FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

耳の中には水が入ってちゃぷちゃぷするし、髪の毛の間は砂でザリザリ。スネのあたりがヒリヒリするので見てみると、打ち付けられてゴロゴロと転がった時に砂浜の小石や貝殻と擦れたのか、うっすらと血がにじんだ擦り傷が何本も・・・。

あの時に白人のおじさんの事を気にせずにさっさと砂浜に戻っていれば今頃こんなことにはならなかったのに。。。一瞬の油断が命取りになってしまった。海はいい

しかし怖い。。。


全身打撲と必死で泳いだ疲労、ボロボロになったけれどなんと戻ってこられた安心感とで砂浜に寝転んだまま動けずにしばらくボーっとしていると、私が打ち上げられた砂浜の近くで、漁船で使う魚捕りの網(らしきもの)の補修をしていたセニョール(おじさん)たちがわらわらと近寄ってきて、
「セニョーラ、大丈夫?!」
「立てるかい?」
と心配して声をかけてきてくれた。


甲羅干し中の観光客しかいなかったビーチの、どこにこんなにたくさん地元のセニョールがいたんだろう?と思って顔を上げて周りを見てみると、私が打ち上げられたのは、泳ぎ始める前にTシャツや短パンを脱ぎ捨てた場所からかなり離れた砂浜だった。
こんなに流されてしまったとは。。。

改めて言おう。本当に怖い運よく浜に押し流されて火事場の馬鹿力を出して必死で泳いだから戻って来られたものの、もし沖に向かって流されたとしたら・・・誰にも知られずに大西洋の藻屑となっていたかもしれない。

海は危ない
「水が冷たい」
「一人で遠くまで泳ぐのはよくない」

口々に言いながら、立ち上がって動き出すまで見守っていてくれたセニョールたちにも

「無謀な東洋人だなあ」と思われていたに違いない。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //