FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

翌日。
若いお嬢さんが勢ぞろいしているポルトの観光案内所でオススメされた見どころめぐりをする。
まずはクレリゴス教会の塔に登り、高さ76mからポルトの街を一望する。赤い屋根が続くポルトの街は(こういう風景をみると毎回そう思っているけれど)プラハに似ているような気がする。

ドウロ川を挟んで、昨日ポルトワインの試飲に行ったOSBORNEワイナリーのあるヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアまでを見晴るかし、自分が泊まっているお宿の建物を確認。緑の海のようだったシントラや、大西洋を臨むナザレとは全く違う都会の景色を目に焼き付けた後でサン・フランシスコ教会に行ってみた。

地味な外観のサン・フランシスコ教会に1歩入った途端に自分の目を疑った。壁といわず天井といわず

とにかく建物内部の全てが金ぴか!!
大航海時代、新大陸(この言葉には相変わらず納得できないけれど)の金と貴石の発見によってもたらされた莫大な富がターリャ・ドゥラーダ(金泥細工)といわれるこの金ぴかのバロック様式の装飾を可能にしたらしい。壁や天井はスゴイのに、なぜか床が木の部分があり、建物が古いせいか、

その床の部分を歩くと「きいい」と変な音がする。ポルトガルにも『うぐいすばり』があったのかな?柱や壁にところせましと施された彫刻と金箔に目がくらみそうになりながらサン・フランシスコ教会を出、カテドラルを見学たところでお昼休憩。

ポルトに着いた日に食べ損ねたムース・デ・ショコラーテ(チョコムース)を頂いて満足し、ポルトガルがこの富を得るキッカケになった大航海を命じたエンリケ航海王子の像エンリケ航海王子
をみる。

この人の命令ひとつでどれだけ大勢の人が大西洋に命を落としたことか
ロカ岬から眺めたはてしない大西洋の風景を思い出しながら、不慮の死を遂げたたくさんの船乗りや冒険家たちに思いをはせた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //