気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翌朝。
サルデーニャ島にいる時は「トラーパニで1泊したら、次の町に移動しよう」とうっすらとした予定を立てていたけれど

今日のトラーパニも快晴で

絶好の観光日和


こんな日を長距離移動でつぶすのはもったいないなあ と思いながら観光案内所に行ってみると、シチーリアの宿で、日本人の男の子が絶賛していたアグリジェントへのバスはトラーパにからは出ていないけれど、

マルサーラからは直行バスがあることが判明。

マルサーラは前に行ったことがあるから、ちょろっと観光したら今晩1泊して明後日のバスに乗ってアグリジェントにいっちゃお!とこれまた大まかなプランニングをして、モノは試しでついでに
「マルサーラで安い宿を知ってる?」と聞いてみると、トラーパニより小さな町だし、

シーズンオフだから安い宿は

営業していない
かも・・・

このホテルは通年営業だから、最初にここに行ってみれば?
 と親切に教えてくれた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

老シニョール

(結局最後まで名前が分からなかった)

お宅からホテルメッシーナまで、「近いから大丈夫!!!」と何度も辞退したのに、老シニョールとサルバトーレに車で送ってくれることになった。

宿についたので車を降りると、老シニョールが

「これはカーラからだよ」と大きな紙袋を渡してくれた。

ありがとう!と早速袋を開けてみる。
中にはパンとオレンジ、それにDANONEのヨーグルトまで入っている。

夕食の時に「メッシーナはキレイで朝早くからチェックインさせてくれるいい宿だけど、朝食がついてないのが残念」と言ったのを気にして老シニョールに託してくれたんだ。

不意にお邪魔して、厚かましくごちそうになった上に明日の朝ゴハンまで気を遣ってくれるなんて。。。
今日は本当にありがとう!カーラにもたくさんたくさんありがとうと伝えて下さい!!
と何度も老シニョールとサルバトーレにお礼を言って、アルファロメオが角を曲がるのを見送った。

今日はいい日だったなあ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

食卓で改めて見ても、やっぱりカーラは若い

サルバトーレと並ぶと姉弟に見えるくらい。サルバトーレもイタリア人にしてはかなり若く見えるし、きっとカーラのDNAが強いんだろう。(DNAに強弱があるかどうかは知らないけど)

老シニョール一家は食後も遅くまで私のシチーリアやサルデーニャ放浪話につきあってくれていて、気が着いた時にはもう24:00近くになっていた。
老シニョールもサルバトーレも

朝から漁に出るんだし、そろそろおいとましなければ。


お料理、とても美味しかったしすごく楽しかったです。ありがとうございました。
メッシーナ(宿)に戻ります。
 と〆の挨拶をすると、カーラも老シニョールサルバトーレも

「もう帰るの?」
「今度トラーパニに来る時はホテルじゃなく、

ウチに泊まりなさい。部屋も片付けておくからね」


「次はパパーと一緒に獲った魚をたくさん食べさせてあげるよ」と、優しいことを言ってくれる。

この人たちの「ウチに泊まりなさい」「たくさん食べさせてあげる」はサッサリのジャンフランコとは違って素直に信じられるのはなぜだろう。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

娘さんに「はじめまして。はてるまです。日本人です」と挨拶をしながら、奥さんを待っていたけれどお迎えに出てきてくれない。

やっぱ急なお客に気分を害してるんじゃないのぉ?

と思っていたら、老シニョールが娘さんを指して

「妻のカーラだよ」

えっ奥さん?!若すぎる・・・

老シニョールの娘さんでも充分通用するくらいなのに。

後妻さん にしてはサルバトーレと似ている。サルバトーレも「マンマ、ハテルマはすごくイタリア語が話せるんだよ」などとカーラに報告している。

・・・お姉さんじゃなく、マンマなんだ。

カーラは急な異国のお客にも温かく接してくれて、テーブルに並んだ料理を一品ずつお皿に盛ってくれるし、
「ドライブは楽しかった?」「学校は休みなの?」と気を遣って色々と質問してくれる。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

・・・異国人がいきなり家族団欒のお夕飯に乱入したら迷惑じゃない?しかもダンナさんがいいって言っても、

奥さんがどう思うか


えーとえーと、「あなたもマンマもそう言ってるの?」とサルバトーレに聞くと

「マンマも『早く連れて来なさい』って言ってるよ!」とのこと。。。

奥さんがいいって言ってるなら、まいっか!!!と、Barでたくさんごちそうしてもらったのでお腹が減っていないにも関わらず、厚かましくお邪魔することにした
こんなことでもなきゃ、トラーパニの漁師と一緒にゴハンを食べることなんて一生ないもん。

もちろん「歩き方」に載っていないカエッレだかケエッレだかに行くことも、あの村のBarのシニョールに歓迎してもらえることもなかっただろう。
あの時老シニョールに一言声をかけただけで、いろんな経験をさせてもらえるなあ。

玄関で「こんばんはー」と挨拶をすると、「こんばんは シニョリーナ!」と、

老シニョールと娘さんが出迎えてくれた


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

カエッレだかケエッレだかのBarのシニョールに

「またサルバトーレに連れてきて貰うんだよ。

次はウチに泊まってくれよ!!」
と見送られ、トラーパニに戻った。

サルバトーレと老シニョールのお宅は今夜の宿・メッシーナの近くらしい。
トラーパニに戻ってくると「メッシーナまで送る」と気が利くサルバトーレが言ってくれた。

「グラーツィエ!」と機嫌よくお礼を言ってメッシーナまでの道順を説明しようとすると、「メッシーナに行く前に、さっきのBarでもらったものを

ウチに置いてから

行きたいんだけどいいかな
?」
というサルバトーレ。

さっきもらった大きな包み、生ものだったのかな?と思いつつ「もちろんいいよ~」と返事をして、助手席に座ったままサルバトーレが家に入るのを見送った

(まるでズボラな彼女のようだ)

すぐにサルバトーレが戻ってきた。宿に戻っても寝るだけだし、そんなに急がなくてもいいのに と思っていると

「パパーが『一緒に食事をしていきなさい』って!」


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「生きて動いている」日本人も中国人も見たことがない

というBarのシニョールはやや興奮気味

あれも食べろこれも食べろ、

それも飲めこれも飲め
、とたくさんごちそうしてくれた。

サルバトーレも手伝ってくれたし、Barの軽食メニューだから完食できたけど、このお店がトラットリアやリストランテだったら・・・お腹がはち切れただろうな。
Barのシニョールにこれからの予定を聞かれたので「ハッキリ決めていないけれど、今夜はトラーパニに泊まる」と答えると、
「じゃあ明日はここに泊まりなさい!すぐ近くにウチがあるし、ゲストルームに何泊してもいいから」と嬉しいことを言ってくれる。

会ったばかりの人なのに、このシニョールの言うことはなぜか信用できる気がする。
カッリアリのジャンフランコの「6月になったら来なさい。何泊でも泊めてあげるから」発言には「アンタ絶対お金取ろうと思ってるやろ」って眉唾だったのに。

Barのシニョールは更にテンションが上がったようで、サルバトーレニも

「パパーに食べてもらってくれ」と、

何やら大きなお土産を渡していた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

町境や村境にある標識を見つけそこなったので、結局ここがカエッレだかケエッレだか分からないままに車を降りた。
さっきまで海沿いにいて潮風に吹かれていたのに、ここはなだらかな丘にある村のようで

緑がいっぱいののどかな田舎。

サルバトーレに「エリーチェもいいけど、この村もいいね」と言うと

「海はないけどね」と、漁師らしい渋い発言。

高校生っぽい見た目で渋さが相殺されているのが残念だけど。。。

サルバトーレはカエッレだかケエッレだかに知り合いがいるらしく(老シニョールの知り合いかもしれないけど)、その知り合いのシニョールがいる小さなBarに連れて行ってくれた。

Barのシニョールは「この店に東洋人が来るのは初めてだよ!こんにちは、

中国人のシニョリーナ!!」
と歓迎してくれた。

中国人じゃないけどね、と思っていると、絶妙なタイミングでサルバトーレが
「彼女は中国人じゃない、日本人だよ」と訂正してくれた。
おお、若いのに気働きができるね、サルバトーレ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

サルバトーレが車のドアを開けてくれたので(若いのに紳士だなあ)、アリガトウ!と乗り込んでから気がついた。

サルバトーレ、漁が終わった老シニョールを迎えに来たはずなのに。お父さんを家に送らなくてもいいのかなあ?

パパー(老シニョールのこと)はどうやって家に帰るの?とサルバトーレに聞いてみたら、

「仲間の車に乗せてもらうから問題ないよ」とのこと。

あ、そうなの。
じゃあ遠慮なく連れてってもらいましょう、カエッレだかケエッレだかに。


サルバトーレも老シニョールと同じく漁師で、今日老シニョールが仕掛けた罠を明日引揚げにいくらしい。その時は老シニョールがお迎えに来るの?と聞くと、「パパーは別の船で明日も漁に出るよ」とのこと。
すごい!働き者だなあ老シニョールは。

雨の日が多かったサルデーニャ島のことを話したり、このあたりでとれる魚について教えてもらったり(会話の中で全く聞いたことがない単語(名詞?)がたくさん出てきたので、魚の名前なのではないかと)していると、サルバトーレが

「着いたよ」と車を停めた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

老シニョールの孫のような、でも実は息子のサルバトーレは

イタリア人(外人一般ともいう)にしては珍しく

実年齢より幼く見えるタチのようで今年で22歳になるらしい。

それでも充分私より年下だけど、老シニョールやサルバトーレには、私はもちろん学生に見えている(と思う)ので、周りのペスカトーレたちも若いカップルを微笑ましく見守ってくれている。

老シニョールに「お前の車で日本人のシニョリーナを

ドライブに連れて行ってあげなさい


言われたサルバトーレ。

「いいよ!シニョリーナ、車を回すから少し待ってて!」とダッシュで車を取りに行った。
サルバトーレが乗ってきたのはイタリアではよく見るアルファロメオ。イタリアではたいていの車はボロっちかったりものすごーーーく汚れていたりするけど、

このアルファロメオはピッカピカ

海沿いだから潮焼けしていても不思議じゃないのに、マメに洗車してるんだなあサルバトーレ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。