FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

ルシアと歴代ローマ教皇のみが知っていて、マリアが3人の子供たちに告げてから80年以上を経て公開された予言の内容とは

ローマ教皇が狙撃される」という内容だったらしい。

実際の予言の内容は言葉ではなく「画像」で、「白装束の聖職者が

十字架に向かう歩みの途中で銃弾に倒れ、死んだように見えた
というもので、それが1981年5月13日バチカン市国のサンピエトロ広場でトルコ人に狙撃され、当時の教皇で(私が大好きな)ヨハネ・パウロ二世が瀕死の重傷を負った事件の暗示だった、という解釈になったらしい。

狙撃され、重傷を負ったものの奇跡的に健康を取り戻したヨハネ・パウロ二世は聖母マリアのご加護のおかげで助かったということで、翌年5月13日、ファティマにあるバジリカにお礼参りをされたらしい。

後日譚ですが、予言のいわく因縁はそれだけではなく。
2005年2月13日(!)、ポルトガルのコインブラという街の修道院で修道女としてひっそりと暮らしていた3人の子供の生き残りだったルシアが亡くなり、同年4月、マリアの予言の公開を決定し、自らも予言の体現者となったヨハネ・パウロ二世も亡くなったのでした。。。

これだけ説明してもらって、しかもヨハネ・パウロ二世もいらしたバジリカがあると知った上でファティマを素通りするなんてできるわけがない。

これは絶対に行かねばっ!!


早速バターリャのバス停に行き、オラリオ(時刻表)を確認。バスの運転手さんにファティマ?」と尋ねると、スィン!(YES)と心強い返事。運転席のすぐ後ろの席に腰掛け、またしても高原をひた走るバスに揺られる身になった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //