気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車に乗せてくれたシニョールは気のいいおじさんで、(予想通り)自転車に乗せて案内したんだから、と

料金を請求することもなく

「フェリーに乗ってマルサーラに帰る」と言うと、二人乗りのまま、フェリー乗り場まで連れてきてくれた。

行きのフェリーのお客も少なかったけれど、帰りのフェリーの乗客はなんと私一人
たった一人の為に船を動かしてくれるなんて。申し訳ないけどとてもありがたい。

フェリーの中で、小さくなっていくイソラ ディ モツィア
  ↓
シチーリア 034
を眺めながら「歩き方」を読むと、マルサーラ(かどうかは不明)からモツィアまで牛車で渡る という手段もあるらしい!

海を牛車で渡るなんていいじゃないいいじゃない。片道だけでも牛車に乗ればよかった。
あっでもでも、牛車に乗れなかったのは残念だけど、フェリーに乗って学生さん風の女の子が声をかけてくれたおかげで「あんたは日本人なのに目が開いてるね!」と驚いていた可愛いおばあちゃんも、見ず知らずの観光客を荷台に乗せて暑い中モツィア中を走り回ってくれたシニョールにも出会えたんだ。

みんないい人たちだったなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

イソラ(島)ディ モツィアというけれど、実はモツィアは島ではなく、面積40ヘクタールの潟。
古代フェニキア・カルタゴの居住地としては

ヨーロッパで一番の重要地と言われている。

モツィアの歴史は紀元前8世紀まで遡るが、注目を集め始めたのは1875年に遺跡の発掘を始めてからのこと らしい。

モツィア全体がカルタゴの遺跡となっている中でも、有名なのは紀元前5世紀の大理石の彫像「モツィアの若者」。発掘された彫像などは、

発掘を始めたビジネスマンの名前を冠した美術館

Museo Villa Whitakerに展示されている。

ものは試し と、Museo Villa Whitaker、その隣にあるモザイクの家に立ち寄ってみたけれど、貴重なはずの発掘品の展示の仕方はパレルモで博物館を見学するたびに感じた

「これって・・・ほんまに貴重なものなんやんなあ?

という印象を覆すものではなかった。

紀元前のものがゴロゴロ発掘されるんだから、ひとつひとつをキレイに整列して展示する余裕も人手もないのかもしれないけれど・・・
閉店直前のフリーマーケットみたいに、あらゆるものがごちゃごちゃになっている棚には驚いた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シニョールが押してきた自転車はかなりの錆びっぷり。
お金を取って観光客に貸し出しするには失礼なんじゃない?と思っていると、シニョールがサドルにまたがり、

おもむろに「さあ行こう!」と笑顔で言った。

「行こう」とは?一体どこへ?

どうなってるの?さっきのPOLIZIAはこのシニョールに何を言ったんだろうか。別れる前にちゃんと確認しておけばよかった。。。


固まっていると、「モツィアを案内してあげるから、早く乗りなさい」と、錆び錆びになっている自転車の荷台を指差した。

レンタサイクルじゃなく、自転車に乗っけて観光案内してくれるの?
おしりがサビまみれになりそうだけど、せっかくのご好意だし(先ほどのお昼ゴハンと同じく無料で案内してくれると勝手に決めつけている)。じゃあちょっとそのあたりを案内してもらおうかな。


自転車の二人乗りなんてほとんどしたことがないので勝手が分からず、パンツだし と思って荷台をまたいで座った。

(色気なさすぎ。。。)


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

POLIZIAたちが降ろしてくれたのは、さきほどのお宅と同じ(ように見える)一般家庭。
POLIZIAの一人が「Ciao!」と挨拶をしながら家に入り、一人のシニョールを連れてきてくれた。

・・・冬期休業中の観光案内所ではあるまいよ。じゃあこのシニョールは一体?

POLIZIAの説明を待っていると、「Ciao シニョリーナ!良い旅を!」と、そのまま交番に向かおうとするので、

あっ待って待ってこの人誰?!慌てて聞くと、

モツィアに来る観光客相手にレンタサイクルをしている人(?)だと教えてくれた。
観光案内所は閉まってるのにレンタサイクル屋さんは営業してるのかぁ なんとなく釈然としないけど。

シニョールから「Ciao!」と声をかけてくれたので、Ciao!と返してあのー、ビチクレッタ(自転車)・・・と言いかけると、

「Si Si!」と言いながら一旦何処かへ消えるシニョール。

そして戻ってきた時にはビックリするくらい大きな車輪の自転車を押してきた。
えっこれを借りるの?!
こんなにでかい車輪の自転車、怖くて乗れないよ~!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

可愛いおばあちゃんとPOLIZIA2人と記念の写真撮影
 ↓
シチーリア 031
をしてから、どちらかのPOLIZIAの自家用車らしいアルファロメオに乗せてもらった。
パトカーに乗るのかも?と思っていたので少しだけ残念。
日本では「おっ!」と思うアルファロメオだけど、こんなにいたるところで見るとはカローラみたいだ(今ならマーチかな)

アルファロメオのスピーカーから大音量で流れているのは、おお、モツィアでもやっぱりAQUA!!
「AQUA好き?」と聞くと、2人とも「Si!」と答える。

「日本でも流行ってるのかい?」と質問されたので、

「私が知らないだけかもしれないけど、日本では聴いたことがない。AQUAを聴いたのはローマに来てからなの」と答えた。
(この後も引き続き放浪→帰国後しばらくしてから日本でAQUAのデビューアルバムが発売されたので懐かしくて即買いした)

全開にした窓からは潮の香りがする風が通る。目に入るのは巨大なアロエ?や、大きな椰子の木。
調子のいいBGMを聴きながら南の島をドライブだ。

しかもドライバーはイタリア人。

映画みたいなことが起こるのだなあ 人生って。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

そうこうしているうちに、昼食の準備が調った。

可愛いおばあちゃんが作ってくれたショートパスタは少し塩味が強いけれどなかなかおいしくて、勧められるままに2回もおかわりをしてしまった。

朝ゴハンが予想外に貧相だっただけに、

余計においしく感じるのかもしれないなぁ。


のんびりした土地柄のゆえか、思わぬお客(私)がいるのでおもてなしをしてくれたのか分からないけれど、お昼なのにテーブルにはワインが登場。
女の子とお父さんが飲むのは分かるけれど、お昼休み中のPOLIZIAまで美味しそうに飲んでいるのは・・・モツィアの防犯上どうなんだろう?

食事が終わると、可愛いおばあちゃんは

「うちの庭で採れたんだよ」と、

大きなレモンをいくつも持たせてくれた。

POLIZIAの二人は車で交番に戻るので、適当な場所(ってどこだろう?)ごはんにまで載せて行ってくれるというので、お昼ゴハンに続き、またしても遠慮なくお言葉に甘えることにした。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

2人のPOLIZIAのうち、一人が愛想のいい女の子のお兄さんで、同僚と一緒にお昼を食べるために家に帰ってきたらしい。
モツィアには何人POLIZIAがいるの?と聞くと

「二人だよ」とのこと。

・・・その状況で2人一緒にお昼を食べるのは防犯上よろしくないのでは?まあのんびりしたところだし、交番が1時間や2時間無人でも、そのスキに犯罪が起きるようなことはないのかもしれないけれど。

愛想のいい女の子が自分のお兄さんに向かって
「彼女が観光案内所に行きたいって!場所が分からないからお昼を食べたら連れて行ってあげてよ」と言ってくれた。のはいいけれど、POLIZIAのお兄さんには

「観光案内所?

夏しか開いていないけれど、何の用?」


言われてしまった。。。
あらら、やっぱりシーズンオフ。冬季休業をするのはユースホステルだけだと思ってたのに、観光案内所も休むのね。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

見ているだけでは飽き足らなくなったのか、可愛いおばあちゃんは徐々に大胆になり、

「目が開いているねえ、不思議だね」と、

今度は私の顔を撫で回しはじめた。

お地蔵さんになった気分。。。

私がイタリア人なら、一重まぶたで中途半端な大きさの目よりも

「これが鼻?!」ってくらいに低い鼻の方が

気になると思うんだけど。
もしや目への興味が薄れたら今度は鼻を重点的に撫で回されるのだろうか。

可愛いおばあちゃんの興味が鼻に移る前に、女の子が言っていた「お兄さん」が帰ってきたようで、車が停まる音がした。

わ!POLIZIAの制服を着た若い衆が二人も!!
二人共とても愛想がよくて、

初対面の私に「Ciao!シニョリーナ」と笑顔で挨拶してくれた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

初対面の興奮が落ち着くと、
東洋人の目はこんな

(と言いながら自分の両目尻を

人差し指で吊り上げる)
なのに、

アンタの目は開いてるね!!本当に東洋人なのかい?と、興味津々で私の顔をガン見する。

相手がおばあさんでも、こんなに近くで見つめられると緊張してしまう。。。
そういえば、女の子とお父さんはどうして私をここに連れてきてくれたんだろう??


可愛いおばあちゃんの家の庭のベンチでくつろいでいる女の子に「観光案内所・・・」と言いかけると、

「もうすぐ兄さんが帰ってくるから、

兄さんに案内させるわよ!」とウィンクつきで答えてくれた。

・・・「もうすぐ帰ってくる」って、真昼なんだけど・・・二交代制の職場にお勤めなのかしら、お兄さん。
「兄さんが」ってことは、ここはこの女の子の家なのかな??
分からないことだらけだ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

車に乗ると、女の子が「これからどこに行くの?」と聞いてくれた。
とりあえず最初は観光案内所なんだけど、頼みの「歩き方」には観光案内所の住所が載ってない。。。

観光案内所に行きたい、と女の子とお父さんに言うと

「観光案内所??」と首をかしげている。観光案内所がない観光地がイタリアにあるとは思えないんだけど。地元の人には認知されていないのかなぁ

女の子とお父さんが相談して連れて行ってくれたところは1軒の民家。

うーーん、案内所っぽくない

出迎えてくれたのもイタリア人のおばあさん。

おばあさんは「生きて動く東洋人」を見るのが

初めてだそうで(同じセリフ、最近もどこかで聞いた気がする・・・)興奮を隠し切れないらしい。

「マンマ ミーア!!」を連呼している。

可愛いおばあちゃんだなあ


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。