FC2ブログ
気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

能書きはそれくらいにして、まずはアルハンブラ宮殿本体(?)から少し離れた所に建てられた、王様の夏の別荘、「ヘネラリフェ」から見学することに。
src_10168432.jpg

天にも届けとばかりにすくすく伸びる緑濃い糸杉、白い壁と色あざやかな花々に囲まれて、小川のせせらぎまで聞こえる、迷路みたいな優雅なお庭。少し開けた場所には噴水があったりして、暑い夏でも涼しさを感じられるような工夫がいたるところに見え隠れ。建物に彫られた彫刻を見ても、アラビア文字のような模様があったりして、ヨーロッパにいながらにしてアラブの風を感じてみたり。。。
「夏の離宮」でこんなにアラビアンアラビアンしてるんだったら本体は一体どんなことになってるんだろう?とワクワクしながら向かった王宮は・・・

めまいがしそうなくらいのアラビア風味!!!

こんなに手が込んだお城、

今まで見たことなーーーいっ!!!


これぞ THE カルチャーショック!!

もうほんとに建物のいたるところが彫刻で装飾されている。こんなに彫刻彫刻彫刻彫刻だらけのお城見るのは生まれて初めてなので、何をみてもどこも見ても驚いてしまい・・・建物の天井から梁から壁から窓から隅々まで真剣に、(でも口はぽかーーんと開いたままで)視線で穴開くんじゃないの?と思うくらい、つくづくと眺めていた。

王宮の中はいくつかの部屋に分かれていて、中でも「大使の間」に施された、天井から滴ってきそうな彫刻、「鍾乳石飾り」(モカラベス)は圧巻だった。20060405105307.jpg


ほぼ壁と同じ、石の色をしている色鍾乳石飾りだけど、部分部分にほんのりと当時の青い彩色が残っているところもあったりして、この青さがまたとっても風情があるんだな。こんな部屋で接待なんかされた日には絶対に夢見心地になってしまうだろうなあ。どんなに有能な大使でも、イスラムの王様の無理な要求を呑んでしまうに違いない!と思ってみたり。「二姉妹の間」の鍾乳石飾りも素晴らしかったなあ・・・。

極上の彫刻が施された室内から視線を転じ、窓から見える風景はというと、アルハンブラ宮殿の城塞都市として名高いアルバイシンの白い町並みと青い空が一幅の絵のようで、ああもうほんとにグラナダに来ましたグーラーナーダーにーーー!!って感じで血が騒いで仕方がない。
白くて落ち着いた町並みのアルバイシンの住人は、スペインのレコンキスタ(国土回復運動)の軍勢に押されながらも、最後まで抵抗し続けたらしい。スペインの歴史の光と影が凝縮されたアルハンブラ・・・深いなあ。

とにかく宮殿もヘネラリフェも見どころだらけで、いざ写真を撮ろうと思ってもどこをどう撮ればいいのやら。キレイというよりスゴイ代物。これが人間の手で作られたなんてねえ。。。アラブ人ってすごい。ほんと尊敬に値する。あれだけの彫刻をほどこす為に、どれくらいたくさんの人が携わったことか。いやはや権力って大したものだなあ。あんな宮殿を人力で作らせるだなんて・・・。


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //