気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱお金って

使うだけの値打ちはあるのだなあ。


エスプレッソとかロカーレばかり乗ってたら、こういうFSの豪勢な面を知らずに終わっていたはず。
(とでも思わないとやってられないくらいに今回の移動ではお金を使っている)

極寒のVILLA S. GIOVANNIの待合室からぬっくぬくのICのコンパートメントに移動し、寝たり起きたりしている間に

9時間経過

うたたねをしていて「ああっお腹すいた!!」と目を覚まし、パパーが持たせてくれたパニーノをもりもり食べて、満腹になるとまたうたたね。

そんなこんなで元気も回復し、

交通費浪費のダメージはまだあるけれど

13:24にターラントに到着した。

昨日の19時にEruopensioneを出て、10~11時にはレッチェに着いている予定だったのに。。。

ショーペロでもないのに、まさかこんなに時間がかかるとは。
お釈迦様でも予想できめえ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

VILLA S. GIOVANNIからレッチェまでの普通運賃(カターニア駅でビリエット・キロメトリコに記入済

=運賃支払い済
と、

結局1秒も乗らなかったクシェット料金

に加え、さらにこのICの料金は普通運賃+特急料金。
座席指定料が特急料金に含まれているのだけが救いだけど・・・

この一晩でどれだけ移動料金を使ったことか!!!
ざっと計算しただけで頭が痛くなるくらい散財してしまった。

ああでももう買っちゃったもんねIC料金。
いつまでも

死んだ子の歳を考えるようなことはすまい


気持ちを切り替えてICに乗り込み、指定されたコンパートメントに向かうと

きゃーーー!!!6人仕様のコンパートメントをひとりじめ!
しかもしかも、今までの列車と違ってシートもしっかり、コンパートメントのドアもしっかり閉まる、しかも動きが軽い!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

全く内容が入ってこない「夜明け前」を読むのを諦め、手袋をした両手で顔をこすってみたり、正座を崩してその場かけあし

(座ったままなので足踏み?)をしてみたり。


寒さに対しての抵抗を試みるも、これまた全く効果なし

一日のうちで一番寒い(と私は信じている)夜明け前の夜の底を耐えた時には

既に疲労困憊

いくらビリエット・キロメトリコで乗れるとしても、バーリ行きの列車が到着するのはまだまだ先。今から5時間もここにいるのはもう無理だああ・・・

悔しさともったいなさで唇をかみしめながら(もしかしたらちょっと泣いてたかも)、清水の舞台から飛び降りる覚悟で6:43 VILLA S. GIOVANNI発の

IC(インターシティ 国内特急)のチケットを購入

それにしてもインターシティって・・・
全く先を急ぐ旅じゃないのに、何が悲しくて特急に乗らないといけないのだろう。
こんなことなら

Europensioneでもう一泊すればよかった



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ザブトン代わりのセーターと、おしりっぺたに貼った2つのカイロでは全く暖が取れない。
このまま寝たら、凍死はさておき

風邪くらいはひいてしまいそうなので

とりあえず限界まで起きていることにする


ああそれにしても・・・
ローマの屋外夜明かしは、せいぜい3時間くらいのものだったはず。それに一応寝ていたくらいだから、今より多少は暖かかったんだろう。
今回は、朝日が昇るまででも6時間、ビリエット・キロメトリコを使って列車に乗るとするとゆうに10時間はここで過ごさないといけない。

拷問だ。極寒地獄だ。

神様、私が一体何をしたというのですか。


一人ででき太を過信していた自分も悪いけど、「もしかしたら乗り過ごすかも?」とアドバイスしてくれなかったカターニアの窓口の駅員は私より罪深い(と思う)

しかも乗れないかもしれないクシェットの予約キャンセルもしてくれなかったし。

神様、いつでもいいです。ヤツにもいつか

私と同等の罰を与えて下さい


ああそれにしても寒い。寒さに耐えて読む「夜明け前」は、全く頭に入ってこない・・・。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

こんな寒いところで夜明かしなんて。
夜中でこんなに寒い待合室ってどうよ?一日のうちで、夜明け前が一番冷えるのに。夜明けまでこんなところにいたら凍死するかも。

こんなところで死んだら誰が責任取ってくれるの?!

誰も取らないだろう。
地元の警察がローマの日本大使館に

「日本人が凍死してます」って連絡してくれれば御の字だ。

とりあえずイスに座ったけれど、冷たくて10秒もガマンできない
タヌ夫さん(キャスターつきリュック)からセーターとカイロを引っ張り出し、セーターをザブトン代わり、カイロは

パンツの上から両方の

おしりっぺたに貼り付けて


靴を履いたまま、セーターの上で正座した。

私だけかなり珍妙な修行僧みたいになっているけれど、周りの人たちは寒さに負けず、早くも寝る体勢になっている。

ああこの寒さの中でも寝られるのだ白人は。なんてタフなんだ。

日本が戦争に負けるわけだ



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ダメもとで
「カターニアからの列車が遅れたからターラント行きの列車に乗りそこなった。クシェットも予約してたのに!!!

クシェット代だけでも返して


駅員さんに詰め寄るも
「返せません。お気の毒」と軽くあしらわれ、
「夜の間にターラントかバーリに行く列車はありますか?ビリエットキロメトリコで乗れる列車!!」と聞くと、

「朝まで普通列車はありません。ビリエットキロメトリコで乗るなら、

明日11:11発が一番早い列車です」
とのこと。

11:11~?!!(現在0:37)
あと11時間も何して待ってろっていうのよーーー!!

1.8万円返してよーーー!!!!


駅中には(時間も時間なので)営業しているBarもなく、私と同じくバーリやターラント行きの列車に乗り過ごした人たちはプラットホームにある待合室で静かに待っている。
待合室で腐ってろってか。

とプリプリしながら他に行くところもないので仕方なく私も行ってみると

寒いっ!!!

外とほとんど同じ気温じゃないのーーー!!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

・・・他人の家の玄関マットの上で過ごした

ローマの大晦日。
あの時も辛かったけど、

でも3時間程度のことだった。

そして過ぎてしまえば笑い話にもなった。

でも今回は・・・

笑う余裕なんて全くない

カターニアを予定より40分遅れて発車した列車がVilla S, GIOVANNIに着いたのは、

なんと23:05。

ブツ切りにした車両をフェリーに乗せて海を渡ったのはいいけれど、フェリーから車両を出すのに手間取ること25分

その時既に23:30

タヌ夫さん(キャスター付リュック)とPrinceを従えて、猛ダッシュで駆けつけたプラットホームには、私が乗るはずだった23:15発のターラント行きの列車なんて影も形も残っていなかった・・・。

FSの、一人ででき太のバカーーーー!!!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。