FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

 見学ツアーに戻ると、ガイドさんは他の観光客のみんなに
「セニョリータは『喫煙の間』がえらく気に入ったらしい。

嬉しそうに笑いながら天井を見上げていたんだよ!」と早速報告していた。
・・・「嬉しそう」だけならまだしも、「笑いながら」ってことまでみんなに暴露しなくったって・・・。

 ガイドさんのこの言葉で「一人旅らしいのに頼りない子だなあ」と思われたのか、移動するたびに誰かが
「Oiga(ちょっと)!セニョリータ!」
「セニョリータ!Venga aqui(こちらへどうぞ)」

などと何かと声をかけてくれる。

はぐれた事で完璧にこの見学ツアーのマスコットになってしまったみたい・・・。少し照れくささを感じつつ、王様が使っていたゆりかごや、王宮内の博物館に展示されている見事な扇子などに感心しつつ、当時の王族たちの華麗なる生活を想像していた。

屋内の見学がすむと、広い広い敷地内に点在する「水兵の家」「農夫の家」などの離宮も見学。

「水兵」「農夫」と鄙びた名前の由来は、「水兵の家」は往時の王族たちが王宮沿いを流れるタホ川にお船を浮かべ、優雅な舟遊びをした時にお使い遊ばされた小船の展示がある、そして「農夫の家」はこの離宮が建てられる前はその場所に農家があったから(強制移住だ。権力者はいつの時代も横暴だなあ)、という理由とのこと。

 この離宮、驚く事には寝室が一室もない。王様が狩や保養のためだけに造ったこのゼイタクな離宮を建てるために、おじいちゃんのおじいちゃんのそのまたおじいちゃんからここにずっと住んでるだ!という愛着のあるおうちから
「王様が離宮を建てるっておっしゃっているから

お前たちはとっとと立ち退きなさい!
と追い払われたであろう農民たちの心情はいかばかり。

 マリー・アントワネットベルサイユ宮殿の中にしつらえたプチ・トリアノン宮みたいに「農民ごと」ひとまとめにした離宮として設営してあげればよかったのに。
それはそれで「見世物」って感じがしてイヤかもしれないけれど、住み慣れた土地から追っ払われるよりかは随分マシなのでは?思うんだけど。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //