FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

崖の上のシティオ地区から、大西洋を見下ろす展望台の塀の「外」、崖の端にある小さなメモリア礼拝堂。

1182年のとある霧の濃い朝、当時のナザレの城主が馬に乗って鹿狩をしていた。

獲物の鹿を追っていると、鹿は不意に姿を消し(多分崖から海へ落ちたのでしょう。合掌)、城主が乗った馬は後ろ足だけで崖に踏ん張り、前足の部分は既に宙に浮いた状態に!!

城主危うし!!というところで、聖母マリアが馬と城主の前に現れ、崖から半身落ちかけていた馬は後戻りができて、城主の命も助かったのですって。めでたしめでたし。

というありがたい聖母マリアの奇跡」が起こった場所。もちろん観光スポットの目玉なので、小さな礼拝堂の中は観光客でぎゅうぎゅう詰め。
大きな白人たちの隙間をぬって、大西洋に向かう小さな窓から下を見下ろすと・・・

こっ怖い!!
煙並みに高いところが好きな私でも腰が引けるくらいの高さ・・・。


よくこの海を見下ろしながら後ろ足だけで踏ん張れたものだ。ナミの馬なら足がすくんで鹿と一緒に墜落してただろうな。よほど肝が据わっていたのね、城主の馬。

団体さんの波に乗り、続いてはナザレの民俗博物館(というよりも資料館級の規模。

建物も普通の人のおうちみたいだった)
へ。

ここにはペチコートを何枚も重ねたふんわりスカートをはくナザレのセニョーラ(おばさん)たちや、チェックのパンツをはきこなすセニョール(おじさん)の絵や、昔のナザレの写真(タイトルしか知らないファド、『暗いはしけ』のイメージそのままのさびれた漁村、という雰囲気だった。100年後にこのうら寂しい漁師町にこんなに観光客が来ようとは・・・)の展示が多数。
更に、お庭には本物の漁船まで展示されていた!

港からここまで、こんなに大きな船を運び上げた人たちに拍手!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //