気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シチリア男・ロザリオは座席に置いていたお父さんの荷物を棚に上げ、密着してきた上に
「東洋人は好きなんだよ、シンパティカ(親しみがある)だから!」
ミラノのホテルと部屋番号を教えてくれよ、迎えに行くから」
「シンパティカな東洋人、アイ フィダンツァート(婚約者はいるの)?」

(このアイ フィダンツァート?という質問は

ナンパされるたびに聞かれるのですぐに覚えた

「シー、オ フィダンツァート(はい、婚約者がいます)」と答えるとローマの男子たちは適当なところで引き下がったのに、

このロザリオはとにかくしつこい!!

私はイタリア語が全く話せません、英語も話せませ~ん、というオーラを全身から出しながら、他に空席がないか、Kちゃんが他のコンパートメントを探しに行ってくれた

その間も「今晩踊りに行こう」「ホテルが決まっていないなら俺と同じホテルに泊まろう」とロザリオは鬱陶しいことこの上なし。

しばらくするとKちゃんが戻ってきたけれど
「あかん、どこも空いてないわ。もうちょっとガマンしい」
とのこと。

えーーーー・・・もうちょっとって、

ミラノまでまだ1時間以上かかるやん。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ボローニャ駅10:53発 のはずのエスプレッソ(急行)がなんと

1時間以上も遅れてやってきた

南からやってくる列車のユルさがローマを思い出させる。ああローマ、懐かしいなあ・・・。
Yちゃんや宗教施設のシスターたち・・・元気にしてるかなあ。

フランコはまた目星をつけた

若い女の子をナンパしてるのかなあ


やっと来たエスプレッソに乗り込み、座席指定じゃないけれど今回は補助席じゃなく、ちゃんとしたコンパートメントに座るぞ!と意気込んで、無事コンパートメントの席を取れたのはいいけれど。

相席したのはものすごく濃くてしつこいシチリア男。

シチリア男のお父さん?が「どこに行くの?」「どこから来たの?」と声をかけてくれたので、「ミラノに行きます」「フィレンツェから来ました」とイタリア語で答えるのを聞いて、シチリア男(息子)は

この東洋人はイタリア語が話せる、いっとこか!と思ったみたい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝も朝から寒い寒い。
朝ゴハンの後、Kちゃんと一緒に柱廊(ポルティコ)の下をお散歩。話題はもちろん昨日のピッツェリアでの不愉快な出来事について。
日本人ってあんなに嫌がられてるんやなあ というKちゃんに「そんなことないよ!!」と即答できず、ローマじゃあんなこと1回もなかったんやけど・・・」と

バカの一つ覚えのように繰り返していた


ボローニャの建物の軒を巡る柱廊は、夏は日差しよけ、冬は雪よけとして活躍しているらしいけど・・・

軒下に屋根があるくらいでは、この寒さは防ぎきれない。
Kちゃんも私も鼻を真っ赤にして散歩から戻り、昨日中途半端で終わっていた今後の予定を話し合う までもなく

寒いしカルツォーネの上にゴミ飛んでくるし

景気づけに移動するか!


あっという間に次の街への移動が決定した。このホテルも2泊で予約したからタイミングもいいし。

さくさくとパッキング&チェックアウトを済ませ、着膨れてモコモコ状態でボローニャ中央駅へ向かう。タヌ夫さん(キャスターつきリュック)とプリンス、両方重すぎて一度に荷物を降ろせず・・・ビルの最上階にあるホテルから地上まで、2往復することになった。

ああ、荷物をなんとかして減らさなきゃ。このままではフットワークが重い重い。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

「Basta(いいかげんにしろ)!!」という声と共に、

まさに今私が食べようとしたカルツォーネの上に

丸めた紙くずが飛んできた。

・・・えっなにこれ。どこから飛んできたのっ??

と固まっていると、叫び声に驚いたのか、固まった私に驚いたのか、料理の上にゴミを投げられたのがショックだったのか、勝気なKちゃんがいきなり泣き出した。

Kちゃんどうしたん?泣かんといて  

と言おうとしたのに、言葉が出ない。

さっきまで大きな声で話していた私たちの片方が大泣き、片方が固まっていることに気がついたカメリエーレのリーダー格?のシニョールがやってきて、カルツォーネの上に乗った紙くずを慌てて取り上げると

「伝票が間違って皿に入ったんだ。すぐに代わりを持ってくるから!

泣かないで、シニョリーナ

と対応してくれたけれど・・・

明らかにこの店の店員かお客の中に、私たちを不愉快に思っている人がいるってことだよね。
列車で浴びる鋭い視線にこの仕打ち。

ボローニャ というか北の人たちって・・・コワイ



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ボローニャ観光とショッピングでご機嫌のKちゃんとホテルで合流し(高いところが好きなKちゃんも、お昼にアシネッリの塔に上ったけれどアルプスは見えなかったらしい)
ホテルのシニョーラに紹介してもらったピッツェリアで晩ゴハンを頂くことにした。

昨日のトラットリアの店員はほんとに感じ悪かったな~ と

頭の片隅で思いつつ、今日のピッツェリアはカメリエーレも感じがいいし、メニューに料理のイラストがあるので(でもまあピザなので料理名だけでなんとなくどんなトッピングなのか想像はできるけど)他の人の食べているものを指差して

「あの人と同じものを下さい」

とオーダーする必要もない。

カルツォーネと、パルマのチーズがたっぷり と書かれたクアトロフォルマッジを1枚ずつ注文し、Kちゃんはいつものようにビールとワイン、私はワインと炭酸水をチビチビ飲みながら、明日からの予定についてあーだこーだと(騒がしい店だったので)

結構大きな声で相談していると・・・


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ボローニャの斜塔の次はマッジョーレ広場に移動し、サン・ペトロニオ教会を見学。
14世紀に建築が開始されがたゴシック様式の教会は

身廊のみが完成している、未完成の教会

未完成の教会ってバルセロナの??と思ったけれど、ボローニャにもあるのだなあ。

身廊だけなのに規模が大きなサン・ペトロニオ教会が蔵する美術品には価値のあるものが多い。
イタリアでも屈指のものとされているらしく、中央入口の周りの彫刻も初期ルネッサンスの傑作のひとつ。

これは心して拝見せねば!と思ったのに、

昼間ですら薄暗いボローニャ。日が沈むとあっという間に暗くなってしまい・・・煌々と灯りが灯るわけでもないので、広いサン・ペトロニオ教会の中は視界がとっても悪い。

祭壇も彫刻も、こう暗くちゃよく見えないよ・・・。 

その後に立ち寄った小さな教会も内部が暗すぎて、ちょっとお化け屋敷の風情だった。
かさねがさね思うけど、このあたりって

冬に来るところではないなあ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ゼイゼイしながら木造階段

斜塔階段

を上りきり、最上階へ到達。
塔のてっぺんまでくると、地上にいたときよりも霧が濃い感じがする
せっかく上ってきたけれど、こんなに霧が濃いと遠くの景色は望めないなあ。(お天気がよければここからアルプス山脈が見えるらしい)

遠景は諦めて下を見ると、ボローニャ市街が一望できる。フィレンツェのミケランジェロ広場から見下ろしたような赤い屋根がはるか下の方に広がっていてなかなかいい。
道を歩いている人たちの大きさが2cmくらいに見える。上から目線
たくさんの人が右往左往(しているように見える)地上を俯瞰していると、

神様の目になった気分。

地上100mの高さを満喫して階段を下り、アシネッリの塔のお隣に立つガリセンダの塔を見上げた。
こちらは高さ48mなので、アシネッリの塔の半分くらいしかない。結構ナナメになっているなあ、と思いながら「歩き方」を見ると、元々ガリセンダの塔は60mだったけれど、

傾きすぎたので今の高さにまで削られたらしい。

このまま傾きが進むと、どんどん削られて500年後くらいには

高さ10mくらいになっちゃうかも??



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

上着の2枚重ねというひどい格好も気にせず、最初に向かったのは

ボローニャの斜塔。
斜塔(写真だとまっすぐだなあ)

ポルタ・ラヴェニャーナ広場の近くに並んで立つ2本の木造の塔は、それぞれ12世紀に建てられた。
皇帝派の貴族のもので、中世のイタリアを二分していた皇帝派VS教皇派の争いは

どれだけ高い塔(砦)を作るか、という争い

に置き換わったらしい。
サン・ジミニャーノでも聞いたなあ、そんな話。

2本の塔は高さと傾きに違いがある。高い方のアシネッリの塔は97m。最上階までは498段の階段で上れる。
入場料はいるけれど、ボローニャを一望できる機会だもん、

もちろん上るでしょ


木の階段はギシギシ鳴るし、塔の中はかなり薄暗い(ボローニャ自体が今までいた街と比べて格段に薄暗いんだけど)。厚着をしていることもあり、ものすごく息があがる。

マンジャの塔でも苦しい~~!!と思ったけれど、

今上っているアシネッリの塔の階段の方が一層キツいよ。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌朝。
ヒーターは利いているのにうっすらと寒い。廊下に出てみると

底冷えしていて本格的に寒い!!


そして窓から見る空は雲がどよ~~~んと厚い。廊下の寒さとどんよりした空を見ていると

水っ鼻がタラリ。やばい、風邪かなあ・・・。

朝ゴハンの調達にメルカート(市場)に行くのにもダウンジャケットにしようか、Kちゃんに持ってきてもらったアディダスのベンチコートにしようかと悩む。
ダウンジャケットしかなかった時はこんなことで時間を取られなかったのに。持ち物が増えると迷いも増えるなあ。。。

メルカートを一巡する間に今日の予定を話し合った結果、Kちゃんは生ハムやボローニャ近郊で作られるチーズを物色したいのでボローニャ散策、私はその間に

「はてるまアエミリア街道を行く」

をテーマに街道沿いではボローニャのお隣の町になるモデナに行ってみることにした。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

食事から戻り、広々とした部屋に入ると

わっ、外より寒い!!!

あまりの寒さに壁に据付のヒーターの目盛りを「最強」にしてしばらくガマンしていたけれど、

全く暖まらない。

フィレンツェの宿もたいがい寒かったけど、寝るところはここよりは暖かかったよ・・・

こんな部屋で寝たら凍死しちゃう。ここムダに広いし。


受付の呼び出しベルを押すと、チェックインの時に応対してくれたシニョーラが来てくれた。部屋に備え付けの洗面台で水とお湯が出るかはチェックしたけれど、ヒーターはチェックしなかった、今ヒーターを着けても全然暖かくならない!と訴えると、さすがに「歩き方」に載っているホテルだけのことはあり、すぐに「今よりも狭くなるけど」

部屋を交換してくれた。

交換してくれた部屋→ホテル

は、ダブルにエキストラベッドが入っていて少し手狭だけれど、それでも昨夜まで泊まっていた8人相部屋よりものびのび。

ヒーターも利いているし洗面台から水もお湯も出るので、嬉々として移動し、この旅で初めてKちゃんと同室に泊まることになったので夜更けまで語り明かしたのだった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。