気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリーチェと同じように広々とした景色をどこかで見たような・・・

思い出した!トスカーナだ

山や林が広がるトスカーナもいいけれど、海が見えるエリーチェの景色の方がもっと広々していて胸が開かれる感じがする。
お天気のよさもあるかもしれないけれど、やっぱり海の近くの町はいいなあ。


町の広場のベンチに座って周りをみていると、飼われているのか野良なのか分からないけれど犬も猫も平和に昼寝をしている。
それにしても人がいない町だ。

(といってもゴーストタウンのように寒々しい雰囲気は全くない)


しばらくすると白い大きな犬を連れたおじいさんが広場にやって来て、「チネーゼ?」と声をかけてきた。違います、日本人です。と答えると、おじいさんは「失礼!」と謝った後、私の名前はサバトーレです、お嬢さんは?と更に会話をしたそうな様子。

サルバトーレはナマの東洋人を見るのが初めてらしく、

興味津々であれこれと尋ねてくれるけれど、(シチーリアに来て何度も思っているけれど)これって本当にイタリア語なのだろうか、と疑ってしまうくらい何を言っているのが分からない。

ぜひ!とお願いされたので住所の交換をしたけれど、手紙ならともかく、電話だと絶対に意思の疎通ははかれないだろうな。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

標高751m、と

数字だけ見るとあまり高さを感じないけれど、エリーチェは高台にあるのでカステッロノルマンノ(ノルマン城)から見下ろす眺めは見事。

トラーパニ市街や眩しい塩田、

真っ青な海まで一望できる。


ガイドさんの話では、(今日も天気はいいけれど)もっと晴れて海面に霧がかかっていない日にはエガーディ諸島や(先日大騒ぎになった)チュニジア(当時は暴動のウワサもなかった)まで見渡せるらしい。

チュニジアってアフリカにある国でしょ。そこを見渡せるところまで来たのか私は。

この旅がアフリカ大陸へ続くなんて

この時は想像もしていなかった)


カステッロノルマンノも観光客は私一人で貸切状態だったけれど、お城を出てエリーチェの町を歩いてみても町の人すら見当たらない。
こんなに広々した景色を見られて、かつシーーーーンとしている地域が観光客まみれのイタリアにあったとは。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

カステッロノルマンノ(ノルマン城)のあちこちを案内してくれる

ガイドさんのイタリア語が

分かりにくいことに驚いた


ガイドさんに「今日はエリーチェに泊まるの?」と聞かれたので
「夕方にエリーチェを出てトラーパニに移動して、そこからフェリーに乗って

カッリアリに行く
と答えると

「カッリアリ?!サルデーニャは

とてもペリコローソ(危険)な島だよ!」


大げさに身震いしながら驚いていた。

似たようなセリフ、ロザリオも言ってたなあ。たしかナポリからパレルモに移動する時にも「ペリコローソ!!」って散々聞かされた記憶が。
でもパレルモでも特に危険な目には遭わなかったし。

しかしマフィアと言えばシチーリア、って

イメージでヨソの地域から見れば充分ペリコローソなシチーリアの人が危険だよ!っていうぐらいだから、サルデーニャでは気をつけて行動した方がいいかもしれないなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ギリシャ、ローマ神話発祥の地とも言われるエリーチェは古代から中世の神話に包まれた小さな町。迷路のような細い路地がつながっている。

そしてこんな小さな町にも当然のように観光案内所があり、職員さんもマルサーラやトラーパニの観光案内所の職員さん同様とても親切。
エリーチェの地図はもちろん無料でくれたし、エリーチェを見物した後トラーパニに戻る、と言うと

バスの発車時刻まで調べて教えてくれた

趣のある町をぐるりと1周してから、標高751mのエリックス山の頂にあるカステッロ・ノルマンノ(ノルマン城)に上った。
観光客がほとんどいないノルマン城にもガイドはたくさん待機していて(シチーリア島の観光地ってどこでもこんな感じなのだろうか)、門を入ると

「待ってました!」というようにガイドさんが寄ってくる。
その中の一人のシニョールにマンツーマンで案内してもらえるようになった。

もちろん無料で。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。