FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

いい対応をしてもらえたので気分よくポザーダ・ダ・カステロを後にした。
ポザーダのフロントのセニョールに「ここからなら城壁に登れます」と教えてもらった階段を上り、ぐるりと取り巻く城壁の上から、オドビスの町を見下ろした。

シントラのペーナ宮殿を髣髴とさせる、緑の海に囲まれた

オビドスの町の絵画的なこと

城壁の上をしばらく散歩して「谷間の真珠」と謳われるこの小さな町をつくづくと眺めてから、メインストリートの「左通り」を通らずに、白い壁の建物の間の路地を足の向くままに歩いてみた。

道に迷ったかな?と思ってもすぐに城壁に行き着くので迷う心配が全くない。方向音痴の私でも迷子になる心配をせずに歩ける快適なオビドスをぐるぐる歩きまわったけれど、帰りのバスの時間まではまだまだ余裕がある。だってオビドスってほんとに小さな町だし(観光案内所の職員さんの話では、城壁を一周しても2km弱しかないらしい)。

食事をしたばかりだけど、どこかでお茶でもしようかな?と思いつつ、バス停あたりに戻る。再び観光案内所に行き、ナザレに帰るまでにまだ時間があるので、オビドスの近くに見どころがあれば教えて下さい、と言うと、
オビドスに泊まるのでなければ、カルダス・ダ・ライーニャにいってみれば?そこからナザレまでは直通バスで帰れるから、一旦ここにもどってくる必要もないわよ!と教えてくれた。

おおそれは好都合
バス停に戻りオラリオ(時刻表)を確認すると、ちょうどいいタイミングでカルダス・ダ・ライーニャへ向かうバスが出るところだったので急いで乗り込み、どんなところかな?と思っていると、あっという間にカルダス・ダ・ライーニャに到着。

・・・10分もかかってないんじゃないの?これなら徒歩でも移動できたかも。
ナザレの駅からお宿までくらいの距離よりも近いかも。


移動距離も短いし、この町もオビドスみたいにこじんまりしているんだろう、と思いきやバスターミナルと町の中心地は離れていて、なんとなく大きな町の雰囲気。
これはすぐに観光案内所を探さねば。アテなく歩くのはちと大変そう。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //