気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

うーん、まさにモラトリアムならではの生まれいずる悩み。。。

そんなに真剣に考えなくても、人間なんて慣れる生き物だし、ジャスコに入社してしまえば覚える事がいっぱいあってすごく忙しくて

「本当に自分はジャスコで働きたいのだろうか」なんて事を

考える余裕もなくなると思うんだけど。
それに、働きながらでも休みを取って海外旅行に行く事もできるし、何年か働いてみて自分がほんとにジャスコの仕事に向いてない、と思ったらその時は会社を辞めて

別の仕事に就くなり、思い切って放浪するなりしてみたら
??

と、自分の経験に則って慰めというかアドバイスもどきのようなことを話しかけながら、自分のモラトリアム時代や、OL時代の事を思い出していた。

・・・でもたしかにRくんの言うとおり。
普通に会社勤めをしてしまうと、こんな風に

きままな旅なんておいそれとできないものだよね。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

男の子が泣くところなんてあんまり見たことないし、

どう対処すればいいのやら??
Tくんはさすがに同性なので、特に躊躇することもなく

「R!メシ食いに行こう!」と声をかけた。

でもメシって・・・シチューとパンとタルタ(ケーキ)をたらふく食べたところだよ?
今の時点で「メシ」はないでしょう。実はTくんもかなり焦っているのでは。。。


3人でひっそりと闘牛場を後にする。
闘牛場の外ではマタドール(闘牛士)との闘いに敗れた

Toro(牡牛)たちが肉の塊と皮の2つに分けられて肉屋さん?のトラックの荷台にどさどさ積み込まれていたりして、

更に重苦しい雰囲気。

しばらく3人で黙って歩いていると、Rくんがポツポツと今の心境を話し始めた。

曰く、ふと気付くと自分がこうして楽しく旅をする日々はあと少ししか残っていないこと、自分の旅にはリミットがあるのにTくんや私が

「期間無期限」の旅を続けられるのが

とても羨ましいこと、こんな気持ちで日本に帰って社会人になれるのかどうか不安なこと、そしてそもそも自分は本当にジャスコで働きたいのか分からなくなってきたこと。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

巨大なタルタに気を取られてしまったので後半の闘牛もシッカリ見られず。。。(昨日の闘牛の途中でおもむろに出てきた『べこ』は今日は出てこなかったことだけは確認したけど)

闘牛(というか大人数でのお食事?)が恙無く終了した後、周りの私設応援団の人たちが退場するのに続いて歩いていると、

Tくんが「Rがいない!」と気付いたので2人で席まで戻った。

さっきのアダっぽいセニョーラに骨抜きにされてたりして!とTくんと2人でニヤニヤしていると、Rくんはさっきと同じ席に座ってなんだかボーっとしている。

ほらほら、やっぱり骨抜きにされてる

Tくんと顔を見合わせていやらしい大人の微笑を交わしてから、「Rくん!!」と声をかけてビックリ。

わっ!!Rくん、泣いてる~!!!

何があったの??セニョーラに告白してフラれたの??



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シチュー皿をパンでぬぐいながら(いつの間にかパンもまわってきていた)
アレーナ(闘技場)からは少し遠いし、真剣に闘牛を見たいRくんには申し訳ない席だなあ、怒ってないかな?とTくんの隣にいるRくんをチラ見すると

アレーナに背中を向け、後ろの席に座っている

アダっぽいセニョーラ(おばさん)と熱心に話しこんでいる様子。

ああいうアダっぽいスペイン人にモテるのはTくんの方だと思ってた。意外。

シチューを食べ終えてさあこれで後半はしっかり闘牛観戦をするぞ!!と気合をいれていると、シチュー鍋が引き上げられた後に運ばれてきたのは

4段重ねの巨大タルタ(ケーキ)・・・。

ワインにパンにシチューに、デザートまで出てくるなんて、サービスが良すぎる~!

(しかも全部無料だし)

ここは闘牛場じゃなく、無料で食べ放題のリストランテ??


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

闘牛が始まってからも更に買い叩いたこのチケット、地元の私設応援団に程近くて賑やかしく、思いっきりSOL(日に照らされる側)の席。
その席に私とTくんとRくんが腰掛けた途端、もうかなりいい具合に酔っ払っているセニョール(おじさん)が

「おお娘よ!よく来たよく来た!」と満面の笑みで迎えてくれた。

・・・こんなにのっぺりした顔の東洋人を娘と呼んでくれるとは。
セニョール、かなり出来上がってるなあ。。。


私を「娘」扱いしてくれるセニョールが、

ワインを配ったりシチュー鍋(!!たかだか3時間弱の闘牛中になぜゴハンを食べたくなるのかスペイン人よ・・・)を運んでいる私設応援団の人たちになにかと指図をしてくれたおかげで、

タダのシチューやタダのワインにありつけた。

わーい、ごちそうさまさま闘牛さまさま!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

実は

昨日の闘牛はイマイチよく分からなかった

とRくんが言うのでじゃあ今日も行っとく?ということになり、闘牛場の前でダフ屋のセニョール(おじさん)たちと価格交渉。

今日は私もTくんも、昨日ほど「いい席をGETする!」という熱さがなかったので、値段交渉にもあまり力が入っていない。
でもほどほどに肩の力が抜けている時の方がうまくできる事も多いのか、やる気はあまりない割には
闘牛が始まってから更に値切りに値切って

3人分で3,000円という、破格の安さでチケットを手に入れた。

・・・こんなに安い席もあるのね。闘牛新発見


そして今日の闘牛は・・・「闘牛が見たい」というRくんの希望はあまり叶えられなかったけれど、私にとっては新たな展開で楽しめた。

但し闘牛以外の部分で。
牛祭り 012

今日も闘牛場は満員。
毎日毎日こんなに人が入るなんて、さすがサン・フェルミン祭。
マタドール(闘牛士)もやる気が出るだろうな~。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

普段はBar(立ち飲み屋さん)でクダを巻いているスペイン人たちが

大挙して押し寄せたのでは?と思うくらい、
たくさんの人で賑わっているカスティーリョ広場で私・Tくん・Rくんの3人が

しばしバラバラになってしまう、というハプニングもありつつ。(でも3人の集合場所はTくんが例のギターライブをしてくれたおかげで「顔」になったBarか、私が泊まっているホテルの前になんとなく決まっているので心配ご無用

人並みの間をすり抜け、城壁まで行くとアルガ川が見えた。
こんなに近くに川が流れていたとは・・・パンプローナに来てから、闘牛場とBarの往復ばかりで町の様子が全然分かっていなかったのだなあ。そういえばここのところカテドラルにも美術館にも行く時間がなくってほんとに「動」の時間を過ごしている気が。

友達がいていつもワイワイしているのも楽しいけれど、

一人でしっとりする時間もちょっと恋しい

人間って欲が深くてワガママな生き物だなあ。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

おじいちゃんきこりのパフォーマンスに感心しつつ、適当に足が向く方向に歩いていると、オープンエアのライブ会場の舞台を見つけた。

そこそこ立派なこのステージ、昨日の夜は確かコンサートをしていたところだけれど、

今日はガラリと趣向を変えて素人のど自慢大会、のようなイベントが開催中。
4人組の素人さん(多分。もしプロの歌手のひとだったらゴメンナサイ)が気持ち良さそうに

サン・フェルミンがどうの~ とか、

♪Irnea『パンプローナ』の現地語表現)がこうの~ と、ひとりずつ順番に交代して歌っている。

舞台を見ている観客には現地語通が多いのか(というかパンプローナ在住の人たちが多いからだろうけれど)♪Irneaがこうの~という曲の歌いはじめと歌い終わりには一層大きな拍手が起こっていた。

どこに行ってもみんなが笑顔で楽しそうに拍手をしている。お祭りっていいなあ・・・。

4人の素人さんたちのライブの後も、人の波にのまれつつじわじわと移動。
そして観光案内所もあるパンプローナの中心、カスティーリョ広場に着くと、

ビックリするくらいたくさんの人が!!

  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

だるま落としスライスがちょうど20枚積み重なった時、おじいちゃんきこりはチェーンソーを足場の板に置き、

丸太のてっぺんにキレイに積み重なっているスライスされた板を
1枚ずつ地面に放り投げ始めた。

おじいちゃんきこりがスライスされた板を放り投げるのにあわせて、周りの観客から

「uno!dos!tres!(1!2!3!)」と掛け声が上がった。
玉入れの網に入った紅白の玉を先生が放り投げるのにあわせて

「いーち!にーい!さーん!」とカウントしたのを思い出すなあ。


童心にかえって周りの人たちと一緒に「17!18!19!20!」と最後の20枚目までカウントし終わると、観客席からは大きな拍手が起こった

あのおじいちゃんきこりのテクニックはたしかにこの賞賛に値する!!
普段目にすることがないきこりのすごさを堪能した、いいイベントだった。。。


牛祭り

カメラを持っていなかったので感動が薄れないうちに日記に書いた「おじいちゃんきこりの偉業」のイラスト


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

一番上の足場に立ったおじいちゃんきこりは、

地上5~6mという高さをものとのせず、丸太のてっぺんにオノを
何度も何度も打ち込む。
あんなにてっぺんに足場の為の切込みを入れるわけでもないし、それにしては何度も何度もオノを入れているなあ・・・と思って見ていると、おじいちゃんきこりは

1、2、3枚、オノで丸太のてっぺんを叩き切った。

おおっ力わざ!とTくん、Rくん、私が喜んでいると、おじいちゃんきこりは今度はチェーンソーを取り出し、丸太のてっぺんから1枚・2枚・3枚・・・と、逆だるま落としの要領でどんどん丸太をスライスしていく。丸太がチェーンソーで切られる時に大量の木屑が風に舞い、もうもうと広がるのが春先の杉花粉みたい。

空気が黄色い・・・。

スライスされた丸太は地面に落ちることなく、丸太のてっぺんにキレイに積み重ねられていく。

15枚・16枚・17枚・18枚、えっ、何枚切るの?おじいちゃんきこりが乗ってる足場のところまであと少ししか残ってないよ??19枚・20枚!

すごい!足場の板がささっているほんの少し上までスライスされた!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ロープで

地面と垂直に立てられた太い丸太が最後の勝負の舞台
その勝負の舞台にはかなりおじいちゃんに見えるきこりが登場した。

赤チームと緑チームで闘っているのだ、と思っているのでおじいちゃんきこりも2人出てくると思ったのになぜ一人しか出てこなかったのだろう?そういえば丸太も1本しか立っていないし、これは別に2チームの闘いではないのかしら・・・。

おじいちゃんきこりはまず太い丸太の、地面から1mくらいのところにオノで何度か切り込みを入れ、充分深く切り込みを入れた後、足場になる板を差し込んだ。

足場にヒラリと飛び乗ると、1枚目の足場の板からまた1mくらいの高さのところにオノで素早く切り込みを入れて次の足場になる板を差し込む。
そしてまた2つ目の足場から1mくらいのところにオノで切り込みを入れて3つ目の足場の板を差し込む・・・と、素早く作業を続け、あっという間に

太い丸太には足場の板が螺旋を描いていた。

あんなじいちゃんなのに、すごーーい!とTくんやRくんや私はいたく感心したけれど、実はこのイベントの本当の見せ場はこれからはじまるのだった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

これから何が始まるの?とTくんとRくんに聞くと、

「2組に分かれて戦うんだよ」とのこと。。。
それくらい見れば分かるってば!!

なぜこのイベントを「オモシロそう」TくんとRくんが判断したのは甚だ疑問ではあるけれど・・・引き続き見物していると、赤・緑の2組に分かれた両チームのメンバーが

1、 板切れを集める
2、 土嚢のような砂袋(?)をせっせと運ぶ
3、 オノで丸太(1~2mくらいの細い方)を切る
4、 ノコギリで丸太を切る
5、 普通にかけっこ(これがまたなんとも微笑ましいレース)6、 バーベルのようなおもりを上げ下げ

7、 50kg(とアナウンスされていたような・・・)のおもり運び
8、 大きな石(多分)を上げ下げ(何の為に??)

という、各種競技で競い合った。どの競技も早い方が勝ち(当然か)となり、いまのところ赤チームと緑チームの勝負は五分五分!
そして最後の競技(?)は・・・


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ううう・・・すごいシーンを見た・・・。と、
Bar(立ち飲み屋さん)のTVを見ながらどんよりしているのは私だけで、他の人たちは引き続き放送されているエンシエロ(牛追い)参加者たちが牛に踏みつけられたり牛を避けようとして石畳の道で足を滑らせたりしているのを見て

どっと歓声をあげて大ウケしている

その間にTくんとRくんは観光案内所で貰ったサン・フェルミン祭りのパンフレットから、オモシロそうなイベントを見つけていた。

Barを出て、何人もののじゅかー(野宿する人。私の造語)が自分のバックパックを枕にして木陰でゴロゴロごろ寝しているエリアを越えたところにある広場に向かった。

そこにはカラーコーンや、長さ6~7mはありそうな太い丸太、その他にも1~2mくらいの丸太(こちらは切りやすいように台に固定している)、のこぎり、オノ、バーベルのような各種おもり、などなどが既に設置されている。

ひときわ立派な太い1本の丸太は、ロープで地面に垂直に立てられている。
その周りには用途不明の板切れ数枚土嚢に使うような袋(中身は土か砂?)、大きな石も準備されている。

そして丸太の周りには

屈強な男たちが赤チーム・緑チームに分けられて待機中


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

そしてエンシエロ(牛追い)のゴールになっている闘牛場の手前、道幅が極端に狭くなっている難所を難なくクリアして駆け抜けたセニョール(おじさん)が、闘牛場の入り口で

あっコケた!と思ったらあとからあとから参加者が駆け込んでくるものだからセニョールを含めた10人くらいの人たちが次々に倒れてダンゴになっているところに

牛たちが追いつき、気の毒な参加者たちを遠慮なく踏みつけて行く

・・・私がゴールする前にこんな大惨事が起こっていたとは!!

そして画面が切り替わると・・・顔に赤い布をかけられた人(!!)
牛祭り 006
が、赤十字つきの制服を着た救急隊員たちに担架に乗せられて救急車に運び込まれている・・・。
顔に布!!まさかお亡くなりになった方??

死人(?)が出るなんて、ますますだんじり祭りと同じニオイがする。

次に画面が切り替わると、また別の被害者らしき人が病院(と思われる)建物に搬送されたシーンが・・・

怖いっ
これが今日のエンシエロじゃなく、

去年やその前の年の「不幸な参加者」を

映しているのであってほしい
・・・。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

それにしても、

3分ほどのイベントを1日中繰り返して放送するとは・・・パンプローナの人たちは本当にエンシエロ(牛追い)が好きなんだなあ。


でも・・・昨日、柵の上に腰掛けて安全なところから「高見の見物」としゃれこんでいた時は「のどかだなあ」と思っていたけれど、全コース800mをTVカメラで俯瞰してみるとこれが・・・

ものすごおおく迫力がある!!

コースいっぱいに広がって必死で走る参加者たちの後ろを

「邪魔邪魔!どけどけーい!!」とばかりに追いかける大きな牛たち。
柵の上から一瞬だけ見下ろした「牛たちと人間の追いかけっこ」とは全く違って、コースのあちこちで起こったドラマが一気に楽しめる。(楽しめる、というと少し乱暴だけれど・・・)

本当に何も障害物がない、見通しのいい直線コースで

ツルリと足を滑らせて転ぶ人がいるとエンシエロ

「(危険なので)倒れた人を助けない」という規約なんて無視して転んだ人を助け起こそうとした優しい参加者たちのかたまり、に突っ込んでいくのは集団の2番手につけた牛たち。


情けは人のためならず、ということわざはエンシエロでは通用しないみたい・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

素人闘牛で活躍したTくんと闘牛場を出たところで合流し、Tくんがカウンターの上でギターをかき鳴らしたことで

すっかり「お馴染みさん」になったBar(立ち飲み屋さん)に向かい、3人でエンシエロ(牛追い)お疲れ様会」を開いた。

Barの店主(と思われる)目つきの鋭いセニョール(おじさん)に
エンシエロに参加して、

最後の牛より早くゴールできました!」
と報告すると、私の好みを覚えてくれているセニョールは「お祝いに!」サングリアをごちそうしてくれた。

サングリアとビール、ワインと各々好みの飲み物で3人が無事800mを走れた事に乾杯。

こんなにどんくさいのに転ばずにKさんのお望みどおりに激走できた
・・・ああ本当によく頑張った、今朝の私!!


BarにあるTVではエンシエロの様子が放送されている。
パンプローナでは1日中エンシエロの様子を放送しているケーブルテレビ局があるらしい。

岸和田のだんじり祭りみたいだ。私も映ってるかな?私はともかく、

素人闘牛で頑張ったTくんは映っている可能性大とみた。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

馬にも槍にも剣にも頼らず、本当に

「人力」だけで柵に若牛を戻すと、また新たな若牛が柵の中から現れる、というシステム、文字にするとなんとなくおっとりした勝負のようだけれど、実際に見ているとなかなかの迫力がある!

今まで牛と追いつ追われつして、800mを走ってきたばかりとは思えない元気なエンシエロ(牛追い)の参加者たちは、何人かがグループになり、力を合わせて次々と登場する若牛たちを柵の中へと追い返す。

中でも若牛の角を掴んで侠気を見せた参加者には

観客から大きな拍手がおくられる


われらがTくんは若牛の角こそつかめなかったものの、

若牛の突進からひらりと身をかわした身のこなしが見事
で、私とRくんの隣にいた

外国人に「ニンジャ!」と叫ばせていた
何をさせてもソツがない人っているのだなあ。。。

もちろん素人闘牛の参加者全てがTくんのように要領がいい人ばかりではないので、若牛を避け損ねて派手に飛ばされる人もいれば明らかに

「あの人、今牛に踏まれたよね?」と思う人もいる。

けれど大怪我をする人もなく、概ね和やかな雰囲気の中素人闘牛は幕を閉じたのだった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

しばらくアレーナ(闘技場)を見ているうちにエンシエロ(牛追い)の参加者(参加者なら誰でもいいわけではなく、最後の牛よりも早くエンシエロのゴールになっている闘牛場にゴールできた人のみ)有志による

素人闘牛が始まった。

アレーナの中にある柵から、普通のToros(闘牛)で闘うToro(牡牛)よりふたまわりほど小さく見える若牛が1頭ずつ走り出てくる。

いくら小ぶりでも素手でToroと戦わせるなんて、パンプローナサイドも大胆だなあ・・・と思いつつ、若牛をよーく見ると角にはしっかりと布が巻かれていた。

じゃあ角で突かれて大怪我、なんてことはないか。やっぱりRくんも参加させるべきだったかな??でもカポーテ(ピンクの布)も槍も、もちろん剣も持たずに

どうやって牛と闘うのかな


興味津々で見ていると、何人かの参加者が一丸となって(素手で)若牛に向かっていき、

角を掴んで(!)若牛の勢いを殺し、元通りにアレーナの柵の中に追い返した。
柵の中に若牛を戻すと、また新たな若牛が柵の中から現れる、というシステムになっているらしい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

よく見えないって何が?と聞くと、今からエンシエロ(牛追い)の参加者による

「素人闘牛」が始まる
とのこと。そして(当然というかやはりというか)

われらがTくんもその素人闘牛に参加するらしい。

希望者は誰でも参加できるならRくんも行っておいでよ!とニヤニヤしながら言うと、
「僕帰国したらすぐに働くんですよ!入社早々

『スペインで闘牛中にケガしました』なんて事になったらすぐクビになっちゃいますよ!!」
とマジメな顔で返してきた。

いやいや、意外とおお侠気のある新入社員がきた!って思われるかもよ?一旦正社員になれば、そう簡単にはクビにされないし、最近の若い子って覇気がないのに

コイツはなかなかやるなあ
、と思われるかもだし!!


と言いたかったけれど、あまりいじめて

「じゃあはてるまさんと一緒なら参加します」なんて言われても困るし、今日のところはカンベンしておいてあげよう。
二人並んでここからTくんの勇姿を拝ませてもらうのもまた一興!だし。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

闘牛場の入り口で起こったトラブルに巻き込まれるものか!!と、周りの参加者たちが一斉に思い思いの方向に散らばっていくのでわーん置いていかんといて!!!と一番近くのバレラ(砂かぶり)に逃げ込んだ。

バレラから顔だけ出して様子をうかがっていると、アレーナ(闘技場)にはちゃんと牛の整理係さんたちがいて、駆け込んできた牛たちはアレーナの中に作られた塀というか柵の中に追い込まれていた。

やれやれ、これでひと安心。。。
バレラから顔だけ出して、牛たちが次々と塀の中に追い込まれるのを見ていると

「あっ!!無事だったんですね!!」という声と共にニコニコしているRくんが目に入った。
Rくんも無事だったのね。よかった~!!

アレーナは危なくない?まだ一人二人なら入れる余裕があるし、Rくんもこっちのバレラに来たら?と誘うと

ここじゃあまりよく見えないかもしれないですよ~」と言いつつ、素直に隣にやってきた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

今までそれなりに道幅があり、後ろから来る牛をやり過ごせるくらいの余裕があったのに、闘牛場の手前の道はいきなり幅が狭くなり、参加者たちが狭くなった闘牛場の入り口に向かって殺到するので、セニョール(おじさん)やおにいちゃんたちにもみくちゃにされてしまった。。。

最後の最後にこんな目に遭うなんてっ!!!と思いながら、なんとか入り口を通り抜けて闘牛場のアレーナ(闘技場)に足を踏み入れると・・・

観客席にはたくさんの人が!!エンシエロ(牛追い)の参加者たちを見に集まってくれたのかな?

「みなさーーーん!!私やりました!!」って、笑顔で手を振ってアピールした方がいいのかな?(トップアスリート気取りだなあ・・・)

と、観客席に向かおうとして、ふと自分がたった今通り抜けてきた闘牛場の入り口を見た時、今までコースを走っていた

牛たちの最後の集団(多分)がドドドドド!!!
地響きをたてて入場してきた。

うわーーー!!!ここにいたら踏み潰されるっ!!!
せっかくここまで無傷で走ってきたのにっ!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

なにこの巨体!!なにこの大迫力!!!怖いっ!!!
と、牛を避けた参加者たちがいる「人だまり」でとりあえず巨大な牛たちをやり過ごした。

牛ってあんなに大きかったっけ??普通の牛の2倍くらいありそうな感じがしたよ?闘う為に生まれ育ったToro(闘牛)だから?
草だけ食べてあんなに大きくなれるものなの牛って??


などと考える余裕もなく、残る牛たちに遭遇しない為にはもっと距離を稼がねば!!と再び走り始めた。

直線コースでもう一度巨大な牛たちの第2集団(今回は計6頭の大集団

2頭をやり過ごしたの時とは比較にならないくらいのケモノ臭がした)をやり過ごした後、昨日私が柵の上に座って「みんな和やかにトコトコ走ってるな~」ととんでもない勘違いをしながらエンシエロ(牛追い)を見ていた地点を通り抜け、ゴールの闘牛場まであと少し!というところまでやって来た。

目指すゴール、闘牛場はすぐそこに迫っている。
なのに・・・やったー無事ゴール!!と喜ぶのはまだ早かった・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

いいお年をしたメタボなセニョール(おじさん)たちが、必死の表情で私を追い抜いて行く・・・。

私が走ったエンシエロ(牛追い)のコースはなかなか変化に富んでいて、急な上り坂が終わった、と思うと緩やかなカーブが続く。

うわー滑りそうだな~・・・と思っていると、隣を走っていたメタボなセニョールが石畳に足を取られて私に体当たりをした形になりつつ派手に転んだ。

「失礼!」と言ってくれた礼儀正しいセニョールをその場に残し(このあたり、走っている人たちも沿道で応援してくれている人たちもかなり真剣になってきていて、

他の参加者を助け起こす余裕は全くない

そのまま直線コースにつっこんだ。

後ろからワー!!にもウォー!!にもギャー!!!にも
聞こえる声が近づいてきた、と思って一所懸命に走っていると石畳を蹴る蹄の音をガンガンと轟かせながら

巨大な牛が2頭走ってきた!!!


ぎゃーでかいっ!!

昨日柵の上から見たのと全然違う
!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

エンシエロ(牛追い)開始5分少し前、私よりもっともっと後ろの方(牛のいる「囲い場」に近いところ)の参加者の上げる野太い声

(えいえいおー!みたいな感じの鬨の声みたいなの)が聞こえてくると、それを合図に周りの人たちが

ワラワラと上り坂を登り始めた

牛たちが走り始めるまではあと5分もあるし、こんなに離れたところから5分も前に出走したら牛たちに会わないかもしれないエンシエロのコースは約800m、時間にすると3分弱で終わってしまうので)と思うせいか、

周りの人たちは至ってスローペース私一人が必死になるのも少し恥ずかしいので、周りに合わせて「並足」くらいで進み始めた。しかしキツイ上り坂だな~、と思っていると、コースに沿って見学している人たちから

Venga(頑張れ)!!」「Go!!Go!!」と大きな声援が聞こえる。

人に応援してもらいながら走る(というか早歩きという感じだけれど)って気持ちのいいものだなあ。

などとのん気にしていられたのも少しの間だけで、すぐに牛に囲い場の近くから走り始めた参加者たち(牛に遭遇する危険が高い人たち)が

本気で走ってくる波に飲まれてしまった


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「私の代わりに牛追ってや~!!」というKさんの願いを叶えられないのは残念だけど、もしかしてやっぱり女人禁制なんじゃないの~??Kさん、ごめんね、

ていうか助かった~!!!
と内心ほくそ笑む私に、セニョール(おじさん)は

「こんなところから走り出したらすぐに牛に追いつかれて危険だよ!!セニョリータはもっと向こうからスタートして!!」という、気の利いた指示をくれたのだった・・・。

何かあればTくんやRくんが(牛から守ってくれるとは思わないまでも、

足を滑らせて転んだ私を助け起こしてくれる とか)なんとかしてくれるかも、期待していたのに、結局一人で800mのコースを走るわけですか。。。

わーん不安。心細いよう・・・。


エンシエロ(牛追い)整理係のセニョールに言われた通り、集まった参加者をかきわけかきわけ、牛の囲い場から離れた。

100mくらい離れたところ(急な上り坂!こんなところ本当に走れるかしら私・・・)が参加者たちの最前列だったので、そのあたりでしばし待機。

女性一人で参加している人はあまり というかほとんどいない。地元のTV局の取材クルーたちを見ると、なんとなく私を見ているような気がするけれど
・・・悪目立ちしている東洋人(しかも女性)だし、ここはひとつ一生の記念に

アップで撮ってくれないかな~。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌日。
6:00に起きれば余裕でエンシエロ(牛追い)に参加できるのに、5:00には目が覚めていた。

急にお腹が痛くなればいいのに、と思いつつノロノロと身支度をしてホテルのフロントのセニョール(おじさん)に
エンシエロに参加してきます」と挨拶をする。

セニョールが本気で心配そうな顔をして「お気をつけて!!」と言ってくれたので「やっぱりかなり危険なんや・・・」とどんよりしながらホテルを出た。
するといきなり
「おはようございます!」

「どーしたのその不景気な顔!!」
と、元気いっぱいの声が。
TくんとRくんがわざわざ遠回りをして、ヤル気のない私を逃がさないように?)迎えに来てくれていたのだった。

友達にお迎えに来てもらうなんて、中学生の時以来だなあ。わざわざ早起きをしてここまで来てくれた2人にイヤだの怖いだの言うのは

女の沽券に係わるので、できるだけ景気のいい顔をして
、3人並んでエンシエロのスタート地点となっている牛の囲い場を目指した。

当然のように囲い場の近くに行こうとするTくんとRくんについて行こうとすると、エンシエロ会場の整理係(?)のセニョールに

「NO!!セニョリータはダメ!!」と止められた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

7頭目のToro(牡牛)とマタドールの華麗な闘いが終わると、全て、と言っていいくらいの数の観客席のザブトン(のようなシートカバー)がアレーナ(闘技場)に向けて投げ込まれた。

ザブトンの大乱舞やあ~!!

更に驚く事に観客自らもどんどんアレーナに乱入していく。。。
みるみるうちに緑色のザブトンとオレンジの実と皮と

乱入した男性でいっぱいになったアレーナ

おいおいコレ一体どうやって収集つけるわけ??と思いつつ半ば呆れながら見ていると・・・

収集なんか誰もつけやしない。アレーナにいる人たちはぐっちゃぐちゃのまま一団となって、

そのままのイキオイでアレーナの中でパレードを始めた

私設演奏団も大きなボリュームで演奏を続けているし、席に居残っている人たちも楽しく踊り歌っている。

この乱痴気騒ぎの中、落ち着いて席に着いていられるわけがないTくんと、Tくんを師匠と仰ぐRくんはいつの間にかアレーナに降りたらしく、私の左右は空席になっていた。。。
2人が戻ってくるかも、と思ったのでそのまま近くにいた観光客らしき女性と「なんだか分からないけどすごいねー」と話しながらアレーナを見下ろしていた。

スウェーデンからやって来たこの女性観光客は今朝のエンシエロ(牛追い)に参加したそう。

せめて女人禁制であれ!!と願っていたのに・・・
やっぱり参加させられるだろうな、明日・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

さすがにビッコ(他に適切な表現がなくて・・・)をひいているToro(牡牛)を闘わせるわけにはいかないのか、一人のセニョール(おじさん・バンデリリェロでもなさそうな普通っぽい人)がそのToroを私たちの席とは反対側にあるToroの出入り口に追い込み、退場させた

すると今度はビッコをひいたToroの代わりに、首にカウベルをぶら下げた、体の色も茶白地に茶色のブチがあるタイプの

「いかにも肉牛」という牛たちが4頭、トコトコとアレーナ(闘技場)に登場した。


なぜ闘牛場に肉牛が?と思っていると、先ほど退場したはずのビッコをひいたToroまでも再びヨロヨロと登場。

なにこの5頭の牛たちは??しかもなぜ周りの観客は大喜び??今はToroと肉牛の比較タイム??と、色々な疑問が湧いてくる。

Rくんにも「もう闘牛終わったんすか?」と聞かれ、いやこんな終わり方はないと思うけど・・・とむにゃむにゃと答えたものの、結局5頭の牛たちは大歓声の中を退場し、その後新たな7頭目の(ビッコをひいていない)Toroが登場し、何事もなかったかのようにバンデリリェロやピカドールやマタドールたちと闘っていた。

いやあ、何度観ても新たな発見があるなあ、闘牛って。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

観客の観戦態度もすごい(ひどい??)けれど、それ以上に騒がしいのが私設っぽい演奏団。

いつものToros(闘牛)ではToro(牡牛)の入場やマタドール(闘牛士)の入退場に合わせて演奏する為に1つの演奏団がいるけれど、パンプローナの闘牛は「お祭り」だからなのか、正式の演奏団の人たちの他にいかにも私設っぽい演奏団が3組も入っている。その4組がほぼ間断なく演奏をしているので、

騒がしいったらない


私設演奏団の周りではこれまた「私設」闘牛応援団?の人たちが踊ったり歌ったり大忙し
特に

♪ララーラエンシエーロ~ なんとか~かんとか~
(残念ながら歌詞は聞き取れない)
 というフレーズはTorosの間中何百回も聞こえていたので、私もTくんもRくんもすっかり覚えてしまった。

♪ララーラエンシエーロ~ と口ずさみながら闘牛場のアレーナ(闘技場)に目をやると、6頭目のToroが登場したところだった。
このToro、闘う前から前足をひきずってるけど・・・

こんな状態で満足に闘えるわけないよ!ハンデありすぎ!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Toros(闘牛)の最中に粗相をしたわけでもないのに、観客にオレンジを投げつけられたバンデリリェロ(銛撃ち)。

そのオレンジがバンデリリェロの頭にボコンと命中したりして、どうにも気の毒。そしてこれもそんなにドンくさい戦いをしたわけでもないマタドール(闘牛士)に対しても、退場する時にオレンジやザブトン(のようなシートカバー)が入り乱れて飛び交うし。

サンフェルミンお客もたくさん入ってギャラもいいけど、このオレンジとザブトンはカンベンしてほしい・・・と思っているんじゃないだろうか、マタドールもバンデリリェロも。

大騒動のアレーナ(闘技場)から観客席に目を向けると、阪神タイガースの私設応援団風の超地元民たちの中には3組くらい「鳴り物」演奏しているグループがあり、闘牛が進むにつれてそのボリュームがどんどん上がってきた。

Tくんはいつの間にか隣のブロックの人たちと馴染んだらしくVino(ワイン)だのオレンジだのチョコレートだの、お土産をたくさん持って席に戻ってきた。

・・・この人はどこに行っても生きていける、本当の逞しさを持った人だと思う。ぜひ南米に行く前に、たった一人の妹さんのご披露宴に出席して余興として豪気に1曲、ギターをかき鳴らしてもらいたいものだ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //