FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

 翌日。
 カラっと晴れてはいないけど、昨日よりは雲も薄いかな??という微妙な曇り空のもと、昨日の仕切り直しで、今日もMijas(ミハス)に行ってみることにした。
勝手知ったるバスに乗り込み、昨日と同じように20分くらいバスに揺られて2度目のミハス着。
20060405105450.jpg

 昨日は山の上には厚い雨雲が、山の下には一面の霧がかかっていて、山の中腹にあるミハスから見下ろしてみても「あれがフエンヒローラ??」と自信なく思う程度の視界しかなかったのに、今日同じ所に立って見下ろすと、ハッキリと「あそこがフエンヒローラに違いない!」ってくらいに景色が見渡せる。やっぱり出直してきて正解だったわ。

 小さな教会があったのでお参りしてみると、ここでもマリア様はきちんとドレスを身につけていた。コスタ デル ソルのマリア様はみんな着衣なのかなあ。ちなみにこの教会ではキリスト像の腰布も本物の布で、なんだかリアリティがあった。

 歩き方によると、ここには四角い闘牛場があるらしい。今日は闘牛のある日じゃないので(闘牛は3月~10月のシーズン中の日曜日に行われる)ダフ屋もいない静かな闘牛場の周りを歩いていると、フツフツと

「ああまた闘牛が見たい!!

あの生と死の世界をのこの目で!」


という気持ちが湧いてきた。次の日曜日にはどこかの町で闘牛が見られますように。。。

 観光案内所に行ったついでに、闘牛のチケットの値段を聞いてみてビックリ。なんとsol(日向)tendido(1階席。ちっこい闘牛場だから1階席しかないんだろうけど)で6,000円!バルセロナの闘牛より高いよ。

 そんなにいい闘牛が見られるのかなあ、この小さな山間の村で?なんとなく団体ツアー客向け価格設定のような気がしないでもない・・・。あれほどJTBのツアー客が押し寄せるんだもんなあ。そういえばお土産物屋さんでもJCB(これまたイニシャルトーク不可)カードが使えるお店が多くて驚いた。小さい村に不釣合いな日本資本が入りこんでるこの感じ、イタリアのサン ジミニャーノみたいだ。

 昨日お参りしそこねた教会(岩をくりぬいた中にマリア像が祀られてるのだ。アルバイシン風に言えば穴居教会?)でもきっと由緒ある教会だと思われる。だって大好きなパーパ(ヨハネ・パウロ二世)のお写真も飾ってあったもの。西ヨーロッパの南の果てでパーパを拝見できるなんて・・・嬉しい!!

 喜びながらミハスの村を裸の大将風の服装で20060603192143.jpg
(こんな感じで・・・)
くまなく歩いていると(小さい町なので路地裏まで歩いても数時間しかかからない)お寿司屋さん(こんな小さな村にお寿司屋さんがあるのも驚くけど)の店先にアラビア文字らしき看板が。モロッコからお寿司食べに来るお客でもいるのかな?と思ってしばしその看板の前でたたずんで、ハタと気づいた。

これ、「弁当」って漢字だわ・・・

誰やスペイン人にいい加減な漢字教えたのは・・・。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

スポンサーサイト



// HOME //