気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイキング形式のランチなので、ケチな上に大食いな私

全品制覇してやる!」というイキオイでもりもり食べまくり。

お肉も魚も焼きたてワッフルもフルーツもスープもなにもかもおいしくて満足。
スイートチリや香菜など、久しぶりに食べる中華料理以外のアジアンフードに

しみじみ「エスニック」を感じるなあ。


日本に帰ったらどうするの?日本では何をしていたの?一番印象に残っている思い出は?とひとしきり4人でよもやま話をしてから解散。

今度こそお風呂に入ってスプリングのいいベッドで昼寝をするのだ!!こんなに満腹で寝ると体に悪いかもしれないけれど、

たまにはいいのだいいのだ


でも、そうは問屋がおろさなかった。。。
お風呂からあがってしばらくするとD子ちゃんから

「晩ゴハンは何時に食べますか?」と電話が。

「・・・じゃあ20時に部屋のドアの前に出てる」と答えて受話器を置いた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

部屋には大きなバスタブもあり、

もちろん蛇口からはお湯もお水も勢いよく出る

タオルも大きくてふかふかだし、ベッドのスプリングもいいし、TVもある。

そして何よりエアコンが効いているのが最高!!!

この強烈なエアコンの効きっぷり・・・東南アジアって感じ!!
ざっとシャワーを浴びてランチして昼寝して、ホテルも探検したいし・・・とワクワクしながら夜までのプランニングをしていたら、D子ちゃんから

「一緒にランチに行きませんか?」と電話がかかってきた。

せっかくだしご一緒しましょう、とカフェテリアに行くと私たちと同じヒコーキに乗り、マドリーからオサカに向かっていた同世代の女の子2人が先にテーブルについていたので相席にしてもらった。

ひとしきり「あの『ノーノー!』のおじさんたち、相当しつこいですよね~」「まだチェックインしてないみたいですよ」

『部屋をランクアップしろ!』とか言ってたりしてね」


という話題で盛り上がった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

長い間安宿にしか泊まっていなかったので連れて来られたホテルがやたら豪華で清潔に思える。
チャンギ空港

「ノーノー!!」と大合唱していたおじさん&おばさんたち

相変わらずブーブー言っているけれど、一刻も早くチェックインしてベッドで寝たい私はおじさんたちに付き合わず、ランチとディナー(どちらもホテルのカフェテリアでとれるらしい)の時間帯、そしてピックアップの時間を確認して一人で部屋に向かった・・・

と思ったら後ろにD子ちゃんがいた

てっきりおじさんたちと一緒にノーノーと抗議すると思ってたのに。

背後霊みたい。。。

フロントに戻り、D子ちゃんのチェックインを済ませて食事とピックアップの時間を伝えて、今度こそ自分の部屋へ。
5シンガポールドル分って何分くらいなのかな?とドキドキしながら家に電話をし

「ヒコーキに乗り遅れた。今日の夜中に飛ぶのに乗って帰る。明日は平日だし迎えに来てくれなくていいから!バイバイ」とだけ伝えた。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「ノーノー!!」という必死の抗議

空港の職員に軽くいなされ、同じヒコーキに乗っていたパックツアーの団体客が交渉力のありそうなツアコンに率いられてどこかへ連れられて行くのを横目に、私たちは何台かのタクシーに分譲して空港近くのホテルに移動したのだった。

空港から出てタクシーに乗る時に

湿気をモロに吸い込んで肺が水浸しになったかと思った

こんなにしっとりした空気を吸うのは何ヶ月ぶりだろう。肌にねっとりまとわりつく、

この水分たっぷりの暑さ

まさに東南アジアだなあ。。。ガサガサに乾燥したヒジ・ヒザ・カカトにこの湿気たっぷりの空気は効くだろうな。

この湿気はオリエンタル・ビューティの源だ。


などと思っていると、窓から風景を見る間もなく、タクシーは航空会社の系列ホテルに到着した。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

半日ホテルステイができてランチとディナーも提供してくれて、更にホテルまでのタクシー代と日本への電話代もヒコーキ会社が負担してくれるんだし

但し5シンガポールドルまで。

それ以上は自腹となります
、だと)、

どう急いでももうオサカ行きのヒコーキは出発しちゃって乗れないんだし、

とりあえず早くホテルに連れてって。そして昼寝させて!!!


と思っているのは帰国後に全く何も予定のない私だけだったようで、

周りにいるD子ちゃんを含む10人くらいの日本人はキレまくっていて、でもこの人たちもフリーの旅行客の割には悲しいかな英語が堪能ではなく、

空港の職員に向かって「ノーノー!!!」と怒鳴るのが精一杯の抗議・・・。

怒っていることは伝わっているけれど、空港の職員はあくまでも無愛想に

「23:55のヒコーキに乗れますから」と言うばかり。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

元々トランスファーの時間が50分しかないので

無理だろうと予想していた通りチャンギ空港の職員は
「あなたたちの荷物がナントカカントカで

オサカ行きのヒコーキに運べないので

予定していたヒコーキには乗れない」と説明する。

・・・久しぶりに聞く英語のなんと聞き取れないことよ

そして私の隣には私以上に英語が分からないD子ちゃんがいて、私のたくましい二の腕をしっかとつかみ
「はてるまさん!何て言ってるんですか?

私たちどうなるんですかっ?!!」と激しく動揺している。

職員が続けて言うには「あなたたちは

今夜23:55発のオサカ行きのヒコーキに乗る

半日空港近くのホテルにステイして、ピックアップのバスに乗って再びこの空港に戻って来て下さい」
とのこと。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

この空港知ってる?

シンガポールって来たことないはずなのに?


あっそうか、ヨーロッパに行く時にもたしかチャンギ空港でトランスファーしたんだった・・・。

おっかなびっくりトランスファーをし、それを見かねた日本人のおじさんにコーヒーをごちそうしてもらった

可憐ではかなげ?なTHE 「日本人観光客」だった、あの頃の初々しい私は

もうどこにもいない。。。

いるのは「UVカットって何?ワタクシ全く存知ませんが」

言いたいくらいに真っ黒に日焼けして、「Yes」の代わりについつい「Si」と言ってしまう国籍不明の東洋人。。。

チャンギ空港の東洋人の多さを見て「あーアジアに帰ってきた」

ほっと安心しようとした時、いきなり空港の職員が私やD子ちゃんに向かって突進してきて

「オサカ?オサカ?」と声をかけた。

・・・うーん。イヤな予感がする。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

機内放送でスペイン語が聞けなくなって寂しくなったけれど、その代わりに

日本のポップスが聴けるチャンネルを発見!

嬉しくなって聴いてみると・・・

知らない歌手が歌う知らない曲ばかり流れている

すっかり浦島太郎になってしまっているなあ。
猿岩石もドロンズも日本に戻るヒコーキの中でこんな気持ちになったのかしら。


まあでも日本語ってだけで、知らない歌でも懐かしく感じるものだなあ。おっ演歌のチャンネルもある。聴いたことがないはずなのに記憶のどこかにありそうなのは

やっぱり「日本の心は演歌です」ってことの証かも。

日本語吹替えの映画まで上映されはじめ、機内の日本度が増す中でコーヒーを飲んだりジュースを飲んだりしていると(空港までのシャトルバスで30分くらい寝ただけなのになぜか全く眠くならなかった)、トランスファーをするシンガポールチャンギ空港に到着した。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

あの頃は少しでも西へ西へ進もうと思っていた。

西のはて、ポルトガルの「ここに地終わり 海はじまる」ところまで行ったなあ。
団体ツアーで来ていた日本人のおばさんたちに

「1人なの?えらいわねえ」って褒められたっけ。

ユーラシア大陸の西のはてから東のはてへ戻る私は、日本を発った頃と比べて「えらいわねえ」と褒められるほど成長できているのかな・・・。

感慨に浸っていると、ヒコーキはチューリヒに到着。今まで半分ほどあった空席はチューリヒからの乗客でほぼ埋まった。

黒い髪に浅黒い肌の乗客が

白い肌で茶色や赤や金色の髪の人たちに相殺されていく


同時に機内アナウンスからもスペイン語がなくなり、新たにドイツ語が加わった。
こうしてじわじわとラテンの国から離れていくのだなあ・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「○○ちゃんにあんたが『いつ帰ってくるか決まったら連絡下さい』って頼まれてるけど、自分で連絡できる?」と言われたけれど、私の真後ろにいるD子ちゃんからは

「まだですかあ~?」というオーラがビシビシ伝わってくる。

仕方ないので○○ちゃんには母から連絡を入れてもらうことにし、搭乗開始までしつこくルイ・ヴィトンを探しながら、みたびバラハス空港をさまようことになったのだった。。。

やっとのことで乗り込んだヒコーキが離陸した時、空港に来て初めて

「ほんまに帰るんやなあ・・・」という気持ちがしみじみと湧いてきた。

目の下にはヨーロッパのあちらこちらで目にした

「広大な田舎」が広がっている

もしかして、今見下ろしているこの山をバスに乗って越えたことがあるかもしれない。国際列車に乗って通り過ぎていたかもしれない。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

真後ろでD子ちゃんが待っているので

ゆっくり話もできなかったけれど、とにかく母親に今日のヒコーキで日本に帰ることと、途中で乗換えがあるけれど多分それには間に合わないので今のところ何時頃日本に着くかハッキリしていないことを伝えた。

いきなりの帰国宣言にも母は驚かず、
「もし明日(日曜日)帰ってくるんやったら、お父さんと一緒に迎えに行くわ」と、

至って冷静なコメントをくれた。

さすが「クレジットカードとキャッシュカードが入った財布スラれた・・・」と日本時間の午前3時頃に、ポーランドからコレクトコールで電話をかけた時にも慌てず騒がず

「じゃあカードは再発行して

Kさん(フランスに住んでいる友達)のところに送ったらいいんやな?」
と言った母だけのことはある。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

あるはずのないルイ・ヴィトンの空港店を探しながら、
1時間も搭乗時間が遅れたんだから、50分しか余裕がないシンガポールのトランスファーが

「ノープロブレム!」なわけないよな


と思った時、帰国することを誰にも伝えていなかったことに気がついた。

空港に着いたら実家に電話をしようと思っていたのに、D子ちゃんに付き合って右往左往している間にすっかり忘れていた。
D子ちゃんに

「家に電話するからしばらく1人でいられる?」と聞くと

「待ってます!」とのことで・・・。

正直やれやれ感炸裂。たった一人のお守りでもこんなに大変なんだから、団体ツアーの添乗員さんってほんとに激務なんだろうな。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

えーと、両替が無効??

・・・D子ちゃん、ちょっとめんどくさいかも。。。
私もT子さんみたいにこの場から

小走りで立ち去りたいよ~。


その後、入国審査で「次の人はここで待つ」ラインで待てず、私が呼ばれたら一緒についてきて

「Back!」と何度も係員に言われてしまうD子ちゃんを

両替所に連れて行き、「友達に頼まれたから買って帰らないと」と必死でルイ・ヴィトンを探すD子ちゃんに
ヴィトンは空港に免税店を作らないはずだよ」と言っても

信じてもらえず、免税店を1軒1軒見て回ったり。

興味のない免税店を覗くためにウロウロすること1時間。ああやっと搭乗時間になったよ、と内心小躍りしたのにヒコーキのナントカに不備があったとかで搭乗開始時間が遅れ、

更に1時間免税店を巡るハメに・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

・・・ちょっとおおおお・・・T子さん、明らかにD子ちゃんを私に押し付けたわね?!出発までまだまだ余裕があるはずなのに、

あの小走りっぷりったら!!


まあでも袖振り合うは他生の縁だし、関空まで、旅の思い出を話せる連れができたと思えばいいや。とりあえずお茶でもしながら・・・と思っていると、D子ちゃんが

「はてるまさあん、私両替したいんですけど」と言い出した。

両替は出国審査通ってからでもいいんじゃない?と言うと、

「でも入国した時は確か審査の後で両替したんです!じゃあ出国する時は審査の前にしないと

無効なんじゃないですか?」
と譲らない。挙句に

「今しなくてほんとに大丈夫なんですね?!」

何度も念を押される始末。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

大音量の独り言の女の子(は長いから以下省略の上仮名・D子ちゃん)・D子ちゃんはやれ嬉しや日本に帰ります、ってことになったのはいいけれど、航空会社のカウンターでチェックインするのもあやういくらいの語学力

英語もほぼダメらしい)。


なので、同じオスタルに泊まっていた日本人の女の子(以下T子さん)が今日日本に帰ると聞いて、T子さんに合わせて自分の帰国の日を決め、T子さんが他社の航空会社のカウンターでチェックインしてから、2人でD子ちゃん(と私)が乗る航空会社のカウンターにやってきて、

「誰か関空まで一緒の人いないかな~」

アピールした とのこと。

あーなんかやばそうな雲行き・・・と思ったけれど後の祭り

T子さんは
「頼りになりそうな人がいてよかった!D子ちゃん、しっかりこの人についていくのよ!じゃあね!」とサワヤカに手を振り、

一目散に出国審査に向かったのだった・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

バラハス空港に到着し、「ほんまに50分でトランスファーできるか確認しよう」と思いながらチェックインカウンターに並んでいると、後ろの方から

「誰か関空まで一緒の人いないかな~」と、

明らかに独り言ではない音量で、女の子の(日本語の)声が聞こえてきた。

思わず私、関空と手をあげて振り向くと、

日本人の女の子が2人いて「よかった!」「よかったね!!」

手を取り合って喜んでいる

話を聞くと、大音量で「関空まで~」と言っていた女の子は

日本でのあまりの激務に嫌気が差し、1ヶ月の予定でサラマンカにホームステイ&語学留学に来たものの(確かに話を聞くかぎりではホストファミリーもあんまりな感じではあるけど)1週間で根を上げてしまい、急遽帰国することにしたという・・・

1週間・・・そりゃもったいないことで


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

チェックアウト後、タヌ夫さん(キャスターつきリュック)を預かってくれていた宿に寄り、メトロのセラーノ駅まで移動。最後に男女の掛け合い車内アナウンスも聞けたし

これでマドリーに悔いを残さずに去れる。。。

空港までのシャトルバスが発着するセラーノ駅のバスターミナルには、大きなスーツケースをひっぱっている人やバックパッカーがたくさんいる。

この人たちもみんな今日を最後にスペインを去るのね。
今までお疲れ様でした、旅の仲間たち!

(初めて会う人ばかりだけど)


これで本当に帰れるのだ、と安心したせいか、珍しくエアコンが利いたバスに揺られている30分間は

全く記憶がないくらいに爆睡していた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シンガポールで1度乗り換えが必要だけれど、

運よく今日出発できるチケットが買えた

これを持って空港に行ってヒコーキに乗って、

ゴハンを食べて映画を観て

ぐーぐー寝て起きてまたゴハンを食べて・・・


何度か繰り返したらもう日本にいるんだなあ。

と、しみじみとチケットを見ていてハッ!と気付いた。


これ、シンガポール

トランスファーに50分しか余裕がないけど大丈夫?!

旅行代理店のセニョーラに聞くと、「航空会社に確認するわ」とその場で電話をしてくれた。電話を切った後、ノープレブレム!と無愛想な顔で言ったセニョーラの言葉・・・

信じていいのかなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
ほぼ一睡もしていないのに全くテンションが下がらない

そして「日本に帰るのだ!」と思うと、

毎日毎日あんなに腹立たしかったマドリーの暑さまでが愛おしい。

受付にいたセニョールに格安チケットを扱っている旅行代理店を教えてもらい、大急ぎでそこに向かう。
受付にいたのはいたって無愛想なマドリーではこれが普通なのかな~)セニョーラ。

HOLA!と声をかけるだけで、

ああ今まで何度こうして外人に外国語で挨拶をしてきただろう、あと10回くらいはこんな機会もあるのかなあ・・・
といちいち感慨にふけってしまう。

意外とめんどくさいなあ、私って。


セニョーラに「日本までの片道のチケットを下さい」というと「チケットだけ?ホテルは必要ないの?」と質問されたので

「日本に帰るんです。自分の家にと答えると

「えっ日本人なの?!」と驚かれてしまった。

・・・最後まで中国人と思われちゃうわけね。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

いかにもイタリア人らしいアレックスの怒涛のナンパとか、

モツィアで出会った男前のポリツィアたちとか、カターニアのパパーとかバチカンで拝んだ教皇のこととか。

何日かかるか分からないけれど、みんなに聞いてほしいことがいっぱい。

・・・にしても男性の思い出ばっかりだなあ。


言葉も通じない、どこに向かっているかも分からないまま、とにかく周りの人に遅れないようにと吹雪の中を必死で走った国境越えも、アムステルダムでアンネの家の家具を見て

「カワイイ~!こんなのウチにも欲しいよね~」

と腰がくだけるような感想を述べ合っていた日本人観光客とか・・・いい思い出もそうでもない思い出もひっくるめて全部忘れたくない。

「1都市(街でも町でも村でも)最低1枚」と決めて、気に入ったものを購入していた絵ハガキ(何枚か溜まると、お土産などと一緒に実家に送るようにしていたので今の手持ちは10枚くらいしかないけれど)を見ていると、その町の温度や食べ物、狭い路地などが頭の中をかけめぐる。

ああ、万感胸に迫る ってこういうことだ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

帰国すると決心した途端、

異常に目が冴えて全く寝られなくなってしまった。

明日のヒコーキのチケット、買えるかな?
親に会ったら最初に何て言おう?とか、
帰るって連絡したら誰か空港にお迎えに来てくれる友達はいるかな?こんなに真っ黒になって、みんな私って分かってくれるかな?
とか、死んだ子じゃなく、

これから生まれてくる子の月齢を数えるような想像ばかりが浮かんでくる。

相当帰りたかったんだろうか、私・・・旅人って、普通帰国前は

「帰りたくないよ~」って感じで

もっとしょんぼりしてる気がするんだけど。


帰国へのヨロコビにしばし浸った後、パッキングをしながら放浪中の出来事を最初から思い出してみた。
日本に帰ったらあんなことがあったしこんなこともあったよ、って

周りの人に聞いてほしい話がいーーーーーっぱいあるなあ・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

イタリアに行きたいなあ、と軽い気持ちで始まった数ヶ月の予定の旅が、いつの間にかハンガリー・チェコ・スロバキア・ポーランドと・・・足の向くまま、気の向くままに

ヨーロッパを横断する放浪になってしまっていた

そんな刺激のある毎日を過ごしていて、自分が旅に疲れていることに気が付くのが少し遅かったみたい。

自分の顔が平べったい事も忘れるくらい外人に囲まれ続けて、これから行く先々でも

「○○は良かった」なんてことばかり考えてダラダラと無気力に旅を続ける?

でもそれは自分にもこれから出会う人にもヨーロッパにも失礼だろう。
今日の舞台は長い間頑張った私への、スペインからの最後のはなむけだったんじゃないだろうか・・・


よし決めた!日本に帰ろう!!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

宿に戻って久しぶりに気持ちが高ぶっているのを実感した
それと同時に、本当に久しぶりに

「今の気持ちを家族や友達に直接伝えたい」と強く強く思った。


マドリーに来てから、ずっと心のどこかで「この街は私に合っていない」「出会う人たちがみんな親切じゃない」という

くすぶった感情があった。

そして何か気に入らないことがあるたびに「ラ・マンチャで出会ったダブルマリアは優しかった」とか、「コルドバのフラメンコの先生は本当に親身になってくれた」とか、

死んだ子の歳を数えるような繰り言ばかり重ねて・・・


でもこれって、マドリーが私に合っていないんじゃなく、知らないうちに放浪に疲れた私がマドリーを、この街で新たに出会えるはずの人たちを

拒否しているだけなんじゃないのかなあ・・・


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

踊り手たちの肉体にウットリしていると、2幕の舞台は瞬く間に終わってしまった・・・

これで終わり?!

いやや~もっと見たーーーーーい!!!!


と、しばらく席から立ち上がらず、1人で駄々をこねていた

これで4,000円とは、なんというコストパフォーマンスの高さ!!

日本でこのレベルの舞台を観ようと思ったら確実に15,000円くらいはかかりそうなのに、この観客の少なさ。うーん納得できない。
この舞踊団の素晴らしさをスペイン人にアピールしたくてたまらないっ。

ありがとうカルメン・ルビオ。
ありがとうBallet Espanol de Murcia・・・


この感動、忘れません 

早速この感激を誰かに訴えねば!! と、テアトロ・デ・マドリーまで見送ってくれたシニョールがいた靴屋さんに寄ってみたけれど、既にドアには鍵がかかっていて無人だった。
がっかり。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

脚はもちろん、どの踊り手も体の線がもうめちゃくちゃキレイ

体全体、特に腕と背中がもう素晴らしく「ダンサー」の肉体!

ロングヘアの主役以外にも3人いた男性の踊り手たちの衣装は、最初から最後まで

ストイックな長袖長パンツだったので

残念ながらリアルな筋肉は拝めなかったけれど、そのかわりに女性の踊り手たちの露出が本当に効果的だった。
セゴビアアビラマドリ
(カメラを持っていなかったのでイラストのみ)

背中にはヒモだけの衣装の時は背筋の美しさにほれぼれし、短めの上着を来た時に見える腹筋の深さには感動すら覚えた。

鍛え上げられた人間の肉体に拍手!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

タブラオで観るフラメンコの場合、(舞台がそれほど広くないからかもしれないけれど)
ひとつのダンスに登場するバイアオーレ(踊り手)は1人もしくは2人、フィナーレが近づくと多ければ5~6人が踊るところしか観たことがなかった。

けれど、今日の舞台では20人もの踊り手が登場する群舞あり、ガルシア・ロルカの詩の朗読あり(詩の解釈なんて全然できず、

時々「あっこの単語知ってる!」という状態の私でも

なぜか感動して涙が・・・すごいなロルカって)


そして色気とオーラが発散されまくっている

主役2人
の絡みもたっぷり。

踊り手たちの衣装も何度も何度も替わり、それを見ているだけでも飽きない。加えてやはり「Ballet」なだけに、フラメンコの舞台では見られない、

頭上に高々と上げる踊り手たちの脚の線の美しさったら!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング

人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

しかし!

そんな予想を見事に裏切り、Ballet Espanol de Murciaのダンサーたちは

素晴らしい舞台を見せてくれた。

伝統的なバレエ、ではなく、Ballet Espanol de Murciaはフラメンコの要素を前面に押し出している舞踏団らしい。

ピッタピタのバレエタイツを履いた王子様も瀕死の白鳥も眠り姫も出てこないけれど、黒いロングヘアをひとつに束ねた男性の踊り手、そして眉間に

「世界中の人間の苦悩が今まさに

私のものになっています」
的な、いかにもフラメンコなシワ

きざまれた女性の踊り手。主役を務めたこの2人が

もう本当に素晴らしかった!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

あらら・・・やっちゃったかな~。

今日の舞台って大枚(約4,000円)を使った価値はあるのかしら。
メトロを乗り継いで足指用リングも買って、暑い中頑張っておめかしまでして来たのになあ。


開演を知らせるブザーが鳴ってもやはりお客は増えず

おいおいおい~こんなに不人気で大丈夫?!

今日もお遊戯見せられるの
という私の不安と共に幕は開いた。

スペインで初めてのバレエ鑑賞だし、楽しみにしていたのに
このお客の少なさから予想すると・・・もしかして、

あまりレベルが高くないのかも・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

大慌てでテアトロ・デ・マドリーに駆け込み

自分の席に着いた。
額の汗を押さえながら周りを見回すと

・・・あまりお客が入っていない

多分500席くらいはある会場。そして私は舞台中央の前から6列目といういい席に座っている。最初に席に着いた時は

わっラッキーと喜んだけれど、

他の観客はほとんど私よりも前の席に座っている。
あら、もしかして私一番最後にこの公演のチケット買ったの?

ざっと見た感じではお客の数は50人弱・・・
フラメンコでもオペラでも、こんなに空いた劇場って今までなかったのに。
幼稚園児のお遊戯みたいな稚拙なフラメンコを見せられたコルドバのタブラオだって、もっと観客がいて賑わってたよ・・・


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ふらりと入った水着の専門店では「今年の水着」のコーナーに

3,000円くらいの可愛い水着がたくさんある。

これでパットが入るなら、そしてパンツがもっと大きければ絶対買うのに~!!
(ヨーロッパの水着は日本の水着のように胸パットを入れるところがなく、

ぺらっぺらなので恥ずかしくて着られない

ちなみにパンツの方も信じられないくらいに小さいものが多く、日本人の扁平なおしりではこれまた恥ずかしくて履けない)

水着を見たり、1,500円のTシャツを買おうか買うまいかと熟考しているとあっという間に時間が過ぎていて、時計を見ると開演10分前になっていた。

やばい、遅刻する~!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。