FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

水の出ない蛇口とオノレの浅はかさを恨めしく思いつつ、タヌ夫さん(キャスターつきリュック)を部屋に置いてア・コルーニャの街に繰り出した。

お宿のフロントには値段の交渉をしたセニョール(おじさん)がいたので、とりあえず
「洗面台の水が出ない!同じ値段でお水の出る部屋か、別のお部屋に替えて下さい」と言ってみたけれど、

「No!」と軽くあしらわれる。
まあ自分の不注意だし、2泊くらいの不自由はガマンしますか。。。

窓ガラスがキラキラと輝くマリーナ大通りを過ぎると、ア・コルーニャの岬に出る。
『ア・コルーニャ』というのはこの地域(ガリシア地方)の現地語表記。標準スペイン語では『ラ・コルーニャ』だそうです)

港を右手に見ながらサン・アントン城に至る遊歩道は、道幅も広くてとってもキレイに整備されている。ゆるいカーブを描く道なりに歩いていると、岬の先端には周りを城壁に囲まれた古いお城、サン・アントン城が見える。
1516年~1556年の間に在位したカルロス1世(=神聖ローマ帝国皇帝カール五世)が香辛料の通商院を設立し、その施設の防衛のために建設した16世紀に要塞として建てられたこのお城は三方を海に囲まれていて、

遊歩道から眺めるとまるで「陸の孤島」

要塞の役目をはたした今では内部が博物館になっていて、装飾品・食器・大砲・なぜか骸骨・ローマ時代の武器などなど、雑多なモノたちが「展示」というよりも

「とりあえず置いておきます」という感じで陳列されている。


値打ちのあるモノなんだろうし、安くても入場料を取っている施設なんだから、もう少しきちんと展示してくれても。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //