FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

・・・800kmの巡礼路を共に過ごした戦友のような靴

「お世話になったね。ありがと~」と、頓着なく地のはての岬から海に捨ててしまえるあたり、「あんなにあんなに愛してたけどもう死んじゃったから」と、冷たい北太平洋にジャックを沈めたローズ(映画『タイタニック』より)を思い出してしまった。。。
これもキリスト教徒の死生観なのだろうな。カラダは魂の、クツは足(カラダの一部分)の単なる器だと。

ほんと、割り切っているなあ

「晴れた日も雨の日も、800kmも一緒に歩いてくれてありがとう」という感謝と共に「巡礼の思い出」なんて名づけたこぎれいな箱か何かに大事にしまっておく、という発想はないのかしら。

寂れた町の岬から次々に海に投げ捨てられる靴を想像したり、巡礼者たちはそこから裸足で帰路に着くのかしら・・・などと考えている間に、バスはフィニステレに到着した。

さいはての町、というイメージからは程遠い。明らかにムーロスよりも大きく、活気がある。
「靴を捨てる為に岬に行く」というセニョーラ(おばさん)たちとお別れし、まずは宿探し。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //