気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

ドゥオーモ見学を終えるとちょうどお昼時

Kちゃんと「坂が多くてしんどいなぁ」と言いながら、カンポ広場まで戻り、更に200mほど進んでシエナの大学に着いた。

今日のランチはKちゃんと相談の上、この町の大学構内にあるMensa(大学食堂)で頂くことにしていたので、迷わずに着けてよかったよかった。

学食なんて久しぶり

Mensaのシステムは日本の学食と変わりなく、トレーを持って自分が食べたいものを選び、全部揃えたらレジでお会計。
レジのシニョーラに「学生証はある?」と聞かれたので、「ない」と答えてから、あそうそう、と国際学生証(偽造)を見せると「NO NO!!」と言われてちょっと焦ったけれど、そのままレジを通してくれた。

この大学の学生証を持っていれば割引してもらるんだろうけど・・・
ローマを出てからほんとに

国際学生証が役に立たなくなったなあ。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

地上に戻り、プッブリコ宮殿があるカンポ広場から200mほど移動して、先ほど見下ろしていたドゥオーモを見学。

シエナは坂が多いので 

というか町全体が丘の斜面にできているようで、坂道がやたら多く、実際の距離よりもかなり長く歩いている気がする。
シエナフィエーゾレボローニャモデナ 028
(でも写真を撮ってもらう時は笑ってる)

ここ、お年寄りにはキツイ町かも


シエナのドゥオーモはマンジャの塔と違い、大理石で建てられているので真っ白・・・のはずが、塔も含めて外壁は全て縞模様で彩られている。

ボーダーのドゥオーモだ。

黒×白のシマウマ風ボーダーのドゥオーモは12世紀に起工され、完成したのは14世紀末。
内部の床には56もの宗教場面が大理石の象嵌で表現されていて、物語の上を歩いているみたい。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

マンジャの塔の上から見るシエナの町は、やっぱり茶色くて落ち着いている。
シエナフィエーゾレボローニャモデナ 026

扇形のカンポ広場にいる人たちがとても小さい。

102mはダテじゃないのだなあ。

遠くの方まで丘が続くのどかなトスカーナの景色の360℃のパノラマを見ていると、天空の城ラピュタのキャラクターになったみたいな気がする。
(この後、ラピュタのモデルになったスロバキアの古城の跡に行くことになるとはこの時はまだ想像もしていなかった。

人生って何が起こるか分からないものだなあ)


お天気も見晴らしもよく、プッブリコ宮殿と並んでシエナの観光の目玉のドゥオーモの写真もキレイに撮れた。
ああ頑張って上ってきてよかった。

Kちゃんも「めっちゃキレイやなあ!!」と喜んで

たくさん写真を撮っている。ほんまにめっちゃキレイやなあ と返事をしながら、サン・ピエトロ寺院のクーポラの上でも、こんな風に誰かと日本語で会話ができればもっと楽しかったのにな と思ったのだった。

一人旅 と言いつつ、

ほんとに一人っきりで行動した日数なんて、

まだ数えるほどしかないのだなあ。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

マンジャの塔の中には400段の階段
シエナフィエーゾレボローニャモデナ 027
がある。
高いところが大好きな私と体力があるKちゃんは

迷わず「上ろう!」と頷きあい、

入場料を払って早速階段を上り始めた。
一人でサン・ピエトロ寺院のクーポラに登った時と違い、Kちゃんと励ましあいながらだったのでそれほど疲れは感じない。
休まず足を動かしたので、思っていたよりも早くてっぺんに着いた。

まずビックリしたのは、鐘楼、まさに塔のてっぺんの鐘のある場所まで上れるということ。シエナの町を見下ろすより先に、大きな鐘を真下から見上げ、こんなところまで観光客が来てもいいなんて

すごい自由
と感心した。

鐘と共に。シエナフィエーゾレボローニャモデナ 025



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

シエナのカンポ広場はゆるやかなスロープを描く扇形の広場で、中央にはガイアの噴水がある

世界一美しい広場に建つのにふさわしい、世界一エレガントな宮殿はプッブリコ宮殿。空かし模様細工の鉄柵で囲まれた礼拝堂や、シエナ派のコレクションが、宮殿の下には14世紀に蔓延したペストの終焉に感謝して建てられた「広場の礼拝堂」がある。

プッブリコ宮殿だけでもたくさんの見どころがあるけれど、一番興味があるのは宮殿左手に建つ、

高さ102mのマンジャの塔

「マンジャ」は中世の鐘つきの棟梁の名前らしい。
こんなにも長い間、自分の名前を冠してもらえるなんてマンジャ棟梁は果報者だなあ。

石造りの建物を見慣れているので、久しぶりに見るレンガ造りのマンジャの塔は実際よりもより茶色っぽく見える。
フィレンツェもローマと比べると落ち着いたたたずまいの町だけれど、シエナは更に落ち着いていて、

昔話の舞台になりそうな雰囲気

高い高いマンジャの塔を見上げながら、「歩き方」に『絵の具のシエナ色はまさにこの町の色』と紹介されていたのを思い出した。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌日は観光する日

(いつもいつもしていることは観光ではあるけれども)。

まずはSITAバスでフィレンツェからなら1時間で行ける トスカーナの古都・シエナに向かう。
シエナは鉄道の主要幹線から外れているので、鉄道だとローマから2時間、フィレンツェからでも1時間半~2時間もかかるので

バスでの移動が断然便利

ぶどう畑の丘を見ながら、昨日もTちゃんとたっぷりトスカーナのワインを楽しんでいたのんべのKちゃんは
「これだけたくさんぶどうがあったらそりゃ美味しいワインもたくさんできるわ」と感心していた。

ぶどう畑と糸杉の林を抜けると、シエナの町のバスターミナルに着いた。シエナの見どころと町の中心はここから約500mのところにある、

「世界一美しい」といわれるカンポ広場。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //