FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

魚の壁画の地点がピレタの洞窟ツアー(?)メインになっているらしく、壁画をつくづくと眺め、入場係兼ガイドのセニョール(おじさん)のスペイン語での説明をしばし拝聴したのち、今来た通路をたどり、洞窟の入り口へ戻ることになった。

外に出てから「歩き方」を見てみると、「洞窟の中は場所によっては20mもの高さがある」らしい。
さもありなん。なんだかアップダウンのある洞窟だなあ、と思ったのよ。

洞窟の入り口に置いてある絵ハガキを物色しつつ、細―いカップルの彼女さんに

「私、疲れて駅まで歩いて戻れない。

一緒に車に乗せて!」
と、婉曲法も何もなく

直截にお願いしてみると(婉曲したくとも当方肝心の英語力がない)今回は彼氏さんと相談する様子もなく「OK!」と快く返事をしてくれた。あーーよかった。

ピレタの洞窟の最寄り駅、ベナホアンまで送ってもらい、そこで「良い旅を!!」と言い合いながら、細―いカップルと笑顔でお別れ。
彼らはこれからまだしばらくの間は、アンダルシアの白い村を巡ってドライブ旅行を楽しむ予定らしい。

私はこれからどうしようかな、と考えつつ、こうして思ってもみないところで知ってる人に会えて、しかも快く駅まで送ってもらえたことのありがたさを実感していた。袖すりあうも他生の縁とはまさにこのこと。

洞窟からの帰り、ロンダの駅で何気に時刻表を見てみると、私が午前中に駆け込み乗車した電車の次に
ベナホアンに行く電車は、なんと4時間後の出発だった。。。
駅員さん、あの時に急かしてくれてほんとにありがとう!!
ほんとに今日はいろんな人のお世話になった日だったなあ。。。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //