとカールロも気になるし・・・

ああもうっ


離れていくSちゃんと妹さんに思わず「ごめんっ!!」と声をかけ、暗い路地を駈け戻った。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

妹さんと2人でSISTINAホテルに向かって歩くSちゃんを追いかけようとして
あっマッシモに一声かけなきゃ、と思い出した。

「彼女たち、ホテルに戻るの」と言うと「ペルケ(どうして)?」って言われたけど・・・

知るか

とりあえず「モメント クイ!(ここで少し待ってて)」と振り向きもせずマッシモとカールロに大きな声で伝え、慌ててSちゃんと妹さんを追いかけた。

Sちゃんに「ホテルに戻るの?マッシモ、怪しかった?」と聞くと

「はてちゃんとマッシモさんにはほんとに悪いんだけど、やっぱお父さんがあんなにやめておけっていうから。せっかくセッティングしてくれたのにごめんね。お友達も連れてきてたし、気にしないで引き返してマッシモさんたちとゴハン食べて。

私たちは二人で大丈夫だから!」

と、既に逃走体勢に入っている。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Sちゃんは流暢な英語でマッシモと自己紹介を始めたけれど、

うーーーむ、あまりマッシモは

良い返しができていないみたい


しかもカールロに到っては英語が全然話せないみたい。。。(まあここはローマだから英語が全然できない人がいて当然なんだけど)
Sちゃんの顔がなんだか曇ってきたなあ、と思いながら見ていると、マッシモと離れて妹さんの手を引き、私に向かって

「ごめん!やっぱ私たち帰るわ!」

Sちゃんはいきなり今来た方向に戻り始めた。

えええええ~~?!!!ここまで来て?

帰るってホテルに?ゴハンはどうするの?!!
マッシモに思ったほど英語が通じなかったから??



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

SちゃんとSちゃんの妹さんはしゅんとしながらマッシモとの待ち合わせ場所に一緒に来てくれた

でもマッシモとの待ち合わせ場所に着くと、

なんとなく妹さんがそわそわし始めた

初めての海外旅行で、しかも目の前でお姉ちゃんがお父さんから何十分も怒鳴られているのを見ていたんだから、そりゃ落ち着かないよ。

妹さんに安心してもらおうと、マッシモって英語が少し話せるし、すごく親切な男の人だよ、などと説明していると、今回は時間どおりにマッシモがやって来た。

「Ciao!」と愛想よく手を振るマッシモが連れてきたのは、

カールロという男性。マッシモの家の近所に住んでいるらしい。
マッシモはそうでもないけれど、カールロは眉も太くて彫りも相当深い。

すっごいラテン感満載だなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

お目付け役の女性は

「もちろん私は行きませんから!

行きたければお2人でどうぞ!!」
とのことで、

2人が食事に出るなら私は1人で行きます と、Sちゃんがお父さんに電話で怒鳴られている間に一人で外出してしまったらしい。

・・・それって何の為のお目付け?!!!お父さんにチクって

「後はご勝手に!!」って

プイって出て行くなんてアリ??言うたらなんやけど全然役に立ってないやん。
と会ったこともないお目付け役の女性に対する怒りがフツフツと湧いてくると共に、
ああやっぱりシッカリしたおうちのお嬢さんたちは

「現地で知り合った得体の知れない外人」

同行して食事なんてとんでもないことなんだなあ。。。という反省がじわじわと広がってくる。


せっかくのローマなのに嫌な気分にさせてしまってごめんね、Sちゃんととってもおぼこく見える妹さん。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

実は・・・
Sちゃんは私からの電話の後、お目付け役の女性に電話の内容を問いただされ、

正直にマッシモたちも同行して食事に行く、と

答えたらしい。
するとお目付け役の女性はその場で(時差も気にせず)Sちゃんのお父さんに国際電話をかけ、

「Sちゃんと妹が得体の知れない外人と

食事に行こうとしている」
と報告。

娘の女友達からの電話が21時過ぎにかかってきただけでも

「こんなに遅い時間に非常識な!!」

怒って取りついでくれないくらい厳しいお父さんが夜中に突然そんなことを聞かされて「見聞を広める為に行ってきなさい」というわけがなく。
烈火のごとく怒り狂って

「絶対に行くなーーーー!!!!!」となり、

気の毒にSちゃんはつい10分くらい前まで怒鳴られていたらしい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Sちゃんに会うのも半年ぶりくらいかな?ほんとにいいタイミングで実家に電話したものだわ、私も。
マッシモ、どんなお店に連れてってくれるのかな~。美味しいお店だといいなあ。

お目付け役の女性、参加するかな


などと思いながら待ち合わせ時間ピッタリにSISTINAホテルのロビーに着いた。

ロビーには既にSちゃんと、22歳の実年齢よりも幼く見えるSちゃんの妹さんが待っていてくれた。

私が19・20歳に見られるくらいなんだもん、Sちゃんの妹さんなんて中学生にも見てもらえないくらいでは?いやそれにしてもおぼこいなあ。
ロビーにいるのは2人だけ。お目付け役の女性はいないみたいなので、

今日は気楽に若い人たちだけで盛り上がれそうだなあ。

とお目付け役の女性の不参加に密かに安心していると、

Sちゃんが申し訳なさそうに「実は・・・」と言い出した。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

いいよいいよ1泊300円くらい。
ベッドの近くにタヌ夫さん(キャスターつきリュック)を置くスペースもあるし、狭苦しいROSAの納戸に1泊4,000円も払ってたことに比べれば

塵みたいな出費だもん

一張羅のワンピースに着替える前に、SISTINAホテルにチェックインしているであろうSちゃんに電話をし、今晩の食事にマッシモとマッシモの友達も同行することを伝えておいた。

Sちゃんは英語が得意だし、マッシモも多少は英語ができるみたいよ、と言うと

「多少って!はてちゃん、

マッシモさんとイタリア語で喋ってるの?!すごい!!」


驚かれてしまった。
喋ってるというよりも、単語を繋ぎ合わせてなんとか意思の疎通を図ってる というレベルですが。。。

とりあえず18:30に私がSISTINAホテルに迎えに行く事と、よければ妹さんとお目付け役の女性もご一緒に、と伝えて受話器を置いた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

じゃあ今夜のお店探しもマッシモにお願いしようかなぁ・・・。
昨日連れて行ってもらったロスッティチェリアのお料理もおいしかったし、なんと言っても地元の人だし、頼ってもいいよね。


じゃあ今晩7時に

待ち合わせの約束をし、着替えの為に一旦宗教施設に戻った。
すると、チェックインの受付をしてくれた天使の笑顔のシスターが開口一番

「ごめんなさい、

あなたの泊まるベッドが間違っていたの」
と平謝り。

8人部屋から5人部屋への移動になり、部屋は少し狭くなったけどベッドの大きさが変わるわけでもないし、どうしてこんなに謝られるのかな?と思っていたら、

8人部屋と比べて宿代が300円弱高くなるので

気を遣ってくれたらしい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ナヴォーナ広場は今日のエピファニアのお祭りのお店がたくさん出てるんだろうなあ。
などと思いながらまたしてもBarでおごってもらったカプチーノを飲みながらマッシモの話を聞き流していると、

「じゃあ今晩7時に!」という言葉が耳に残った。

へっ7時?!NONO!ごめんなさい、今晩日本から来た友達と食事に行く約束をしているの。
と慌てて断ると、マッシモは「じゃあ僕も友達を連れて行くから、君の友達も一緒に食事に行こうよ。」と言う。

Sちゃんだけじゃなく、

Sちゃんの妹+お目付け役の

Sちゃんのお父さんの婚約者


来るかもしれないんだけど・・・
友達だけじゃなく、友達の妹と彼女たちのお母さん

お父さんの彼女、って言い方はマズイと思ったので)

が一緒でもいい?
と尋ねると、

「もちろん!食事はたくさんの人数で食べると楽しいからね!」と二つ返事で快諾してくれた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ガイドブックにも載っていないサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会の窓には色とりどりのステンドグラスがはめ込まれ、

青く塗られた天井とのコントラストが

とてもいい


祭壇のキリストの顔もなんとなく穏やかに見えるのは、この教会の落ち着いた雰囲気のせいかもしれないなあ。

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会から出てカンポ・デイ・フィオーリ広場までブラブラ歩く。「白いケーキ」のヴィットリアーノの近くだから

もしかして
と思っていたけれど、

実はサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会は昨日アンジェロに連れてきてもらったパンテオンのご近所さんだった。
ということはここからナヴォーナ広場まで、徒歩圏内なんだ。

広くてバスの停留所もたくさんある街で、

いつも「今私はどこにいるのかなあ」って不安が

心のどこかにあるけれど、ほんの少しずつだけれど、ローマの地図がアタマにインプットされていくのが嬉しい。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

カラカッラ浴場の廃墟を眺めて呆けている間に

マッシモの存在をすっかり失念していた

「次はどこに行く?」と声をかけられて

はっ!そういえば今日は1人じゃなかったんだわ、と思い出す始末。

名残惜しいカラカッラ浴場を後にし、賑やかなローマの街中に戻ってきた。
「白いケーキ」のヴィットリアーノを見ながらテクテク歩き、マッシモが案内してくれたのはサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会。

マッシモにも東洋人だけどキリスト教徒とニセの情報を伝えていたので、

わざわざあまりメジャーでないこの教会に連れてきてくれたらしい。

教会内部は観光客は見当たらず、真面目にお祈りをしている人が何人かいるだけでとても落ち着いた雰囲気。
「誰も写真を撮っていない教会」に入ったのって初めて。撮影キチガイのアメリカ人がいないと

こんなに空気って澄むのね。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

猫たちと猫たちにエサをやる観光客をひとしきり眺めてからカラカッラ浴場を歩き始めた。
絢爛豪華なヴァチカンのサン・ピエトロ寺院とは対極にある無骨な石の建物の廃墟なのに、

この迫力はどこからくるの?

赤茶けた石でできた崩れかけた塀の上から太陽の光が差し込んでくるだけでも、

インスピレーションとはかくものであろう

立ち止まってしまうくらいの詩情がある

作家ならあの光の筋道をみるだけで短編小説くらいならものせそうな気がするのに・・・こんなに衝撃を受けても

「感動したっ!!!」と日記に書くくらいが関の山の筆力しかない我が身が恨めしい

そんなことはさておき ほんとにいいなあ カラカッラ浴場。
フォロ・ロマーノみたいにしっかりした遺跡じゃないところ、100年後には今見ている遺跡も風雨に曝されて少しずつ姿を変えているだろうな。

崩壊の中にある美がこれまた素敵。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

カラカッラ浴場には特に野良猫が多い

三毛もいれば縞もいるし、白とグレーのブチやなぜかキジトラ風の縞のあるものまで、国籍不明の猫が集まっている

ここにいる数少ない観光客はみんな猫好きなのか、パンだのチョコレート(人間様の嗜好品を猫にやっても大丈夫なのか?という疑問は残る)だの、めいめいが猫にエサをやっている。

観光をしにきたのかネコにエサをやりにきたのか区別がつかないくらい、

大量のパンをばら撒いている人もいる

私は日本人で若く見られる女ってだけでいろんな人にごちそうしてもらいバス代まで払ってもらえる。そしてここの猫たちはローマの遺跡にいるってだけで食いっぱぐれないのだなあ。
女子と猫に優しい街、それはローマ。

富士には月見草がよく似合うように

遺跡には猫がよく似合う。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

驚いた表情のままのシニョールと別れてしばらく経つと、マッシモがやって来て

「遅くなってごめん!」と平謝り。

元々「絶対に来る」と思っていたわけじゃないし、イタリア人は待ち合わせの時間に30分くらいは平気で遅れる、という認識だったので

10分くらい遅れた程度で謝るマッシモの株は急上昇

マッシモは「遅れちゃったから」と私の分のバス代も払ってくれて、昨日の約束通りカラカッラ浴場に連れて行ってくれた。

入口を入ると庭園の後が広がり、上部が崩れている石垣が続く。「浴場」とはいうものの、ここには図書館をはじめ散歩場、体育室、礼拝堂などもあったそう。

名前だけ聞いたら大きなお風呂かな?と思うけど、

遺跡を見るとフォロ並の施設があったことがよく分かる。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

もう一度「私若くないです。27歳ですと言うと、

シニョールは今度はマンマ・ミーア!と驚くのも忘れて

固まってしまった


「ベンティセッテ(27歳)?」とつぶやき、穴が開くほど私の顔を見ているシニョールは少し驚きすぎだとは思うけれど、そういえば・・・。

ローマに来てから出会ったイタリア人男性に年齢を聞かれるたびに繰り返していた問答を思い出すと、

「19歳?」「NO」「20歳?」「NO」「21歳?」「NO」「22歳?」「NO」「23歳?」

「(もーめんどくさいなあSi!!!」

というやり取りが。
27歳にたどりつくまでのやり取りが手間なのと、てっきりからかわれているのだと思っていつも適当な年齢のところでSiと答えていた。
が、実はアンジェロもマッシモもSISTINAホテルに案内してくれた親切なシニョールも、

本心から私が19・20歳の小娘と見ていたのかも・・・

シニョールのこの表情を見る限り、ありえるありえる。

よし。イタリアでは 年齢23歳のキリスト教徒 というプロフィールでいこう。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

マンマ・ミーア!の余韻から醒めたシニョールは改まって

「シニョリーナは1人で旅をするには若すぎます。」

まじめな顔で説き始めた。

若いって言ってももうそこそこの年齢だし・・・そりゃシニョールよりは相当若いけど。

「私若くないです。にじゅう・・・」と言いかけると、シニョールはそれを遮って

「Scuolaの女学生は若いですよ!」と更に重ねた。

スコアラの女学生って・・・大学はUniversitaだよね

、ってことはシニョーレ、私のこと高校生と思ってるの?!!

いくら外人と比べて東洋人は若く見えるとはいえ、10歳も若く見積もってくれてありがとうと言うべきかそんなにも大人の女の魅力がないのか と悲しがるべきか・・・

うーむ、悩ましい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

いつも「コメ スタイ?」と声をかけられて「スト ベーネ、エ トゥ?」と返していたので、

「スト ベーネ、 エ レイ?」

丁寧語で返すのに戸惑ってしまう。

ナイスミドルなシニョールは引き続き「シニョリーナ、ローマには勉強をしに来られたのですか?」と三人称で丁寧に質問してくれた。

「学生じゃないです。旅行で来ました」と答えると、「ご家族と一緒に?」と更に質問。

「いいえ、1人です」という答えを聞いたシニョール、

「1人で?!おお、シニョリーナ!!!」 

・・・相当驚いたみたい。
それにしても「おお、シニョリーナ!!!」って。。。
イタリア人って驚いた時はほんとにマンマ・ミーア!!って言うのだなあ。こんな紳士が実際に口にしていると、映画かミュージカルのようでなんだかおかしい
笑いをこらえると口元がますますアルカイックスマイルになってしまうよ~。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

マッシモを待っている間、今日は寒いのでオシャレ着のワンピースではなく、黒いパンツに黒いセーターの節約旅行者スタイルだったにも関わらずアンジェロやマッシモよりも年上っぽいナイスミドルなシニョール

「シニョリーナ!コメ スタ?」と声をかけられた。

ラテン語が基になっているイタリア語には人称代名詞に
「私は」を表す1人称、家族や友達など親しい相手に使う
「君は」を表す2人称、
「あなた(たち)は」と

丁寧な言い方になる3人称がある。

そして人称が変わると同じ動詞もそれに合わせて変わる為、
「ご機嫌いかが?」などの人称を省いた挨拶でも、使われている動詞の活用形によって親しい相手に対してのものか、目上の人・初対面の人などへの丁寧な挨拶なのかを判断できる。

例えば「コメ スタイ?」なら親しい相手への挨拶

「コメ スタ?」ならより丁寧な言い方になっている。

ローマに来てから一度も3人称を使われたことがなかったのに、ナイスミドルが私に対して

3人称の挨拶をしたのでビックリ!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

イタリア語で売春婦ってなんていうんだろう??

あ、『娼婦風』って名前の

パスタのソースがあったはず。えーとえーと・・・
ディアボロ は違う ブルスケッタ はソースじゃないしカルボナーラは『木こり風』だし

プッタネスカだ!!

ソノ ノ プッタネスカ!!」でいいのかなぁ。。。

と考え事をしながら歩いていると、いつの間にか昨日マッシモと出会ったバス停に着いていた。待ち合わせの時間まで、まだ15分以上ある。

テルミニ駅からだと結構な距離があったのに、宗教施設からだとこんなに近いんだ。これからはテルミニ駅じゃなく、宗教施設を拠点にして目的地までのルートを考える癖をつけるようにしよう。

帰ったら宿から一番近いバス停をシスターに教えてもらおうっと。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。