気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝食をもりもり頂きながら考えた。
今日チェックアウトして移動するには疲れすぎているし・・・Bologneseで一泊延泊して、今日は英気を養う日にしよう。

デザート代わりのドルチェもオレオ風ビスケットも完食し、お腹がいっぱいになったところでシャワーを浴びてサッパリ。すぐさまひと寝入り。
お昼前まで寝て目が覚めると八割方復活していた。
ベッドで起きた時、一瞬
「あれ?プリマクラッセのコンパートメントにいたはすじゃ??」と思ったけど、

寝ぼけてたのかなー。

1日以上着ていた下着や靴下を洗濯し、ヒーターの上に干してから久しぶりにカターニアのパパーとジーノに絵ハガキを書いた。話すのはともかく、書くとなるとイタリア語はど素人なので、内容は
「○○に着きました。××に行きました。泊まっている宿は△△です。
明日は□□に行きます。==によろしくね。またハガキ書きます!ciao!」
程度だけど、

でも気は心だもんね。

絵ハガキを投函した後、フォリーニョの公園と、今日もいつまでもザワザワしている学校を見ながらブラブラと散歩をした。
食っちゃ寝の町フォリーニョは、4泊もしたのに何一つ嫌なことがない奇跡のような町だった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

雨に濡れ、ヘロヘロになってBologneseに戻ると、受付にいたシニョリーナは
「ハテルマ!!

何があったの?!列車に乗れなかったの?!

昨日はどこにいたの?!」
と、ものすごく心配してくれた。

「リミニに行くつもりだったけど、ヴェネツィアに行ってカルネヴァレを見てきたの。
昨日の夜にヴェネツィアから列車に乗って帰ってきた。
連絡しなくてごめんなさい。

お腹すいたよぅ
と、

説明と共に空腹を訴えると、優しいシニョリーナはすぐに朝食を準備してくれた上に、「お腹が空いているなら、これも食べてね」と、オレオ風のビスケットもサービスしてくれた。

ああ、やっぱりなんていい人といい宿。フォリーニョに来たこともBologneseに泊まったことも大正解だ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コンパートメントの椅子に腰をかけたままウトウトしていて、目が覚めると汚いおっさんとおばはんはいなくなっていた。

日本人の女の子たちは座ったままでも熟睡できるようで

(若いっていいね)

起こすのも申し訳ないので、こっそりとお別れした。
フォリーニョに戻ってきたのは7:36。
雨がしとしとと降っていて、昨夜のヴェネツィアよりも肌寒いような気がする。
ああ眠い。そして疲れた。

座りっぱなしで腰がバキバキ。肩も相当凝ってるし。


はーーーあ、昨夜ヴェネツィアにいたんだよなあ。。なんだか夢みたい。

仮装衣装を着た人たちを見たり、インド人にナンパされたり、色々あったことを思い出しながらぼおーーーっとBologneseに戻った。
雨って久しぶり。昨日のフォリーニョはいいお天気だったから、傘なんて持っていないし。
「濡れて参ろう」と悠長に構えていられないくらいの雨足だけど、

小走りする体力も気力もない。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

このままヴェネツィアまで行くとして、

何事もなく着いても16:42

それからカルネヴァレや見どころを見物するとして、今夜中にフォリーニョに戻るのは無理だなあ。
となると、あの快適なBologneseでの

1泊分の宿代がムダになるわけだ。うむむむむ・・・


でもやっぱりこんなに身軽に動けるのってやっぱり魅力。
えーーーい、やっぱりやっぱりこのまま行ってしまえ、

ヴェネツィアまで!!


今度こそ本格的に心を決め、検札にきた車掌さんに行先の変更をお願いしてみる

「リミニからヴェネツィアに変更?!」と、

驚いたように眉を上げたけれどその場でビリエット・キロメトリコの行先を訂正してくれた。

ああ、今日は本意気の長距離移動だ。
フォリーニョからヴェネツィアまではファルコナーラ→リミニ→懐かしのボローニャを経由して7時間半の列車の旅が続く。

7時間半・・・夜行列車に匹敵する大移動。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

8:30くらいにフォリーニョの駅に着き、Barに入ってここでも

まだグズグズと

今日の行先について迷っていた


9:15にやっと心を決めて窓口に行き、ビリエット・キロメトリコに「Rimini」と書き込んでもらった。さあこれであとはリミニ駅に着くまで景色でも見ていよう!と思った  

はずなのに・・・

今日リミニまで行って、時間があればサン・マリノにも行ってみる。
そしてフォリーニョに戻ってきて、改めてヴェネツィアに行くとすると・・・タヌ夫さん(キャスターつきリュック)とプリンスを引き連れて、
あの観光客で大賑わいのヴェネツィアで宿探しをしないといけないわけだ。
町歩きのリュックひとつで歩き回るのとは疲労度が違うなあ。
第一、あの大混雑のヴェネツィアではおいそれと安宿には泊まれないだろう。近隣の町で探すのも大変そうだし。


今日リミニとサン・マリノを観光して、フォリーニョに戻って

またヴェネツィアに出直すとか。

いやいやいや、それはいくら2冊目のビリエット・キロメトリコを持っているとしても、ムダな移動が多すぎる。

私はイタリア国内の移動距離を

伸ばしたいわけではないのだぁ
~!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

『夜明け前』と並行してフォリーニョ駅で書き写したFSのオラリオを眺めながらつらつらと考えた。

9:19フォリーニョ発の列車に乗ったとする。どんどん北上すると、間違いなくヴェネツィアに着く

ただし16:42に。

そんな時間に、観光客でワラワラしているヴェネツィアに行ってどうする?何をする?
あーーやっぱりやめやめ!明日はのんびりリミニにでも行こう。


・・・と、朝寝坊する気満々で寝たのに、こういう時に限ってやたら早く目が覚める

時計を見ると7:10。

どんなに時間をかけて支度したって、9:19の列車に乗れるように準備は完了してしまうなあ。
リミニに行くには少し早すぎるけど、朝ゴハンも食べ終わったしとりあえずフォリーニョ駅に向かうとする。


ヨーロッパのマイアミと呼ばれるリミニは、若者からファミリーまでバカンス客であふれているらしい。
わぁ、リミニもザワザワしてそうだなあ。まあ今はシーズンオフだし、海水浴客はいないだろうからヴェネツィアよりは空いているだろうけど。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

フォリーニョの宿、Bologneseに戻り、部屋のTVをつけるとタイミングよくヴェネツィアのカルネヴァーレの特集番組を放送している。

仮装した人たちもすごいけれど、

もっと驚いたのは観光客の数。

昼間のアッシジの比じゃない。広場にも大聖堂にも人がアリみたいにうじゃうじゃしている。
あの人ごみの中にまぎれるのかあ~~・・・
ちょっとゾッとするなあ。


昼間あんなに歩いたし、疲れてベッドに入るとすぐに寝てしまうだろう

 と思っていたのに、久しぶりに日本語を話したり、ローマのことを思い出したせいか、変に目が冴えてしまった。
もう何度目かになる『夜明け前』を読み返しながら、明日からの予定をなんとなく考えていた。

ヴェネツィアかあ~~。
行ってみたいけど、

あの人ごみはかなり辛そうだ。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。

フォリーニョの安宿

Bologneseの朝食にやられた。

焼きたてのクロワッサンにカプチーノ(おかわり可)、更に朝からドルチェ風のおやつも出してくれた。
昨日受付をしてくれたシニョリーナはニッコリ笑って「よく眠れた?」なんて聞いてくれるし。

昼寝したとは思えないくらい

ガッツリ寝られましたとも!!


プリマコラツィオーネ(朝食)をおいしく頂き、元気いっぱいにフォリーニョの駅に向かう。

9:25の列車に乗ってペルージャへ。
今でこそ「中田ヒデがいた」ってことで名前が売れたペルージャだけど、当時は「歩き方」でも「中部の州」としてまとめられていて、

しかも町の記載はたったの2ページ

ウンブリア州の州都とはいえ、こじんまりとした町に違いない。(と思う)


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

人懐こいシニョールのいるBarを出て、

足の向くままにブラブラしてみた

小さな町なのに教会がたくさんある(でもなぜかどこの教会も閉まっていて入れない)
広い公園もあり、そこにいる人たちはお年寄りばかりでのんびりとお喋りをしている。

不思議だったのは、明らかに授業が終わっている時間帯なのにいつまでも子供たちが校舎(と思う)に居残っていて

学校全体がザワザワし続けていること。

バーリじゃ中学生も高校生もお昼時には集団で下校していたように思ったのに。
フォリーニョって子供の教育に熱心な地域なのだろうか

もう一度Max Maraの前を通り、観光案内所を見るとまだ開いている。
Max Maraも観光案内所もやっぱり誰もいなくて(店員さんと職員のシニョーラはいるけど)、
こんなにのーーーんびりした町でのーーーんびりと1週間ばかり過ごすのも悪くないなあ。
(でもしばらくすると『明日からのプラン立てなきゃ!!』とか思ってしまうのだなあ)



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

Barでパニーノとオレンジジュースを食べ、まだお腹に余裕があるのでドルチェっぽいパンも買ってもりもり食べた

アンコーナのBarのシニョールも親切だったけれど、フォリーニョのBarのシニョールも人懐こいおじさんで、
フォリーニョにはいつ来たの?初めて来たの?」
「どこに泊まっているの?」
と話しかけてくれた。

ローマに行った、ミラノに行った、

シチーリアにも行った
、と

これまで行った場所について話していると、
「フォリーニョはいいところだけれど、せっかく2月にイタリアにいるのに。カルネヴァーレを見に行かないのかい?」と言われた。

カルネヴァーレってどこの?この近く??と聞くと、

シニョールは「NoNo!」と全否定。

自分が住んでいる地域以外はなんでもかんでも「ペリコローソ!」と眉をひそめるyイタリア人が多いのに。
一体どこのカルネヴァーレがお勧めなの?ともう一度聞いてみた。

シニョールはヴェネト州の出身だそうで、「カルネヴァーレといえばヴェネツィアだろう?」と、当然のように言う。

ヴェネツィアですか!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。