FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

イサクの犠牲」の主題は・・・旧約聖書に書かれている。
アブラハム(ノアの洪水の後、神によって『人類救済』の出発点として選ばれ祝福された最初の預言者。キリスト教でもユダヤ教でもイスラム教でも重要な人物)の家には平和が続いていた。
ある日、アブラハムは神に言われた。
「あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で

彼を燔祭(神様への献身のしるしとして、祭壇で牛や羊をいけにえとして殺し、焼く儀式のこと)として捧げなさい。」

信仰とはすごいもの というか恐ろしいもので、アブラハムはその誕生を待ちに待ったひとり息子のイサクイサクが生まれた時、アブラハム

最低でも75歳にはなっていたらしい。
お父さんが75歳とは。。。故岡田眞澄もビックリのものすごい恥かきっ子ではある・・・
を神への犠牲とする為に、

イサク燔祭のための薪を背負わせ、神が示した山に登るのだった・・・。

自らを焼く為の薪を背負ってきたイサクを足元に跪かせ、神に何事かを訴えるように天を仰ぐアブラハムの苦悩の表情と言ったら。。。

とてもこれが元は「木」とは思えない生々しさを持った彫刻の前からしばらく動けなかった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //