気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソルントの遺跡には水路やモザイクがそこそこの状態で保存されていて(このモザイクを持って帰りなさい なんてことをガイドが言ってはくれないけれど)景色もいいしゆっくり見学できるのがいい。
シチーリア 018

マンツーマンで案内してくれたガイドのシニョール(何枚も写真を撮ってくれる)↓
シチーリア 017シチーリア 019

が言うには、チェファルって町もすごくいいらしい。

まだお昼前だし、今から列車に乗ればチェファルに行けるよ、と教えてくれた。
S.Fla via Solunto Porticero駅に戻り、そこから列車に乗って行ってみよう。
駅は無人駅で券売機もない。ビリエッテ・キロメトリコに行き先を記入してくれる駅員さんもいないので

必然的に無賃乗車することになる。

検札が来たらチェファルまで って言ってお金を払えばいいや。・・・と思っていたけれど、途中で「Termini」という駅名の表示を見ると、ローマのテルミニ駅を思い出し、衝動的に途中下車してしまった。
(途中下車も何も、運賃を払ってないんだから100%無賃乗車だ)


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

2本目の道をまっすぐ進むと、さっき迷ったようなレモン畑の中を通る1本道になり、やがて上り坂になった。
運動不足の身には少々キツイけれど、レモンの爽やかな香りに励まされて20分ほど山登り。

ソルントはここ数日のパレルモと違ってものすごーーーくお天気がよく、念のために着てきたダウンジャケットのせいで額にはうっすら汗をかいている。

今度は無事にギリシア遺跡に到着し(歩き方には書かれていなかった)入場料約360円を払った。
遺跡自体はそれほど規模の大きなものではないけれど、シチュエーションは最高!
遺跡の入口にあるベンチのあたりに立つと、後ろの丘にはギリシャ遺跡、前には海が広がっている。
シチーリア 020

周りにはサボテンや花を咲かせたさるすべりなど、冬らしくない植物がたくさん植えられていて(自生しているのかも)足元には満開のタンポポ。
入口でしばし花を愛でてから遺跡に入ってまたビックリ。

さして規模が大きくなく、

観光客も少ない時期なのに
遺跡公認ガイド?のような人が

山盛り待機していて、イタリア語のみではあるけれどとても丁寧に説明をしながら遺跡を案内してくれる
シチーリア 016
ポンペイでも思ったけれど、遺跡のガイドさんってお客の写真を撮りたがる人が多い。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
昨日モンレアーレに出発するのが遅くなったので行くのを諦めたソルントへ行くことにした。
今朝もゆっくり寝ているロレーナとは別行動で私だけちゃっかり朝ゴハンを頂き、パレルモ中央駅へ向かった。
ローカル線の列車に乗り込み、S.Fla via Solunto Porticero駅まで15分の移動。

ソルントはカルタゴに由来する、紀元前4世紀のギリシア遺跡。フォーラムや下水道、街路などの遺跡が残っている 

歩き方にはほんの数行の情報しかない町

の駅に降りると、何の表示もない。
でも大丈夫!私にはロレーナが激賞する「歩き方」がある。
欄外には「斜め後に見えるカタルファノ山の中腹を目指す。まず、来た方向へ少し戻り、踏切を渡って左折し、あとは1本道をまっすぐ進む」とあるのでその通りに歩いて行くと、

着いたところはレモン畑のど真ん中

あらま。どこから迷ってしまったのか分からないなあ。。。とりあえず駅まで戻ろうかな。
踏切を左折したあたりまで戻り、周りを見るとさっき歩いて行った道の先にもう1本道がある。ここから駅まで戻っても曲がり道はなさそうだったし、この先の道を行ってみよう!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。