FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

オビドスのメインストリート(町の中には主な道が2本あり、町の入り口のポルタ・ダ・ヴィラから向かって左側に伸びているディレイタ(!)通りをブラブラ歩く。
一面が白い壁に見えていた建物の、一部分だけが青色や黄色にペインティングされているのを発見したり、陶器をたくさん売っているお土産物屋さんをのぞいたり。

お土産物屋さんもレストランも、ナザレ以上に観光客ズレしていなくてお店に入っても声をかけられるのは挨拶くらいで、その後は放っておいてくれるので自分のペースで色々と物色できるのが気楽で嬉しい。

こんなに小さな町だし、

観光収入は大事だろうにがっついた雰囲気が全くないなんて素晴らしい!リスボンからナザレへの列車で乗りあわせたアーミーたち、いいところを教えてくれてほんとにありがとう。

「左通り」をまっすぐ歩くと、その昔罪人をカゴに入れて吊り下げていた、ペロニーニョという罪人のさらし柱が立っている広場に出る。さらし柱の隣には、オビドス観光のメインになるサンタ・マリア教会。拝観料は無料節約旅行者には嬉しい観光名所。

1444年に10歳の幼い王様が8歳の従妹と結婚式を挙げたという、ちょっと驚くくらいの幼年婚の歴史をもつこのサンタ・マリア教会。
教会内部の壁は
なんと全面が白地に藍の装飾タイル→ceramica_1975_4902102.gif
アズレージョで覆われている。


ポルトガルではいたるところで見かける絵つきのタイルだけれど、壁どころか天井までもびっしり埋め尽くす、この教会のアズレージョはただただ「圧巻」のひとこと。

どのくらいの時間、天井を見上げていただろう?教会で時間が経つのを忘れた事って、ずいぶん久しぶりのような気がする。
ポルトガルに来てから海や山、自然を見て感動することが多かったけれど、こういう文化的なものもまた素晴らしいのだなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //