FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

 この廃墟に10DH(DH:モロッコの通貨)も入場料払うの~?と思いつつ、まあ見どころらしいしせっかく来たし入ってみるか、と他の観光客と一緒に入場しようとすると、バイア宮殿の入り口で見知らぬ欧米人団体客と一緒くたになり、入場料を払うことなく中に入れたのだった。期せずして、ちょっとトクしちゃった。

タダで入場できたことを単純に喜びながら、まるっきり廃墟っぽいエル・バディ宮殿を見学。

高い城壁に囲まれた内部にはローマのコロッセオの地下みたいな、土でつくられた通路のようなものが広がるだけの遺跡。
絢爛豪華で緻密なアラビア彫刻なんて全く見当たらないけど、敷地内を勝手にうろついても誰からもコニチワだのハポンだの声をかけられることもなく、かつては綺羅綺羅しかったのだろう建物の幻を想像し、

久しぶりに「心穏やかに観光してるなあ」って

気分になってきた。

さびれた遺跡だけあって、コウノトリや鳩などなど、鳥のすみかになっているらしく、土塀にはたくさんの鳥が巣をかけている。さすが「赤い街マラケシュ」、赤茶色の土でできた廃墟にかけられたたくさんの野生の鳥の巣は、少し寂しげでとっても異国情緒を感じる風景だった。
こうのとりはほんとにヨーロッパからマラケシュに渡るのだなあと、黒田かすみの「Vice」をしみじみと思い出していた。

マラケシュの「赤い街」という名称はダテじゃない。
マラケシュでは建物も道も土で作ったように色味が赤茶けている。駅舎もホテル(Hルトンホテルまでピンクがかった赤茶色!)も郵便局も、なにもかもが赤茶色なので方向感覚が鈍くなってしまい、周りの男性から常にかけられている「コニチハハポン!」のかけ声を浴びつつ、ちゃんと目的地に向かって歩いているはずなのに、なぜか「彷徨ってる」っていう気持ちになるんだなあ。。。

この「彷徨い感」、プラハで感じた気持ちと少し似てるような気がする。二つの街の雰囲気は全く違うんだけど。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //