気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
添い寝なんかされたし、もしかしてもう

恋人気取りでまたバッチョ(キス)がどうのこうのと

迫られるのでは・・・


と身構えていると、添い寝男は私のことを全く覚えていないらしく、

「はじめまして!」などと挨拶をしている。

はじめましてだあ?昨夜あんなにベタベタしてきたくせにっ!
アンタが半裸男にどやされて走って逃げていくどんくさい後姿、

絶対に忘れてやるもんかっ


添い寝男は微塵も私のことを思い出さないようで、「ナポリ駅に着いたらコーヒーをごちそうしますよ」などと敬称でナンパを始めた。

ああもう鬱陶しい。隙っ歯と敬称がアンバランスなんだよアンタは。

黙っていると「ナンパ成功」と思ったのか、図々しく肩に腕を回してくる。ムッとして昨夜と同じように

「バスタ(やめて)!!」と大声を上げると、

やっと私を「昨夜添い寝をしたのに逃げられた日本人」だと認識したみたい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

初対面の「俺の家に泊めてやるよ男」と入れ替わりに新たな初対面の男がコンパートメントに入ってきた。

2番目の初対面の男は「ナポリのどのホテルに泊まるんだ?俺はナポリのホテルは全部知ってるから、君が泊まる部屋に

花を準備させるよ!」
などとホラを吹く。

友達のところに泊まるから。花もいらないし。 と追い払うと、続いて3番目の初対面の男が登場。

今度の男は「ナポリで泊まる宿の電話番号を教えて。夜になったら電話をするから、

一緒に踊りに行こう!


夜遊びの相手探し。
宗教的な理由で酒も飲めないし踊りもしちゃダメなんだよ!と追い出すと、次に入ってきたのは

げ!この隙っ歯は・・・

添い寝男!!



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

いきなりコンパートメントに入ってきたのは添い寝男でも半裸男でもない、

初対面の男性

おにいさんとシニョールと間くらいの年齢で黒髪に黒い目
ここ数週間金髪碧眼のTHE白人に囲まれていた目には新鮮に映る。

ああラテンの男だ。南イタリアにやってきたんだなあ、

いや、戻ってきたんだなあ・・・


と思っていると、初対面のラテン男は
「一人?ナポリで降りるのか?俺の家はナポリの中心地にあるから

泊まりに来いよ!」


と馴れ馴れしい。

なんで初対面の男の家に泊まらなあかんねん。
「ナポリに友達がいるから、彼女の家に泊めてもらうの。Ciao!」とあしらい、

コンパートメントから追い出して、再びサーモンペーストサンドを食べようとすると・・・


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ほんの2時間ほど寝ていた間に、コンパートメントにいた二人のうち、もう一人のシニョーラも列車を降りていたみたい。
朝になったら

昨夜は急に押しかけてごめんなさい

って謝ろうと思っていたのになあ。。。

コンパートメントを一人で使えるようになったのでタヌ夫さん(キャスターつきリュック)を棚から下ろすと、昨夜ジェノバ・プリンチぺ駅の待合室で作ったサーモンペーストサンドのことを思い出した。

添い寝男やら半裸男のおかげで、サンドイッチのことなんてすっかり忘れてた。
ゴタゴタ続きでお腹も空かなかったとはいえ、

夜食にしようと思ってたのに、

朝食になってしまった


座席に座り、モグモグとサーモンペーストサンドを食べていると、コンパートメントの扉をガラッと開けられた。

すわ、添い寝男来襲?!


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

空いた座席に移動して、

さあ今からナポリまで

ガッツリ寝てやる!
と思ったのに・・・

それから2時間ほどで白々と夜が明け始めた

寝台列車ならまた事情が違うだろうけれど、夜行列車の窓にはカーテンなんてないので(基本的にはあるのかもしれないけれど、私が寝ていたコンパートメントにはなかった)窓側に頭を向けて横になっていると、

眩しいったらない。

通路側に頭を向け、光を避けながら寝ようとすると・・・
明るくなってきたせいか、周りのコンパートメントの乗客もそろそろ起き始めている様子。
通路がなんだかザワザワしているよ。

ナポリまであとどれくらいかかるのかなあ


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

・・・真冬に半裸

そして扉を開けた添い寝男へのあの怒りっぷり
隣のコンパートメントでは一体何が起こっているのだろう。知りたいような知りたくないような 見たいような見たくないような。。。
イタリアの夜行列車って淫靡だなあ。


車両の接続のあたりまで添い寝男を追いかけていた半裸男が逃げおおせた添い寝男を罵りながら戻ってきたので、目を合わさないように慌てて顔を引っ込めた。
結構な騒ぎになっているのに、コンパートメントにいるシニョーラ達は目を覚ます気配もなく寝続けている。

キモが座っている。

というよりも、もしかしてイタリアの夜行列車ではこれくらいの騒動は日常茶飯事なのかなあ。

熟睡中のシニョーラたちを見習って私も寝よう。ナポリに着いたらまた宿探しをしないといけないし、体力を蓄えておかねば。

少し寝たかな?と思う頃、

私の向かいの座席を一人で使っていたシニョーラが荷物を持ってコンパートメントから出て行った。
車内放送が全くなくて車内も相当暗いのに、どうやって自分が降りる駅に近づいたことが分かるんだろう?


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

耳をすませてみると・・・

ジャッポネーゼがどうのって言ってる!!

やっぱりさっきの添い寝男だっ

わーどうしようどうしよう、寝る体勢のシニョーラたちを起こして「ジャッポネーゼはここにいません」って言ってもらうべき?!でも扉に一番近いのは私だし・・・
棚の上のタヌ夫さん(キャスターつきリュック)を見るまでもなく、扉を開けた瞬間に

「みーつけた!」ってなるに決まってる。わーどうしようどうしよう 

(字数は多いけど、この間2秒くらい)とやきもきしていると、

「うるせえ!!(多分)

という怒鳴り声と共に、添い寝男がコンパートメントから追い出され、慌てて元の車両へ戻っていくのが見えた。
そして添い寝男に続いて、

上半身裸、下半身は下着のみの男性

飛び出してきた。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シニョーラたちにイヤがられながらも新たなコンパートに座らせてもらい、

しばらくすると検札が来た

「Napoli」と書かれたビリエット・キロメトリコを見せると、ボローニャやミラノに比べるとやや愛想のいい検札のシニョールが「ありがとう。おやすみ」と挨拶をしてくれた。

さあこれで明日の朝までゆっくり寝られる・・・とアディダスのベンチコートを毛布代わりにして目を閉じた。
と、ウトウトする間もなく、先ほど検札が通り過ぎていった通路をドカドカと歩いてくる足音が。

もしかしてさっきの添い寝男?!

いくつか手前のコンパートメントの扉を開け、何か聞いているみたいだけれど、ここからは距離があるのでどんな人が扉を開けて、何を聞いているかは分からない。
とうとう添い寝男(多分)が隣のコンパートまでやって来たので、思い切って自分がいるコンパートメントの扉を開け、

顔を半分出して様子を伺ってみた



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

添い寝を拒否された添い寝男(既に添い寝男ではないが)は照れ隠しなのか、自分の荷物を置いたままコンパートメントから出て行った。

今がチャンス!!!薄明かりの中、タヌ夫さん(キャスターつきリュック)

とプリンスをつないでいる盗難防止ワイヤーを大慌てで外し(暗くてダイヤルの数字がハッキリ見えない・・・あの状態でよく3ケタの数字が合ったものだ)、大荷物を抱えるようにして別の車両のコンパートメントに移動した。

移動したコンパートメントには2人のシニョーラがいて、各々1列ずつ座席を使って

既にしっかり寝る体勢に入っている様子。

申し訳ないなあ と思ったけれど、

いやいや私だってちゃんと1等の運賃を払っているのだ、遠慮することなんてない!

タヌ夫さんとプリンスを座席の上の棚に上げ、強引に座席の端に座らせてもらうことにした。
同じ列にいたシニョーラには「なんなのこの子?!」と非難がましい目で見られたけれど
貞操を守るためにはそんなこと気にしないのだ


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コンパートメントの中はもちろん、

通路の照明まで薄暗くなってしまった。

今はまだ添い寝されてるだけだけど、

今からナポリまで9時間近く

この狭いコンパートメントで、口説く気満々の男と2人っきり。。。

車でフランコんちに連れて行かれた時とはまた違う貞操の危機感がひしひしと高まる。
何度か会ったのちにあくまで「お送りしますよ」と紳士的に誘う手腕で「ムリヤリあんなことされたりあんなことさせられたりってな危険はとりあえずなさそう」と思わせてくれたフランコと違い、今回の添い寝男の押しの強さったら。

このままおとなしくしていたら

強引にキスの1つや2つ

奪われそうな気がする


とりあえず一度深呼吸し、「バスタ(やめて)!」と大きな声を出すと、お?という感じで添い寝男が一瞬ひるんだ(ような気がする)

すかさず片手で小ぶりなリュックを抱え、空いた方の手でイタリア男をぐいぐい押しのけて添い寝体勢を崩すことに成功した。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。