気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 殺伐とした気持ちで相変わらずすれ違うモロッコ人男性のことごとくから「サヨナラコニチワ!」と声をかけられつつ、CバンクのATMを探していると、向こうから
モロッコの「歩き方」持った女の子が一人で歩いてくる~!!!!

 小走りで近づいて「日本の方ですよねっ!!」と声をかけると、先方は

「あれ?日本人なんですかあ??」

となんとも驚いた様子。そう、今の私は中国人かベトナム人に見えるみたいなんだなあ(アジアからの難民風?)。。

「モロッコの歩き方」を持ってた女の子は、香港在住で音楽ライターをなさってる方。北京に住みたくって住みたくって仕方ないらしく、今はライターの仕事よりも北京語の勉強に励んでいて、1週間の休暇ができたので気分転換にモロッコを旅しにきたそうな。

「ガイドブック持たずにモロッコに来た」と私が言うとかなりビックリしたようで、「これからどこ行くつもりなの?」といたく心配された。

 うーーーん、ハッキリ決めてないけど今日お昼からマラケシュのMedina(旧市街)観光ツアーに参加して、それから気が向いたら砂漠に行きたいかな~(こないだ深夜放送の映画で砂漠を見たから、とはさすがに言えなかった)・・・と自信無げに答えると、女の子は「砂漠だねっ?!」と言いつつ、「歩き方」をパラパラめくって、「ここからだとワルザザードって町に行かなきゃダメみたいだよ。電車がないからバスに乗るようにって!」と教えてくれた。

「OUARZAZATE。電車がないからバスに乗る。」と忘れないようにいつも持ち歩いてるメモに書いておいた。観光ツアーに参加するために、12:00にホテルに戻らないといけないので名前も聞かずに別れたけど、ご親切は忘れません、香港在住の音楽ライターの方!

 その後ダッシュでCバンクのATMを探し、(6台のATMをみつけて、現地通貨を引き出そうとしたのに軒並み『ダメです』って表示になるかキャッシュカードが戻ってくるかだったのでかなり焦った。7台目でやっと引き出せた。現金の引き出しだけで大仕事!)ホテルに戻ってフロントウーマンに「観光ツアーに参加したいので手配をお願いします。おいくら?」と言うと、「は?観光ツアー?何言ってるの?」と聞き返された。

「何言ってるの?」はこっちのセリフだよ!!


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 翌朝。
 朝イチで「ヨーロッパ6ヶ国語会話集」を持って、フランス語(
モロッコは旧フランス領なのでフランス語は意外と通じるらしい)と英語で書かれた「このホテルから出発する観光ツアーに参加したいのですが」ってセンテンスをフロントウーマン(昨日の無愛想な人とは違った)に見せると、「12:00 HERE」とメモに書いてくれた。
 ふーん12:00にここに戻ってくればいいのかと一応納得。昨日の女の人よりかは話が通じてよかった。

 それまでにCバンクのキャッシュカードが使えるATMにも行きたいし、絵ハガキを出したいので郵便局にも行きたい。場所を聞いたらなんとなく歩いて行けそうな感じだったので、
「ATMや郵便局に行くまでに、きっと突き刺さりそうな視線で全身を舐めるように見られた挙句アチョー!とかサヨナラ!とかチャイナ!とか言われまくるけど動じない動じない!」
と自分に言い聞かせ、郵便局目指して歩く。

 郵便局の手前に、公衆電話と切手売り場が併設されていたので、そこで日本までの切手、タイまでの切手(アルヘシラスで私にタンジェ行きを勧めてくれたヨーコ姐さんに『頑張ってマラケシュまで来ました!』ってハガキ出そうと思って)等々買うと、私の近くにいたモロッコ人の女の子が絵ハガキに切手貼ってくれたり、郵便局まで案内してたりと親切にしてくれた。

 うわ~かけ声かけて走り去る男の子と違って、モロッコの女の子って感じいいな~!と思ったら・・・

「今郵便局にいるって

ママに電話しなきゃいけないから

DH3(DH:モロッコの通貨)ちょうだい」
ときた。

 あらら、親切にしてくれたことに対して代償がいるんだ。アラビアンだなあ。。。
 いやあ何でも金ずくなんですね、って感じで毒気も抜かれてしまい、サイフを見たら小銭がなかったので、5DHのお札渡しちゃった。
中学生くらいの可愛い女の子だったんだけどお金ちょうだいって・・・ちょっと心が殺伐としてしまうなあ。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 さっきのお部屋はテラスつきだったのに、新しいお部屋は小さい窓が一つあるだけ。少し息苦しい。

 再度フロントに出向き、「観光案内所に行きたい」と言うと

「タクシーに乗れば?」

と突き放され、「ホテルで半日観光ツアーの予約できる?できるならMedinaに行きたいんだけど」と言うと

「私じゃ分からないから、

また明日別のフロント係に確認して」


なんて言われ・・・どうもこのフロントウーマンとはウマが合いそうにないので、とりあえずホテルを出て大きな通りをまっすぐ5分くらい歩いてみたけど、いつも通りにモロッコ人男性からの鋭い視線と「ハローハローコニチワコニチワ」攻撃にしてやられ、ミネラルウォーターだけ買って、すごすごとホテルに戻ってきてしまった。。。

マラケシュ、見当つかなさすぎ!!駅前に何もなさすぎ!!

 ホテルの部屋でしばし考えた。なぜモロッコで私は常にこんなに不安を感じてしまうのだろう?

 きっと否応なく「私って女!」って

意識させられるからだと思う。

 どんなに暑くても長袖長パンじゃないと目立ちすぎることとか、普通に歩いてるだけで珍しい動物みたいに声かけられたり追いかけられたりすることで。モロッコでの「私って女!」って意識してる感じは、例えばイタリアやスペインででおじさんとかおにいさんに「可愛いね~!」って声かけられてチヤホヤされて感じた「やだ、私って女なんだわ~」っていうのとは全然違う。

 ここじゃすっごく生々しく
「私は女なんだからスキを見せちゃいけない、油断してたら何されるか分かったものじゃない!」って思わされてしまうので、常に緊張を強いられるし、肩に力は入るし。

 明日もガイドに連れられてMedina(旧市街)の観光して、お土産物やとカーペット屋と木工品屋を見てまわるんだなあ・・・でもそれって、私がほんとにしたかったことなのかな?


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 車窓からの風景とモロッコにおけるナンパを考察しつつ、

FES(フェズ)を出てから8時間後

乗り換えなしで無事にマラケシュに到着!
20060405105706.jpg

8時間、長かった~・・・これだけ移動して、今モロッコのどのあたりにいるのかな私?国土の真ん中くらいまで南下してきたかな?そろそろ地図くらい買った方がいいかもね・・・。

 FESからの列車で、同じコンパートメントにいた紳士に
「iBisホテルじゃなく、もっと分相応なホテルを探すんだよ!」
と言われた事は忘れていなかったので、私に相応しい宿を観光案内所で教えてもらおうにも・・・マラケシュ駅の中には観光案内所は見つからず。
 仕方ないので駅舎からちょろっと出てみて観光案内所はどこ?って道行く人に聞こうと思っても、いつものようにガイドさせろさせろさせろって寄ってくる「いかにも」なモロッコ人男性たちに行く手を阻まれる始末。

 結局、根性なしの私は列車で会った紳士のアドバイスをほぼ無視するカタチで、フェズと同じようにiBisホテルにチェックインしたのだった。。。だってほんとに駅前に建ってるし。

 ガイドブックも観光案内所もない国で頼れるお宿は駅前展開の大手チェーンホテルだね!と浮かれつつ、早速お部屋でくつろごう!と思ったのに、

・・・この部屋、まだお掃除してないんじゃないの~?

 もちろん強気で即クレーム。iBisホテルのフロントマンはみんなFESで出会ったような愛想のいいフロントマンばかりだと思ってたのに、マラケシュのフロントマン(モロッコ人女性だったのでフロントウーマン?スーツ着て働く女の人をモロッコで初めて見た)は・・・えっらい無愛想で、代わりの部屋のキーを半ば放り投げるようにして私によこしたのだった。

いくら分不相応な東洋人がクレームつけて頭にきたからってお客に対して従業員がこんな態度とはいかがなものか。ハッキリ言って

感じ悪っ!!!



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「アフリカの湿地帯の箱庭」風の景色を過ぎると、コウノトリの群れ(ハンガリーのトカイで見て以来かも!)を見かけたり、ものすごく大きい蘇鉄の群生や、サボテンの群生か?と思うくらい巨大な野アザミ畑(畑ではないだろうけど)も見た。もちろん本物のサボテンもたくさん見た!

 霧が晴れた頃にコンパートメントに乗り込んできた軍人っぽいおじさん、フランス語で話しかけてきてくれて、持参したポットからコーヒーを注いでくれたので、

「一応1等車のお客だけど・・・

用心するに越したことはないし・・」


と用心を怠らずに、コーヒーを飲むフリをしながら会話をしようと試みるも、フランス語が分からないので会話は全く成り立たない。
 なので早々に「私は風景を楽しみたいのです」ってアピールする為に窓の外を見ていたんだけど、おじさんは新たにコンパートメントに乗り込んできた(決して美人じゃないけど)アダっぽい四十がらみのモロッコ人女性(民族衣装じゃなくて普通のワンピースを着ていた)を仕切りに口説き始めた。

 アラビア語(多分ね)の会話だったから、「おじちゃんがおばさんを口説いてるんだろうな~」って雰囲気しか分からないけど、この「口説いてるんだろうな~」って感じの会話が、延々と5時間近く続いて・・・ナンパに5時間って。根気あるなあ、モロッコの軍人は!!って少し感動した。

 アダっぽいおばちゃんも、軍人のおっちゃんに手握らせたりしてまあまあその気ありそうだな~なんて横目で見てて思ったのは、イタリアもスペインもモロッコも、長距離電車における男女の出会い方にはあまり違いはないのだなあと。

 私はイスラム教徒って、もっともっとストイックな人たちと思ってたけど(『男女7歳にして席を同じゅうせず』みたいな)誤解だったみたい。。。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 電車に乗ってから3時間(まだ3/8しか乗ってない・・・)列車はずーーーっと霧に包まれてて、車窓からの風景も楽しめず。
 でもお向かいに座ったモロッコ人紳士(モロッコ人にも紳士がいるとこの時初めて知る)が英語が堪能だったので、なんだかんだと話してみた。

で、彼が言うには
「iBisなんて!値段が高すぎる!!君くらいの年齢の女の子には分不相応だ!(←失礼ねっ)マラケシュではもっときちんと調べてからホテルを決めるように!さもなければ食事だけでもiBis以外でとるようにしなさい!!」とのことで。。。そっか、私はiBisにお似合いではないと・・・。

 列車に乗って3時間が過ぎた頃、見渡す限りもわ~っとしてた霧が晴れてくると、いかにも田舎!って感じの景色が続く。あっでもところどころ、地面が赤いのは赤土のせいだろうな・・・なんて思いながら窓の外を眺めていた。

 海に近づいたり、地平線まで何もない!!こんな荒野あるの?って驚くくらい果てしなく「ただの地面」が広がってたり、かと思えば緑の丘がたくさん続く地域が現れたり。

 どこまでも続く(と思われる)一本道を、ロバに乗って進んでいる人がいたり。見るからにこの土地って不毛・・・草木の1本も生えない、こんな土地って実際あるんだなあ、って感心したり。
 でもしばらく列車が進むと、映画やドキュメンタリー番組でよく見るバラックがたくさん建ってる地域が見えてきて、ああここってアフリカなんだなあ、って不意に実感が湧いたり。

 何のゴミかは分からないけど、明らかに不法投棄場兼ゴミ捨て場!ってところが延々と続いてたり。

 人が住んでる気配が消えてなくなると、次第に景色がサバンナっぽくなってきて、象が好んで食べる、トゲのある低い木(名前が出てこない・・・)がたくさん生えてたり、日本の感覚で言うなら用水路くらいの、幅の細い川が1本流れてて、その両岸だけ植物がイキイキしてて、サバンナを貫く緑の道みたいになってたり。

アフリカの湿地帯の箱庭を見てるみたい!!


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 一人悶々と考えていると、いつしかモロッコの朝は明けていた。モロッコに来てから常に夜間は悶々としているような・・・。
 で、結局進むか退くか考えた結果、行ってみることにしたのだ、マラケシュに。

 昨夜見るともなくTVを見ていると、ドイツ語で吹き替えされたジャッキー・チェンの映画観た時はちょっと郷愁誘われて「スペインもいいけど、いっそ日本に帰ろうか・・・」って一瞬思ったけど、なんとなくこのまま引き返したらモロッコに負けたような気がするなあと。

 それに、ジャッキーの映画の後に放送されてた、なんだかよく分からないけどターミネーターのパクリっぽい映画の舞台が広々した砂漠だったのが印象的で。8割方スペインに戻ろうと思いつつ、悶々としながらあの砂漠を見ていて「よし、もうちょっと頑張って奥地に行ってみよ!」と思ってしまったんだな。

 マラケシュには砂漠はないだろうけど、もう少しモロッコにいてもいいかなあと・・・この判断が良かったのか悪かったのかは、きっと「神のみぞ知る」んだろうなあ。

 6:00に目覚めたので善は急げってことで早速チェックアウト。常に親切なフロントマンにマラケシュのiBisホテルも駅前にある?って聞いたら、
「全てのMoussafirホテル(iBisのこと)は駅前にあります!」と自信満々で教えてくれた。

 これで宿探しの不安も解消!意気揚々とフロントマンにもらったリンゴを片手に(朝早いチェックアウトで朝食を食べなかったので、フロントマンがサービスでリンゴとオレンジをくれたのだった。こういう気配りしてくれるからiBisって好き!)ホテルの目の前のFES(フェズ)駅に移動。

 窓口で1等車のチケット買って、マラケシュまでの乗り換え回数を尋ねると「ダイレクト!」って言われたけど、タンジェ~フェズ間もダイレクトって聞いたけど乗り換えたよな~確か。。。

 ひとまず6人がけのコンパートメントに乗り込んで、タンジェから移動してきた時と同様、同じコンパートメントにいる人たちに「マラケシュマラケシュマラケシュマラケシュ!」と連呼しまくってから、窓からの景色をぼーっと眺めていた。
 朝はこんなに日差しも薄ぼんやりして過ごしやすそうなのに、あと2~3時間後には

「ひーーーーー暑い暑い暑い水水水~!!って、ちょっとあんたら東洋人がそんなに珍しい?刺すような視線で一挙手一投足見るんじゃないよっ!!ハローハローハローハローうるさいよ!!いちいち声かけてこなくていいよっ!!!」

って、道を歩くだけで怒り心頭に達するようなことになるとはとても思えない。太陽が照り始めると途端に動きづらくなるなあ、モロッコは・・・。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 Medina(旧市街)に、というかお土産物屋にいる間はもう他の町も絶対同じような感じだって!!せっかく雇ったガイドにお土産物屋に連れて行かれて

「いらないったらいらない!!」

って額に青筋立ててイライラしながら次々出てくるお土産断わって、Medinaからホテルまではずーーーーーっとモロッコ人男性の視線に突き刺されてハローハローハローハローハローハローハローハローってかけ声かけられて、なんならほんの小さな子供にまで

ブルースリー!ジャッキーチェン!!とかからかわれて、

キーーーー!!!ってなりながらホテルに戻ってホゾを噛む、ってことの繰り返しのような気がする。。。

 私やっぱり明日にでもスペインに戻ろうかなあ、と思う反面、なぜか「このまま戻っていいの?後悔しない?」っていう気持ちも正直あったりして。
女心ってほんと複雑・・・。

今の悶々とした気持ちを文字にしてみると
もうちょっとモロッコにいようかな、なぜならば
○せっかく来たのに~!!今はモロッコにいるから距離感がおかしくなってるけど、日本からモロッコって遠いよ?もう二度と来られないかもよ?
○もしかしてもしかしたら、タンジェとフェズ以外のモロッコの町ってすっごく素晴らしいところかもよ?


VS

やっぱスペイン戻ろうかな、なぜならば
○きっと他の町も一緒だって!また土産物屋で青筋立てて怒り狂うのがオチだよ。
○大体この国って不自由!クソ暑いのに毎日長袖長パン着用しなきゃだし。
○今までみたいに駅前にホテルがない町はどうするの?アンタこの暑さの中、ヨーロッパにいた時みたいにタヌ夫さん(キャスターつきの大荷物)引きずってアシで安宿探す根性あるの?
○女一人より連れがいる方が絶対にイイ!!ほんとにまた来たいなら次は誰かと一緒に来ればいいんだって!!


・・・あら、明らかにスペインに戻りたいんだわ、私。。。



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 民族衣装の値段が意外とお高いこととは直接関係ないけど、お土産物屋でも衣装屋でもカーペット屋でもどこでも、何か商品薦められて

「No Thank You!

I don’t want it!」


って強く断わると、まず口を揃えて

「It’s not expensive!」

って返される。これもなんとかしてほしい。

 値段が高いとか安いとかはどうでもいいねん、私欲しくないねん、いらんねん!!!って重ねて断わったら、「ディスカウントするから」とか「この店ではこんなにたくさんの日本人が買っていったのに」って顧客リストみたいなの持ち出してきたりとか、「もっと安いものがあるからそれなら買う?」っていつまでもくどくどくどくど・・・。

いくら言われてもいらないの!!
買い物なんかしたくないの!!
私は観光の為にモロッコに来たのっ!!! 


って頑としてはねつけたら、一応諦めるけど「買う買わないは君の自由さ、No problem!」とか言いながら、次なる商品を店の奥から奥から持ち出してきて、また最初のやり取り、(「No Thank You!I don’t want it!」「It’s not expensive!」)から延々とやり直し。。。

 民族衣装のうわっぱり一枚買ってこの攻撃から逃れられるなら買っちゃおうか・・・つま先とんがり靴とセットで約15,000円(オヤジの言い値。高すぎるっちゅーねん!!)・・・とついつい弱気になってしまうほどの売り込み攻勢をなんとかしのぎ、どこかに姿を消していたオフィシャルガイドが戻ってくるまでひたすらNo!I don’t want it!を連発していると、不意にすごい虚しさに襲われた。

 私は一体何をしに来たのだろう?フェズくんだりまで・・・。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 しかも!そんなツアーのくせに、

「豊かな人からは、

遠慮せずに持ってるものを分けてもらいましょう」


ってイスラム教の教えに従ってる今日のオフィシャル(なはずの)ガイドも「ガイド料と別にチップちょうだい」って臆面もなく言うのよ。いいトシしたおっさんが!!

 観光案内所往復⇔Medina(旧市街)の往復のタクシー代だって私が払ったのに。と、沸々と湧いてくる不満。

 そんなガイドに連れて行かれた民族衣装屋のおやじもこれまたどーしようもなくって、

「君にはこれが似合いそう」とかなんとか言いつつ

試着させてくれたところまではよかったけど、「モロッコを旅するつもりなら今の君の格好だととても危険だから1枚このジュラバ(モロッコの民族衣装)を買って行きなさい、これさえ着ていればモロッコ人に見えるから襲われない!」って・・・

 明らかに顔のつくりが違うでしょう私とモロッコ人では!!
仮にも外国人旅行客を襲おうなんて企てるような人間が、こんなうわっぱり1枚で

「あ、あいつ外人だと思ったけど

ジュラバ着てるしモロッコ人だな。

じゃあ襲うのやーめよ」


なんて思うわけないでしょうが!仮にも強盗強奪暴行強姦(考えすぎ?)しようとしてる悪人がそんなに単純だとはいかに素直(?)な私とて信じがたい。

 衣装屋のオヤジのどうにかして売らんかな口上に思わず「んなあほな」と大阪弁が口をついた私だった。。。しかもこの衣装、値段もそこそこするし。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 ヨーロッパは観光客一人でも心安らかに観光できる地、一方ここモロッコは・・・。

 まあまだMedina(旧市街)しか見学してないから限定できないけど、ガイドなしではこのねじくれ曲がった道が入り組んだ町なんて、どこが入口でどこが出口か(大体決まった入口と出口があるのだろうか?)なんて全然分からない。

 なので仕方なくガイドを雇うと、お土産物屋をハシゴする合間に名所に寄る、って流れに否応なく乗っけられる。今日も何件お土産物屋に連れて行かれたか・・・

今日乗っけられた流れは・・・

Medinaの入口みたいな門→博物館(ポルトガル大統領が訪モロッコ中の為見学できないとガイドに言われた)→路地をウロチョロしてカオスを実感する→すごいニオイのする染色場→絨毯屋→なぜか絨毯屋の屋上→旧小学校→アクセサリー屋→ハンドペインティングの写真屋(これは私が希望した。それ故ほんの一瞬で見学終了・・・)→

セラミック屋→木工品屋20060714233855.jpg

(一応ギターっぽい楽器弾かせてもらったけど)

→民族衣装屋 
20060714233937.jpg

(しっかり試着したけど)

で、結局半日ツアー中、3/4くらいの時間はガイドと結託してるっぽいお土産物屋にいるハメになってしまった。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ニオイと言えば、強烈だったのは皮革の染色場。

20060714233713.jpg


この染色場のお隣にある、ガイドの顔が利くお土産物やさんの屋上から
20060714233816.jpg

↑屋上にいます。暑い・・・

見せてもらったんだけど、たくさん掘られた穴ごとに白、赤、黄色、黒って色水が溜まってて、そこで羊の皮(多分)を染めるらしいんだけど、ほんとにものすっごいニオイだった。今まで私が嗅いだケモノ臭なんて、物の数にも入らないくらいの。

 世の中には本当に

ものすっごいニオイが存在するのだなあ。。。


 この染色場に比べれば、真夏の満員電車で臭ってくるワキ○のニオイなんて、乳臭い赤ちゃんみたいなものだ。

 他に印象に残ってるのは、ガイド料とは別に自腹で入場料を払って(150円くらいだけど)入場した、モスクみたいなところのモニュメント。

20060714233804.jpg


 昔は建物の2階でアラビア数学、文法、法律等々を勉強していて、1階はモスクとして使用していたらしい。ここで見た彫刻がちょっとアルハンブラ宮殿を思い出させた。

 しかし・・・本場のアラビア建築のはずのFES(フェズ)の建物より、アルハンブラ宮殿の方がアラブの風を感じるのはなぜか?きっとアルハンブラ宮殿の方が大きくて立派で彫刻の状態もよくってこんなにあちこちからの視線を感じずにじっくり見学できたし、何より「私今観光してる~」って、楽しむ余裕があったからだ。と思う。


  ↑
ランキング1位になりました!
長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 ふーん、治安が悪いわけじゃないんだ、とちょっと安心し、改めてMedina(旧市街)を案内してもらうことになった。
 が、案内してもらうと言っても・・・
私が今どこをどう歩いてるのか全く分からない。もう全く。

 ただただガイドの後ろについて(見失いませんように、って心でお祈りしながら)わっこの通りお土産物やだらけ!とか、げっ人通りが全然ないけどほんとにこの路地に入って大丈夫?左右から変な人たちが出てきてジャパだるまにされたりしない?とか、その時々に目に入るものを見るだけで精一杯。

 Medina(旧市街)の道は入り組んでいて、道幅も狭いのに人もロバもミュール(馬とラバを掛け合わせた動物)も遠慮なく通行するので、
20060603185433.jpg

↑こんな感じ
舗装されていない道から上る土ぼこりのすごさったら!道の上にスダレみたいな日よけがあるところはまだマシだけど、スダレすらない道だと、直射日光にあぶられて、強い日差しにめまいがしそうになる

 鼻にも口にも容赦なく入ってくる土ぼこり、ロバやミュールのケモノ臭、色々なお店から聞こえる売り子(おじさん)の声、そして相変わらずのモロッコ人男性たちからの鋭い視線に途切れることのないかけ声・・・何もかもが入り混じって、

うわ~・・・カオスってこういう状況のことだろうな~

って印象だった。
そう、これぞカオスよカオス。混沌だね。音とニオイのものすごいコラボレーション。。。


  ↑7月19日1:00、こちらのランキングで初めて1位になりました!
   皆様のおかげです。ありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌日。

悶々と考えてたことの答えは出ないまま、寝心地のいいベッドで目覚めた。熟睡した~!!って感じ。


 まずは朝ゴハン朝ゴハン、腹が減っては戦ができぬと勇んでレストランに行ってみると・・・

肉っ気というものが全くない。。。

お肉大好きなのに~!!牛や豚とは言わないけど、お祈りしながら殺した羊のお肉ぐらい用意しててくれればいいのに・・・。

 パン、トマト、きゅうり、カッテージチーズ、ゆでたまご。を、くまなくおかわりして、結局文句言いながらも30分くらい飲み食いしていた。お肉はなくても満腹になったので満足満足。

 部屋の鍵を預ける時に、フロント(今朝のフロントマンも愛想のいいおじさんだった)で今日Medina(旧市街)に行こうと思ってるんだけど、言うと、ホテルでも半日ガイド斡旋できるよ、料金はDH(ディラハム:モロッコの通貨)120で!って教えてくれた。

 昨日観光案内所でがっつりセールスしてたのと同じ金額だったので、ふーん昨日聞いたガイド代が適正価格なんだ、と納得し、昨日予約した(させられた?)オフィシャルガイドと合流すべく、今日もモロッコ人男性の視線とかけ声に消耗しながら観光案内所に行ってみると、

 昨日私に「オフィシャルガイドをつけるべきだ!!」

ってセールスかけた英語使いの男性が、モロッコの民族衣装っぽいうわっぱりを着てニコヤカに待っていた・・・。
 あなたがガイドさん本人でしたか・・・。道理でおっそろしくセールスかけたわけだ。

 2人でタクシーに乗って(このタクシー代って誰が払うんだろう??)、メーターが上がるのを横目で見ながら窓の外を眺めていると、警官がたくさんいて、なんだかとってもモノモノしい雰囲気。
 いつもこんな風なのかな?と思ってたら、私の考えを読んだかのようにガイドが「今日はポルトガルの大統領が来る日だから警官がたくさんいるんだ」と教えてくれた。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 確かに一人でMedinaに行くのはヤバイなあ。帰り道、Medinaより道が入り組んでない(はずの)新市街でも迷子になりかけたし私。(しかもホテルでもプールサイドから自分の部屋までの道を迷ってるし・・・)

 でも半日ガイドで1,800円。。。これにもしまたタンジェのモハメドみたいにガイド終了後に「チップくれ!」とか「そのDH(ディラハム モロッコの通貨)50よこせ!」って言われたら、3,000円くらいになるかも。3,000円で買うMedinaでの安全。

しかし、旅人が一人で自由に歩けないなんて・・・

何のための一人旅か。


 一人で歩けないのを知りつつ、FESに続いてメクネスにも行くべきか?(バルセロナでお世話になったKくんと、エステポナで会ったタカハシさんから聞いた話を総合すると、フェズとメクネスは二個イチの観光都市らしい。共にMedinaがとっても有名だそう)距離もそんなに離れてないし、片方だけ行くのは片手落ちかなあ?というような気もするし。

 今日、なんとなく観光案内所の壁に貼ってた時刻表から知ってる地名と電車の時間をメモって来たけど、これから先もずーーーーっとあんなに不親切な観光案内所だけを頼りに旅を続けるのは無謀じゃないか?

これからは今泊まってるようなホテルじゃなく、日本人観光客もいそうな安宿やホテルを探して色々情報もらわないとダメなんじゃないか?(「歩き方」とか持ってる人がいたら何が何でもその人にくっついて行ってやる!)

でも・・・「日本人がいそうな安宿」って、どうやって探せばいいの??なんせ東洋人自体を見かけないからなあ、ここでは・・・。

 とホテルの部屋で、答えのない自問自答を繰り返しながら悶々としていたら、つけっぱなしのTVから流れる音楽に聞き覚えが!!!

きゃーーーー!!

なんでRAI DUEが放映されてるの、モロッコで!!


(RAI DUE:イタリアの放送局)
イタリア語だ!!なーつーかーしーいーーー!!
パパーとラウラ、元気かなあ・・・。

♪エーオ!エーオ!ナーナーナオー!のモノマネまで聞けて、ちょっと元気が出た。安心で安全、心安らかな日々を送れてたシチーリアがますます懐かしいわ。 


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 それでもなんとなく英語は通じるみたいなので、FESから電車で行ける観光地教えて、できるだけ大都市で治安がいいところを、って伝えると

「そこの壁に時刻表貼ってるから

自分で行き先探しな」
 

って感じでほっとかれた。そしてその場にたちすくむ私の事なんか無視して、自分たちでお茶なんか飲んで楽しそうにおしゃべりに花を咲かせている。

 なんて冷たい・・・無知な観光客に対してひどすぎる仕打ち。

 なのに!おしゃべりの輪の中にむりやり入り込み、明日FES(フェズ)のMedina(旧市街)に行こうと思ってる、と伝えた途端、やおら英語ペラペラの男性が登場して(この人今までどこにいたんだろう??)

「一人でMedina観光なんて危険だから、

君は安全なオフィシャルガイドを雇わねばならない!

ガイドをつけなければ

君はきっと迷子になるに違いない!!」


って、mustやらneedやら多用されて・・・説得と言うよりは半ば命令? これじゃ観光案内所じゃなくて旅行代理店だよ。。。

 てな感じでえらい積極的かつ強引にセールスされて押し切られてしまい、「じゃあ・・・ガイドの予約します・・・」と返事をして、ほうほうの体でホテルに戻ったのだった。

 もちろんホテルまでの道のりには男たちの鋭い視線と「ハロー」「コンチハ」「サヨナラ」「アリガト」「ジャポン」「ハポン」「エスパーニャ」「バーイ」というかけ声つき。

 ああでもほんとに・・・何をするにも激しく消耗する国だよモロッコってところは・・・。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 しかもモロッコ人の女の人や女の子は全くと言っていいほど見かけなくて、町にいる女性は腕も太ももも丸太みたいにぶっとい白人の団体観光客ぐらい。私もあんまり近づかないし(アメリカ人嫌いだから英語が聞こえると念の為避けて通るので)、もちろん向こうも寄って来ない。
 
 彼女たちの服装ってかなり露出度高いのに、なぜかモロッコ人男性はお気に召さないようで、その分東洋人で一人ポツンとしてる私が目を引くのかも知れないけど・・・。

 見られるだけならまだしも、私を見る人たちほぼ全員から
「ハロー」
「コンチハ」
「サヨナラ」
「アリガト」
「ジャポン」
「ハポン」
「エスパーニャ」
「バーイ」


 等々いろっんなかけ声(?)をかけられるんだなあ。

これがまたかなりストレス。

 四方八方からの突き刺さる視線に、止むことのないかけ声。しかもクソ暑いのに紫外線と視線予防に長袖長パンツ着用してるんで、イライラと体温の高さでアタマもカラダもカーッとしてくるし・・・。

うるさいよモロッコ人!!(の男たちっ!)

と、いつも心で叫んでいる。だからちょっと外出するととても疲れる。

 結局、そんな目にあいながら行ってみた観光案内所自体がかなりウサン臭くって、ガラーーーーーンとした薄ぐらーい部屋のすみっこにいかにもなモロッコ人男性が3人、テーブルを囲んでイスに座ってておちゃ飲みながらえらいイキオイで話し込んでるので、

「た、頼もう・・・」

って感じで遠慮がちに入っていったら一斉に「ギロっ!!」って見られて、なんだか身の縮む思いが・・・。

 観光案内所でこんなに緊張するなんて、前代未聞だわ。。。



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 楽しくくつろいでたのに・・・20:00くらいになり、プールサイドが立て込んでくると、女の子一人でいるのがちょっと不自然な雰囲気になってきたし、お腹もすいてきたので引き上げることにした。

 プールサイドさらの帰り道、なぜか道(通路?)に迷ってしまい、水着の上にワンピースを引っ掛けただけの状態でフロントを横切って自分の部屋に戻る羽目になってしまった・・・。

 ジェントルなフロントマンは一応ニッコリ笑って「お部屋のキーはお持ちですか?」って聞いてくれたけど、他のお客さんたちは「モロッコで肌も露なヒラヒラの服来た東洋人・・・もしかしてキチガイ?って思ったかも。

 なぜそんな風に感じるかというと・・・モロッコって、女の子一人でウロついてる人なんていやしないのだ。皆無なのマジで。オーバーな表現じゃなく、この2日間で、一人でいる女の子なんて自分以外一人も見てないもん。

 今日もホテルにチェックインしてから、ホテルのフロントに観光案内所の場所を教えてもらったから、夕方まだ明るい間に一度行ってみよう!と思ってちょっとホテル近辺ウロついてみたら、店先の歩道にもテーブルやイス出してお茶飲んでるのって、

口ひげ蓄えた男の人ばっか!!

 しかも目つきは鋭いし、みんな仲良く手つないでたりするし。あの人たちの前を通り過ぎる時って、正直ビビるもん、毎回。
 威圧されるというか、圧迫されるというか・・・。



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 なんて、モロッコ政府観光局が聞いたらさぞかし気を悪くするだろうと思いつつ、モロッコ人男性の鋭い視線にさらされながらも仕方なく駅舎から出ると、あら!!駅のまん前に20060603185202.jpg

iBISホテル発見!!

「デュッセルドルフに来るならウチに泊まってくれていいよ~」と言ってたエグチさんに、ほんとに行ってみたら電話にすら出てもらえなかったというひどい目にあった時(思い出しても腹が立つ。エグチめ・・・あの時はよくも居留守ったな)にも温かく私を迎えてくれたiBIS。

 これがお世話にならずにおられるか!!多少値段が高くったって泊まりますったら泊まりますとも!と鼻息も荒く、タヌ夫(大きい方の荷物)をゴロゴロひきずって即チェックイン。

 シングル1泊で約5,000円。
 そのお値段なら上等上等。タンジェの、あのおしっこくさくて毛布が湿った、ひっかけるタイプの鍵しかついてない超無用心な部屋が1泊1,500円だったことを考えれば、iBISになら1万だって払っちゃうね。

 もちろんフロントは英語が通じるし、お部屋にTVもあるし(なぜかリモコンはないけど)敷地内にプールまであって、お客も白人かインド人っぽい人ばっかで突き刺さるような視線もさほど感じないし、やっとひと息つけた気がする・・・。

ということでもっと開放感を味わうべく、水着に着替えてコスタ デル ソルのEsteponaって町のフリマで買った黒いポリ100%のワンピースなんか着ちゃって、プールサイドに行ってみた。

 奮発してペリエ(カクテルは結構お高くて。。。)をオーダーした後、ビーチチェアでくつろいで、ああこれぞまさしく

「北アフリカのバカンス」

って感じ~!!



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 SIDI SILMANE駅で一旦列車を降りるまでは、
「乗り換えせなあかんとか言われたってどの駅でするんかも分かれへんのに・・・もしFESへの乗り換えの駅に行かれへんかったら、今乗ってる列車で終点まで行ってそこで1泊して明日タンジェに戻ろう!!」とか半ば捨て鉢、半ばめちゃくちゃな事を考えてたのに、親切な人たちのおかげでFES行きの列車にも無事乗れたし。

 乗り換えてからは、ワケもなく(としか私には思えない)駅舎も何もない線路の途中で列車が10分くらい停車しても不安に陥ることもなく、(最初に停まった時はめちゃくちゃビックリした。埼玉に出稼ぎにきてたおじさんがそんな私を見て失笑したくらいに・・・)停車中にビニール袋にいっぱい入ったオレンジを売りに、コンパートメントにやって来るオレンジ売りの少年たちに微笑みかけたり、車窓から見える、眩しい日差しの下に広がる緑の野原を楽しんだりしていた。

心の余裕って大事ね~。ほんとに・・・。

 乗り換え後も、同じコンパートメントの人たちにフェズフェズフェズフェズフェズフェズ!と訴えていたのが効を奏し、同じコンパートメントにいたおじちゃん(この人には「どこから来たの?中国?ベトナム?って聞かれた。べ、ベトナムって・・・)に「君が降りるのはここだよ」って教えてもらい、15:00にFES(フェズ)駅に到着した。結局乗り換えは1度で済んだけど、

 8:40から15:00まで6時間20分・・・

長かった~・・・。
おしりが痛いよ。

 列車に揺られてただけなのに、ひと仕事終えたようなこの充実感は一体何?昨夜遅くに見知らぬ外国人に押し入られたとは思えないくらい落ち着いてるな~今の私、なんてのん気に考えながら、駅構内で唯一の頼りの観光案内所を探すも見当たらず。

 うーーーんそういえば。モロッコに来てから観光案内所がちゃんと開いてるのって見たことないなあ。(タンジェの港で一度だけ見かけたけど閉まってた・・・)ちゃんと運営されてるのかな?



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 その他に気づいたこと。

 ほんとにロバが生活に密着してる!!と思った。運搬用にとっても役立ってるみたい。それに羊飼いも、あちこちの野原にいっぱいいたなあ。線路から離れた所にある町は、ラフィク・シャミの書いた本の表紙みたい。
 町から町までの間には野原とかほんとに1件も建物がなくって、ただ野原だけがだーーーーっと広がってて。

この4時間で、一生分の田舎の風景を見ました。

もうお腹いっぱい。

・・・しかし、FES(フェズ)までは遥か遠く。
 
 列車で同じコンパートメントに乗った人たちに、くどいくらいに
「私フェズに行きます。フェズフェズフェズフェズフェズフェズフェズ!」と言いまくっていたのが幸いしたのか、ちょうど同じ方向に行く(と思われる)人がいたので、その人に教えてもらい、SIDI SILMANE(SLMANEだったかも)って駅で乗り換えの電車を待つこと40分。

 その駅には人懐っこいちっちゃい女の子がいて、家族と一緒に列車を待ってたんだけど、その女の子の家族もこれまた人懐っこくて、
「中国人なの?スペイン語は話せるの?」とか
「一人で旅行してるの?モロッコに知り合いはいるの?」
とか話しかけてきてくれた。

「FES行き、ちゃんと来るのかなあ?どの列車に乗ればいいか、すぐに分かるかなあ??」とドキドキしつつもこの家族のおかげで、心安らかなひとときを過ごせた。乗換えを教えてくれた人にも、この女の子とご家族の人にも感謝。ありがとう、モロッコの人。。。

 余裕が出てきたので、周りを観察したくなり、プラットホームにやってくる靴磨きの男の子を思いつつじーっと見ていると、男の子の靴に穴開いてたりして、でも笑顔がすごく明るくて「うーーーん・・・アフリカだなあ」って感じ。

 

  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 とりあえず1等車だし、そんなに恐ろしげな人はいないだろうと思い、腹をくくって乗車。

 私が乗るコンパートメントには、埼玉県に出稼ぎに来たことがあるというモロッコ人男性がいて、何くれとなく世話を焼いてくれるけど(ポットに入ったお茶ついでくれたり、周りの人に『この子日本から一人で来たらしい(多分)』って説明してくれたり)、彼の日本語と英語交じりのアラビア語の説明によると、どうも私はここからFES(フェズ)に行くまでに、何度か乗り換えをしないといけないらしい。

チケット買う時に

「ダイレクト?」って聞いたら、駅の窓口のおっちゃんは

「YES!」って言ったのに~・・・!!


 言葉が全く通じない、駅名も正確に読めないのに乗り換え・・・ますますスロバキアの国境越えを思い出す・・・。

 なんだかもうほんとに「気が気じゃない!気が気じゃない!!」って言葉でしか表せない心理状態で、列車に揺られること4時間。

 この間、席を立つ(というかタヌ夫さんをこの場に置いていく)勇気が出なかったのでトイレにも行かず、埼玉に出稼ぎに来てたおじさんに勧められたお茶も、持参した水も飲まず、もちろんおやつを食べる余裕もなく、横目で眺めていた景色についてふれておくと、モロッコって・・・

 広大な田舎。

 もうほんとにはてしなく広がる田舎。遠―――――くの方になだらかな丘が見えたり見えなくなったりするんだけど、列車が走ってるところからその丘に至るまではだだっぴろい野原だったり、水田?麦畑?っぽい緑の「耕作地帯です」って場所が続いてたり・・・。

 意外な事に、今、私の目で見ることができる範囲のモロッコって、結構緑なす大地なの。雨女パワーでオアシス作ったろか、なんて意気込んでスペインから来たけど、別に必要なさそうだなあオアシス(あくまで今まで見た範囲だけど)。



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 モロッコの方がスペインよりも2時間遅いなら、今が4:00でも何もおかしくないわけで・・・。ということはあと3時間くらい、引き続き色々と考える余地ができたってことか。

 怖かったり驚いたりし続けたせいか、頭は変に冴えていたけど、妙にキモが座ったのか、真っ暗な部屋に戻ってしっとり湿った毛布をかぶったら、夢を見ながらのうっすらとした睡眠ではあったけど、2時間くらいは寝られたような気が。。。意外と肝が据わっているのか私は?

 ミラノやボローニャを一緒に旅したKちゃんや、自宅にいる母親が登場するという、なんとなく郷愁を誘う夢を見て、目覚めた時には意外にアタマはスッキリしていた。

 とりあえず今日はここから電車に乗って、コスタ デル ソルで出会ったタカハシさんオススメのフェズとメクネスに行ってみる!
 フェズ、メクネスで満足したらそこからタンジェに戻り、フェリーに乗ってスペインに戻ればいいし、興が乗ればもっと奥地に行ってもいいかなあと。自称女コロンブス(=私・・・)、不審人物の侵入なんかでくじけるもんかっ!!

 と、決心も固まったところで時間も頃合いになったので、再びフロントに出向き、私の勘違いで早起きさせられたせいで、まだ少し不機嫌そうなフロントマンに宿代を払い、タンジェ駅までの道順を聞いて、今度こそほんとにチェックアウトした。

ヨーロッパでだらけきった気合の紐を締めなおし、

北アフリカを満喫してやるわっ!!


 と、鼻息も荒くやって来たタンジェ駅。
 駅に着くまでに、このあたりに住んでる人たち(ガイドさせろ!って迫ってくる男性じゃないという意味)に何人か出会ったけど、比較的愛想がいいみたいでちょっと安心した。

 うーーんと、愛想がいいというか、私のイメージではアフリカ人=真っ黒くろすけ(鼻を尖らせてヒフを漂白する前のマイコーぐらい)な人たちってイメージだったけど、意外とみなさんアイスコーヒーにミルク多めに入れてかきまぜました、みたいな肌の色が多くて、あまり威圧を感じない。(でも目つきはもちろん鋭い)

 すれ違う子供たちに「ブルース・リー!ジャッキー・チェン!」(君たち若そうなのに昔の人を知ってるね~)とはやしたてられたりして、朝っぱらからなにかと消耗しながらも駅に着き、窓口でフェズフェズフェズフェズと連呼して、なんとか8:40発、フェズ行きの列車のチケットを買うことができた。
 
 2等はやっぱり怖いので、1等車のチケットにしてみたけど、ほんとにほんとにフェズに行けるのかなあ私・・・。



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 帰るべきか留まるべきか、それが問題だ・・・。
と悶々としつつ、ほぼ一睡もできず、ふと時計を見たら5:30。
私が持ってるスペインの「歩き方」によれば、スペインとモロッコの時差は2時間だったはず。
 ということはもう7:30?!朝イチの電車でもフェリーでも、乗るならそろそろ動き出した方がいいかなあと思いつつ、もぞもぞ準備してフロントに向かったら・・・

真っ暗。

 そして誰もいない。まあ昨夜あんなに大騒ぎした時に顔も出さなかったフロントマンだし、いなくて当然か?でも文句のひとつも言ってやりたいし、一応宿代も払わなきゃだし。。。と思ってレセプションの札がかかったドアに、「エクスキューズミー!!!」と大きな声を出したところ、すっごく眠そうな顔をした男の子が一人出てきて
「こんな時間に何の用?」と半怒り。
「何の用って、チェックアウトしたいの!それに昨日男が3人私の部屋に入ってきてすごく危険だったんだから!!」と、こちらもややキレ気味に話すと
「今チェックアウトしたって電車もフェリーも動いてないよ!」とキレ返された。

「動いてないってどうしてっ?!もうすぐ8:00なのに!!」と思わずケンカ腰になった私に、フロントの男の子は無言で自分の腕時計を見せた。

4:00??!!なんでーー???

訳が分からず???って顔をしたであろう私に、

「スペインとは2時間の時差があるんだよ!

7:00に起こしてやるから部屋に戻ってろよ!」


と言い放ち、レセプションルームに戻るフロントマン。

2時間の時差って・・・はっ、もしや!スペインよりモロッコの方が遅い??


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

私の部屋から3つ離れた部屋のドアが開き、白人のカップルが顔を覗かせて「何の用?」と聞いてくれたので、

「私の部屋に

3人のモロッコ人の男が!!助けて!!」


と訴えていると、押し入りモロッコ人たちは「忘れ物がどうのこうの」(
多分)というような言い訳をしながら去って行った。。。

こ、怖かった・・・。
何もされなくて、何も盗られなくてほんとによかった!!!


 しばらく白人カップルたちの部屋にいさせてもらって、なんとなく気持ちも落ち着いたので恐る恐る自分の部屋に戻り、本当にいろんな事を考えた。まずはほんとに危害を加えられなくてよかった!!ってこと。神様ありがとう。。。

 ガイド料を値切ったから押し入られたのかなあとか、これって警察に行った方がいいのかなあとか、あの中にモハメドいたのかなあとか。取りとめもなくいろんな事が休みなく頭に浮かんできた。しっかり考えようと思っても、頭の芯がぼーーーっとした感じで。。。

 部屋のドアの、古臭い引っ掛けるタイプの鍵が外からカチャンと上げられたなーと思ったら次の瞬間私が男たちに見下ろされてた画を思い出してしまい、心臓はバクバクするし、額に嫌な汗はじっとり浮かんでくるし、もうどうしようもない。まさか自分の身にこんな事が起こるなんて。

ただ、混乱した頭で考える中でひとつだけハッキリしていたのは、

「このままイスラム圏から尻尾巻いて逃げるのは

悔しすぎるんじゃないか?」


ってことだった。

 明日の朝までこのまま湿った毛布の中で悶々として、明るくなる前に荷造りして、タヌ夫さんをひきずってタンジェの港に戻り、フェリーの切符を買って海を渡って安全でのんびりしたスペインへ、アルヘシラスへ戻る・・・

 たしかにヨーロッパに戻れば、今より危険も少ないし、安全な旅は続けられると思うけど、でも!ここで逃げて帰ったら、私もうこれから『怖い!』とか『嫌なところ!』なんて思ってしまって、一生イスラム圏に来ることはなくなるかも。。。

 今日の事をトラウマにしない為にも、ここでひとふんばりして、もう少しモロッコを見てみてもいいんじゃないのかなあ。ああでも・・・怖くないと言えばウソになるし・・。どうしようどうしようどうしよう。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
 ホテルの部屋の鍵やトイレやバケツにドキドキしながら、明日からどうしようかな~とぼんやり考えていた。

 とりあえずこんな恐ろしげな国とは早くおさらばしたいので、明日朝イチでタンジェの港に行って、アルヘシラス行きのフェリーのチケットを買って、早々にスペインに戻ることに決めた。
 そしてなんだかしっとり湿ってちょっとおしっこの臭いもする、おもーい毛布にくるまれながら、今日の心細かったことや腹がたったこと等々を思い出していた。

 エステポナからアルヘシラス行きのバスに乗って、ヨーコ姐さんに会ったのが本当に遠い昔の話みたい。。。あの時ヨーコ姐さんがせっかくだし泊まってきなよ!って言わなければ・・・うう、ちょっと恨むわ。

 なんてネガティブな事を考えながら少しウトウトしていたら、ん?なんとなく部屋の外に誰かいる気配??今何時?と時計を見ようとしたら、カチャン、って部屋のドアのひっかけるタイプの鍵が外れた音がして・・・

ぎゃーーー!!!

誰かが部屋に乱入してきた!!!


3人も!!なんで?!モハメドの仲間?!私このままやられる(犯られる&殺られる)のっ!!!?

と、頭に浮かび、咄嗟にとにかく大声出さなきゃ!!と思ったけど、人間驚きすぎると大声なんて出やしない。
ノドがつかえてしまって、「た、助けて・・・」と震える声を出すのが精一杯。

 3人の男(暗くてよく見えないけど体型が男だった)たちは、余裕で私を見下ろしている。。。不意にKくんに聞いた,ジャパだるまにされた女の子の話が頭をよぎった。

 ・・・エジプトの道端で這いずって、日本人を見つけたら『日本大使館に連絡して下さい・・・』って言わなくちゃいけないなんて・・・いやだ!ガイド料を値切ったくらいでそんな目にあってたまるか!!!
(文章にすると長いけど、多分この間2・3秒だった)と思ったら、ノドのつかえがスッと取れた。すかさず

「助けてーーー!!!ポリス!!

泥棒!!モハメドがっ!!」


と、ものすっごく大きな声を出しながら、枕元にあったパスポートと財布をひっつかみ、廊下に飛び出して近くの部屋のドアを手当たり次第にドンドンとノックした。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 「ガイド料払え!」
「最初無料って言ったくせに!DH(ディラハム・モロッコの通貨)20で十分でしょ!」「全然足りない!もっとくれ!」
「DH200なんて高すぎる!」「だからDH180でいいって言ってるだろ!」

 と、Medina(旧市街)を案内してくれた時とはうってかわって恐ろしげになったモハメドに負けじとしばらくは

「絶対に払わない!」って姿勢を貫いてたけど、

押し問答中にモハメドの知り合い?らしきモロッコ人男性が近づいてきて、2:1で言い争うことになってしまい、明らかに形勢不利になってしまった・・・。

 男性二人がかりで

「ガイド料払え!」

「DH200払え!」


 ってか弱い婦女子を攻め立てるなんて・・・くうう、モロッコ人め!

 通りすがりの人も、全くモハメドたちをいさめたりせず、なんなら「もっとやれ!」的な視線を送ってきたり、ひやかしで声をかけて行ったり。。。

 全く諦める気配もなく、英語とアラビア語でわーわー文句を言う二人の男性を相手に、この世で私の味方なんて一人もいないんだ・・・もうこれ以上一人じゃ断わり続けられない!と追い詰められた気分になってしまい、じゃあ・・・としぶしぶDH100を払おうとしたのに、
「これじゃ足らない!さっきのDH20と、財布に入ってるDH200を両替してあとDH50くれ!!」と、臆面もなく請求するモハメドとその知り合い。

 その言葉を聞いて、

なんで両替してまでアンタにガイド料を払わないといけないのよっ!!
元々無料って言ってたんだから、DH120で十分でしょ!!


 とキレた私はDH100のお札とDH20をモハメドの手に押し付けて、一目散にホテルに駆け込んだ。そんな私を大声で(多分)罵っているモハメドとその知り合い。。。ホテルのフロントにいる兄ちゃんも「何モメてるんだ?」って感じでニヤニヤしながら見てるし・・・。

あーーーもうほんと感じ悪い街!!

 しかも私が泊まる部屋・・・まず鍵が!家の納戸じゃあるまいし、くるっと回して引っ掛ける鍵って・・・今時アリ?こんなもん、ドアの隙間に何か挟まれてそのままスッと上に上げたら部屋の外側からでも余裕で鍵開けられるやん!!

 更に!シャワーは水がちょろちょろ出るだけ、オマケにトイレは・・・床に穴が開いてて、すみっこに水の入ったバケツが置いてある。。。
・・・このバケツの水は、ナニを流す用?それともナニを拭いた後に手を洗う用?

なんて・・・なんてエキゾチックなのモロッコって!!!


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 しかし。
 今日はまがりなりにもモハメドのおかげでタンジェで宿も見つかったし、まあゴハンぐらいお勧めのお店に行ってあげてもいいか、と仏心が出てしまい(この時に今日初めてモハメドにYesって答えたような気がする)案内されたお店に行くと、魚のフライ(衣がめちゃくちゃ油っぽい)、かさかさのパンにぬるいコーラが出てきて、

お値段なんと1,500円・・・。

 高すぎる!!!ボるにもほどがある!!

 とは思ったけれど、まあモハメドへのチップ(私が飲み食いしたらこのお店からモハメドにいくらかマージンが入るとみた)込みだと思ってここは言い値でお支払いしましょう、と無理やり自分を納得させて、言われるままに1,500円支払ったのだった。。。

 見た目通りに油っこいフライだったので、4・5ピース持ってきてくれたけど2ピースしか食べられなかった。悔しい・・・。

 ひとまずゴハンも食べ終わると、ホテルまでモハメドが送って来てくれた。今日はどうもありがとう!とお礼を言って別れようとしたら、モハメドは

「今日はすごく親切にガイドしたから、

いくらかガイド料を払ってほしい」
と言いだした。

 あーーあ、やっぱり。。。
 まあ最初から「無料」って言葉は信用してなかったので、一応カタチは「ガイド料?あんたいらんって言うてたやん!」と断わりつつ、いくらくらい払えば納得するんやろう?と考えていた。
 はてるまコンピュータをフル稼働させ、言い値の1/3~1/4くらい払えばいいかな?と思ったので(お土産とかなら相手の言い値の1/10くらいから値段の交渉しても大丈夫らしいし)「いくら払えばいいの?」と聞くと、
「いくらでもいい」と答えるモハメド。

 ふーんほんとにいくらでもいいのね、って感じでモハメドの言葉通りDH(ディラハム・モロッコの通貨)20(300円くらい)をハイアリガトって渡すと、「これじゃなく、もっと高額の札をくれ」と言う。DH200の札を・・・

 3,000円?!高すぎる!!

 ガイドしたって言ってもあんたスパイス屋とかカーペット屋では私を一人っきりにしてたくせに!親切なガイドって言うのはお客をほったらかしにしないでしょ!!と色々思い出すとムッとしてきて、高い高い!絶対払わない!と頑張って突っぱねてみた。

 しかしモハメドも全くひるむ気配はなく、DH200が無理ならDH180は?とガイド料の値引き交渉を始めた。いくら値引きされたって払わないったら払わないんだから!!


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 ゴハンに釣られたわけじゃないけど、とりあえずMedina(旧市街)まで案内してもらうことにした。

 Medinaの中って、20060603185421.jpg

なんか・・・おしっこ臭い(モロッコ人並びにモロッコ好きの方の気分を害すると思いますが、ほんとに臭かったです)。

 スパイス屋さんとかカーペット屋さんとかお土産物屋さんなんかがいっぱいあって人もたくさんいてすごいザワザワしてて、活気はあるけど、ノースリーブ着て短パン履いてキャッキャ騒いでる巨大な白人観光客を除くと、女性の姿は全くと言っていいほど見かけない。
 いるのは口ひげを蓄えた、モハメドみたいなモロッコ人男性ばかり。。。やっぱり裸の大将みたいな格好でウロウロするんじゃなかった、と激しく後悔。みんなの視線がふくらはぎや首筋に食い込む気がする・・・。

「ガイドなんていらねえ!!」と強気だったはずが、

 周りの男性からの視線と、ゴミゴミしたMedinaの雰囲気(おしっこ臭さも含む)にまたしてもえもいわれぬ不安に襲われ、いつしかモハメドの姿を目で追うようになってしまった私・・・。さっきまであんなに「胡散臭い」とか「ウソくさい」とか思ってたくせに。

 人間って自分が置かれた状況で、こんなにすぐに気持ちが変わってしまうものなのね。

 とりあえず今頼れるのはモハメドだけ!と思った結果、モハメドが案内するスパイス屋やカーペット屋にホイホイついて行くことになってしまった・・・。

 でも!スパイス屋さんで
「このスパイス、すごくいいニオイだから少し嗅いでみて」って言われた時は
「スパイスに変なもの混ぜられてない?ここで思いっきりニオイを嗅いだら不意に眠くなって身ぐるみはがされるかも!」ってニオイ嗅いだフリしたり、カーペット屋さんで
「何も買わなくてもいいから、まあミントティーでも飲んでくつろいで」って言われた時には
「今このおっちゃんがカップに入れた角砂糖、実は睡眠薬かも!飲んだら睡魔に襲われて、気づいた時には身ぐるみはがされた上にジャパだるまにされたりして!」ってカップに口をつけるフリ(グラスに口つけただけで意識が朦朧としてひどい目にあったタカハシさんの事はしっかり覚えていたのだ)と用心だけは怠らずにいたので、一応何事もなくMedina見学も終了。
 しかしどっと疲れたなあ。精神的に。。。

 私がスパイス屋さんやカーペット屋さんにいる間は姿を消してて、30分~40分くらいしたらどこからか戻ってきたモハメドに、おいしいクスクス(小麦の上に野菜やお肉が乗った煮込み料理)に連れて行くと言われたけど、値段を聞くと1人前3,000円!

 1回の食事にそんなに払えない!却下却下!と思ったので断わると、(このあたりでちょっと油断して『私もかなりシッカリしてきたなあ』と思ってしまっている)モハメドはじゃあもう少しリーズナブルで、魚とパンが食べられてコーラも飲めるお店に連れて行く、と言う。

 魚とパンはともかく、コーラだあ??人に案内されてまで飲みに行くものじゃないでしょコーラなんて。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 「この宿はイヤ!」と断わると、モハメドは「どんな宿ならいいんだ?」みたいな事を言う。

 ☆はついてなくていいから、せめてフロントがあって、フロントマンがいるような宿がいい!でもDH100より宿代が高くないところにして!と伝えると、しばし歩いた後、さっきの安宿よりはいくらかマシか?と思う店構えのホテルに案内された。

 まあここなら・・・と思ったのでOK!THANK YOU!バイバーイ!と手を振って、シングル・シャワーとトイレつきの部屋で1泊できるか確認し、チェックインしようとすると、フロントにいた男の子は、まだ部屋の準備ができていないので部屋には入れない(多分)と言う。

 あっそ、じゃあしばらくこのへんウロウロしてるしいいよって答えてタヌ夫さん(大きい荷物)を預けてホテルの外にはまだモハメドがいて、「部屋は気に入ったか?」と聞いてきた。まだ見てないとか答えてじゃあ別のホテル案内する!とか言われても面倒だな~と思ったのでまあまあよさそうな部屋だった、と答えておいた。

するとモハメド、
「これからどこに行くんだ?」
「ガイド料はいらないから、案内してあげようか?東洋人が一人で観光するのはとても危険だぞ!」
「ここからならMedina(旧市街)も近いけど、Medinaも女の子一人で歩くには危険だ、きっと迷うぞ!」

とガンガン脅した挙句、

「もしよければガイド料は無しで

案内してもいいけど、どうする?」


と持ちかけてきた。

 無料~??ウソくさいなあ。英語じゃまわりくどい(というか丁寧な)言葉遣いができない私は
「あんたウソつき?私は無料じゃないと思うけど!」とかなり直截にはねつけると、
「もちろん無料だよ。無料で素敵なカーペット屋に案内するよ。」と言われた・・・

 出た、カーペット屋!

 ペルシャ絨緞みたいなお高そうな絨緞がずらーーーっと並んでるようなお店でしょ?そんな所に連れて行かれても私ほんとに貧乏だし、絶対何も買えないから!!とこれまた強気で断わろうとすると、
「カーペット屋に興味がなければ、おいしいレストランは?スペイン料理よりもおいしい料理が食べられるレストランだよ!場所が分かりにくいから、絶対君一人じゃ行けないよ!」とたたみかけられた。


 カーペットの次はゴハンか・・・手を変え品を変え、手強いぜモハメド!


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。